この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

ハブのグリスアップ

久しぶりに練習用ロードのハブの調整&グリスアップをしました

今回は以下の工具を使用しました。
画像
ハブスパナです。普通のスパナと比べると厚みがあまり無く薄いです。
ちなにみペダル取付などに使用すると取付時にペダルとスパナが接触する部分が変形したりするのでスパナの寿命を縮めることになります。ハブ専用と考えた方が良いようです。

※リアハブを完全に分解する場合は、上の工具とスプロケットを取り外す工具が必要な場合もあります。



画像
ハブを分解する時は、スパナをこの画像の矢印方向へスパナに力を入れるとハブを開けることができます。



画像
逆にハブのナットを固定する場合は、スパナを上の画像の矢印方向へスパナに力を入れるとハブのナットを固定することができます。


※上の画像のようにスパナを動かせばハブを開けたり締めたりすることが可能ですが、スパナの位置関係によってはスパナへの力の入れ方が逆になる場合もあります。
ただ、ハブの軸は正ネジ(普通のネジ)なので、玉押し(下側のナット)を締める方向へ力を入れ、ロックナット(上側のナット)を緩める方向へ力を入れれば分解が可能です。(固定する場合はその逆)



分解すると下の画像のような感じになります。
画像

フロントハブ分解画像


画像

リアハブ分解画像

玉の消耗具合が右と左とでは少し違う場合があるようなので私は上の画像のように右に入っていた玉と左に入っていた玉とで分けています。

私は古いグリスはキッチンペーパーで拭き取っています。
より綺麗にしたい場合は、キッチンペーパーである程度古いグリスを拭き取ってからディグリーザーを少しつけたウエスなどで更に拭くという風にしています。

調整は玉押しが手で軽く回してそれ以上締まらないというところまで締め、そこからケースバイケースで更にスパナを使って10分の1回転~4分の1回転ぐらい締めます。
そして、ナットを緩める動作と締める動作を繰り返すと少しずつ玉押しが緩んでくるので、回転もよくガタもないというところで辞めます。
ただ、個人的には安物ハブの場合は、ハブの軸を回していくとあるところではガタがあるけどあるところではガタがないという調整の方がハブの消耗も少なく回転も良いような気がします。


グリスはハブ内部にグリスを入れるときに直接手を使わず指を汚さずにすむので下のようなチューブタイプのものを私は使っています。
【即納】シマノ プレミアムグリス 100g(Y04110200) 【自転車】【メンテナンス】【グリス】
ワールドサイクル
●シマノ純正の定番グリスです。●使用時に使いたい分だけ出す事ができる、チューブタイプ。 


楽天市場 by 【即納】シマノ プレミアムグリス 100g(Y04110200) 【自転車】【メンテナンス】【グリス】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント

2009年07月26日 07:57
なるほど・・・、良く分かりました。
今度はこの手順で調整してみます。
2009年07月26日 10:02
コメントありがとう御座います。
自転車のメンテナンスって楽しいですよね!
メンテナンスが終わった後はどんな感じに仕上がっているか気になり自転車に乗る楽しみも増えますしね!
上の手順一度試してみてください。