この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

MTBのハブのグリスアップ

MTBのハブが最後にグリスアップと調整をしてから結構長い間ほったらかしだったので、先日グリスアップと調整をしました。



今回は以下の工具を使用しました。
画像

ハブの調整に使うハブスパナと

画像

左から
スプロケットロックリング抜きスプロケットを固定しているロックリングを締めたり緩めたりするのに使います。

スプロケット抜きスプロケットを固定しているリングを緩めるときに、これがないとスプロケットが空回りして固定しているリングを緩めることができないのでスプロケットが空回りしないようにするだけのものです。(手でスプロケットの空回りを防ぐのは無理)

モンキーレンチホームセンターで1,000円以下で買ってきた安物工具で精度が見るからに悪そうで部品に直接使うと部品を傷めそうなので今回のように別の工具と組み合わせて使う時に私は使っています。(上の写真のものは36mmまで対応可能です)

を使用しました。



現在、MTBに使っているハブは、フロントがHB-M760-SでリアがFH-M760-Sです。(現在の最新のShimanoのXTのディスクブレーキ非対応版の1つ前のモデル)

個人的にはなかなか気に入っていますが、ハブを分解するときに『スプロケットのロックリング』と『ハブのロックナット』が干渉してスプロケットを一端取り外さないと完全に分解できないというのが少し面倒な点です。



水や埃などの進入防止用のゴムは下の写真のような感じで装着されていて比較するのもおかしいですが、安物ハブを装着しているロードとは違うなといつも思ってしまいます。

画像

左右両方に外側から見えるゴムがあります。(フロントハブ)

画像

外側から見えるゴムは片側だけあります。(リアハブ)

外側から見えるゴムはリア側は片側だけですが、その代わり下の画像のようにフリー内部にゴムが内蔵されています。
画像

このゴムを玉押しを元に戻すときに正しくセットしないと防水性能が低下したり、ゴムの寿命が短くなったり、余計な抵抗が増えたりします。



外側のゴムを取り外すと下の写真のような感じです。
画像

フロントハブ

画像

リアハブ



玉押しにも下の写真のようにゴムが装着されています。
画像

フロントハブ玉押し

画像

リアハブ玉押し



また、フロントハブの軸は下の写真のようにフロントフォークと接触する部分が約9mmに削ってあります。
画像

ただ単に10mmの軸が使ってあるためフロントフォークに装着できるように9mmに削ってあるだけみたいですが、削ってある部分はねじ山が無いので玉押しやロックナットを外したり付けたりするときにその分ショートカットできます。



私のMTBのリアは7段変速で、現在使っているリアハブは8段と9段にしか対応していないので下の写真のようなスペーサーを利用してハブを使っています。(最初にスペーサーを入れてその後通常通りスプロケットを取り付けます)
画像

現在で5000㎞以上このスペーサー利用状態で使っていますが、全く問題なく使えています。

ただ、スプロケットが六角レンチ(アーレンキー)で分解できるタイプのものではないためスペーサーの一部を下の写真のように削っています。
画像




スペーサーのサイズは
画像

内径が約35.3mmで(35mm丁度でも大丈夫だと思う)

画像

厚みが約4.6mmです。





現在のMTBは10年以上使っていますが、、、防犯登録カードを見ないと正確に何年使っているか使っている本人がわからなくなっている状態・・・

フレームから錆が出てきたので1年ほど前に全ての部品を外し、錆の出てきている部分だけヤスリをかけて自分で再塗装し直しましたが、塗装が薄かったのかまた錆が出てきています。。。

今度は全て塗装を剥がし直して徹底的に錆を落としさび止めを塗ってから再塗装をしようと考えていますが、前回はほぼ毎日少しずつ錆を落としていって2週間ほどかかったのでもっとかかりそうな予感です。

また、塗装は湿度と気温が低い方がいいらしいので、湿度と気温が低くて風で砂や埃が飛んでこない日にしようと思うと私の都合も考慮に入れると随分とできる日が限られてきそうな気がします。

ということは今年の秋~来年春ぐらいまでにした方がいいのでしょうけど、できなかったらまた次の機会を待つしかないかな。。。

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント