この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

自転車のホイール完成

前回、お伝えしたように練習用ロードのホイールのパーツの調達が完了したのでホイールを組み上げました。


今回は前後とも32ホール6本組(タンジェント)で組むことにしました。

部品は
・ハブ:シマノ新105(5700シリーズ)
・リム:ALEX DA22
・スポーク:星#14(2.0mm)
を使用。

スポーク長は
フロント  291mm
リアフリー側  288mm
リア反フリー側  290mm
を使用。

私個人としては、スポークテンション高めを好む人なので、もう1mm短くても良さそうな感じになりそう。
その為、スポークテンション高めのホイールに仕上がりました。



ホイールの完成重量は以下のような感じです。



フロントホイール(リムテープ無し重量)
画像


リアホイール(リムテープ無し重量)
画像




リム画像
画像

画像のブレーキシューがこすれる部分にある黒い線の所が少し銀色の部分より
凹んでおり消耗具合がわかるようになっています。
ジョイントはスリーブジョイントのようです。



スポーク購入先
私はいつもスポークの購入先は、値段も安く1本単位でスポークを売ってもらえるので
サイクルショップタキザワ(http://www.takizawa-web.com/)で購入しています。
ただ、サイクルショップタキザワで売っている星のスポークは磁石が付くので
スチールスポークのようです。
(別の店で買った星のステンレススポークは磁石が付かない)
星のホームページを見てみると使用材質には「中~高炭素鋼、ステンレス鋼、アルミ、チタン」とある。

少し調べてみたところ
「400系ステンレス(鉄にクロムが10.5%以上混ざっているもの)は磁石につく」
「300系ステンレス(鉄にクロム18%とニッケル8%が混ざっているもの)は磁石につかない」
との情報。。。
もしかするとステンレスかもしれませんが、問い合わせてみないとわからないという結論に。。。






シマノ 105 HB-5700 フロントハブ
ワールドサイクル
ハブには高い精度が求められる。 滑らかでスムーズな回転により、快適な走り心地を獲得。 また、回転性能


楽天市場 by シマノ 105 HB-5700 フロントハブ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





シマノ 105 FH-5700 フリーハブ
ワールドサイクル
ハブには高い精度が求められる。 滑らかでスムーズな回転により、快適な走り心地を獲得。 また、回転性能


楽天市場 by シマノ 105 FH-5700 フリーハブ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





アレックス DA-22 ブラック(サイドCNC) 700C
ワールドサイクル
ロード用のダブルウォールアルミリム ALEXRIMS DA-22 700C 重量 435g(カタログ


楽天市場 by アレックス DA-22 ブラック(サイドCNC) 700C の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント