この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

フレッツ光から光コラボへ変えたら利用料金が高くなってしまった

先日、契約プロバイダ(ソフトバンク)から電話があり、フレッツ光から光コラボへ転用しないかという内容の話があり、利用料金が安くなるという事だったので光コラボへ移行しましたが、私の場合、利用料金が逆に高くなりました。

電話をかけてきた方の話は、回線工事などの工事は一切不要で今の回線のままインターネットを利用でき、私には特に負担になるようなこともなく1000円ほど今よりも利用料金が安くなるというものでした。
NTTが回線の卸売りを始めたとの事で、この光コラボというものへ変更すると回線はNTTと私との直接の契約では無くなり、契約プロバイダがNTTから回線を借りて、それを私が契約プロバイダから借りるという形になると言うことで料金の請求も一纏めになるので料金請求がややこしくなくなるとの事でした。(同じプロバイダでの光コラボへの移行だったのでプロバイダの違約金も不要でした)

そして、その電話の話の中で私の契約状態や光電話(固定電話)の契約があることなど、その時の契約状態を説明すると「それでも200円ほど」今よりも安くなるとの事で、以前調べた時は光コラボへ転用すると高くなったのでフレッツ光のままで良いかと考えていたのですが、安くなるなら光コラボに変えても良いかと思い直し光コラボへ移行することにしました。


画像

その後、光コラボへ移行してから料金表が届き、見てみると今までより高くなる気がする。。。

今まではNTTの回線使用料が(光電話基本使用料金と消費税も全て合わせて)4548円でプロバイダー料が1296円(消費税込)の計5844円。
料金表を見てみると基本的な使用料金が5200円と光電話が500円で消費税を入れなくても5700円になり、消費税を入れると前よりも高くなるので、本当に安くなるのか電話で問い合わせてみました。

電話で経緯を説明し、料金を問い合わせると、基本的な使用料金が5200円で光電話が500円という所までは私の考えで合っていたのですが、フレッツ光の時にプロバイダーから無料で付いてきたメールアドレスも光コラボへ移行すると300円の料金が必要になるとのことで、消費税を入れずに計6000円が毎月かかると言うことがわかりました。

結果として、私の場合は光コラボへ移行したことで、毎月のインターネット接続料金が高くなってしまいました。
ちなみに、光コラボへ移行すると自動的にNTT-Westの会員では無くなる為、ログイン自体できなくなり、ポイントも移行前までに使わないと消滅します。(光もっともっと割やグループ割の適用も無くなりました)


ただ、これは回線業者を乗り換えるチャンスじゃないかと前向きに捉え、調べてみることにしました。

すると解約する場合は、NTTの違約金は不要で
・プロバイダーの違約金(私の場合、税抜きで9500円)
・NTTの回線工事費の分割払いの残り
という2つの料金が請求される可能性があるということがわかりました。

その上でプロバイダに問い合わせたところ、私の場合、プロバイダの違約金のみの支払いが解約する場合は必要で、私の契約しているプロバイダの場合は違約金の支払いは振込のみと言うことがわかりました。

契約プロバイダに料金についての問い合わせの電話をした時に事情を考慮してか9月10月は本来の料金より安く提供して頂けることになり、その上で10月までで解約して貰っても構わないとのことだったので他回線業者も検討することに。

フレッツ光に戻す場合は、一旦解約して新規契約になるので固定電話の電話番号が変わってしまうそうですが、個人的には携帯が故障した時に連絡を取る為の非常用として月500円ぐらいなら良いかと思って契約しているだけなので固定電話の電話番号は変わろうと問題ありません。(迷惑電話が大量にかかってくる番号を割り当てられると困りますが、その場合は契約して直ぐならNTTに言えば変えて貰えるので)
ただ、キャッシュバックキャンペーンが以前と同一の住所での利用なので解約してから1年以上経過していないと適用されない可能性がある為、フレッツ光に戻すのは利用料金的に微妙な所。。。

イオ光は、利用料金的に魅力を感じたのですが、イオ光のホームページにある工事内容を見ると機材を壁に取り付けする為に建物の壁に穴を空ける必要があるようなので却下。

J:COMに問い合わせた所、私の所の建物の場合は特に工事も必要なく、今あるテレビのアンテナ線を繋ぐ端子の所から線の接続とインターネットをする為の機材の設置を室内にすれば良いだけで、線は普通壁に固定しているけど固定しなくても良いのなら特に壁に穴を空けることも無く工事は可能とのことでした。また、ケーブルテレビインターネットだと私は雷被害が多そうなイメージだったので問い合わせた所、雷対策もされているとのことで今のところJ:COMに乗り換えが濃厚です。



その後、J:COMに申し込みを行い、その時の事をソフトバンク光解約(光コラボで電話番号引継ぎが可能でしたが引継ぎしなかった)で書きました。



関連記事
ソフトバンク光解約(光コラボで電話番号引継ぎが可能でしたが引継ぎしなかった)

ソフトバンク光を解約→J:COMと契約

J:COMと契約して2年近くインターネットを使用してみた感想

電場番号も引き継いで、光コラボからフレッツ光に戻した時の設定

複数のPCをネットに同時に接続する方法(ルーター選び)

LANケーブルの対応できる速度について

複数のPCをネットに同時に接続する方法(ルーターBHR-4GRV2を購入)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント