この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

Windows10のWindowsUpdate(Windowsの更新)

古いPCをWindows10にアップグレードで書いたPCは、何も引き継がない方が後々トラブルが少ないだろうと思い、「何も引き継がない」を選択してWindows8.1(32bit)からアップグレードした為、色々と再設定が必要になりました。この設定もその一つです。


古いPCをWindows10にアップグレード書いたPCは、使用用途的に出来るだけ早めに最新の状態に更新しておいた方が良いだろうと思い、下記手順でWindowsUpdateを手動で実行して最新の状態にしておく事にしました。


画像

「スタートボタン」 をクリック 「設定」 をクリック


画像

「更新とセキュリティ」 をクリック


画像

更新プログラムのチェックをクリック再起動を促すボタンが出現したら再起動ボタンをクリックすることで再起動をし、無事に最新の状態にする事ができました。




私は、最初Windows7同様に 「すべてのアプリ」 の中にWindowsUpdateがあるだろうと考えて、すべてのアプリの中から探していたのですが、それらしいものが見つからず、、、次にスタートボタン設定の中を探してみた所、WindowsUpdateを見つける事ができました。

ただ、Windows7の様に更新するプログラムを自分で選んで更新すると言う事ができなくなっているようで、強制的に全ての更新が適用されてしまうようです。
この更新を適用すると使っているソフトに不具合が出るから更新せずにいようと言う事がローカル(ネットワークに接続していない状態)で使用しない限り出来ないようです。。。
※どこかに特定の更新プログラムだけ適用しないで置いておく設定があり、それを私が見落としているだけかもしれませんが。。。



Windows7の時と同じで一度インストールした更新プログラムを下のような操作でアンインストールすることは可能な様です。
ただ、元の状態に必ず戻るという保証は無いですが。。。

画像

WindowsUpdateで 「詳細オプション」 をクリック


画像

「更新履歴を表示する」 をクリック


画像

「更新プログラムをアンインストールする」 をクリック


画像

アンインストールしたい該当のプログラムをクリックすると上の画像の赤丸の辺りに、「アンインストール」 というボタンが出るのでそれをクリック
※アンインストールしたい該当のプログラムを右クリックアインストールボタンが右クリックした位置に出現アンインストールをクリックでも同じ動作が可能です。


画像

「はい」 をクリック

はいをクリック後、進行具合がわかる画面が出てアンインストールが完了次第それが自動で消え、アンインストールが完了します。

ただ、、、アンインストールしてもPCをネットに繋いでいる限り、アンインストールした更新プログラムを再度インストールしようとするようで、このアンインストール自体、ローカルで使わないと無意味な気がします。。。



上の更新プログラムのアンインストール画面ですが、コントロールパネルからも辿り着く事が可能です。

コントロールパネルの表示方法がカテゴリの場合
コントロールパネルを表示し、「プログラム」「プログラムと機能」「インストールされた更新プログラムを表示」

コントロールパネルの表示方法が大きいアイコンまたは小さいアイコンの場合
コントロールパネルを表示し、「プログラムと機能」「インストールされた更新プログラムを表示」

コントロールパネルは、 「スタートをクリック」 か 「スタートを右クリック」 で表示させる項目が出てきます。

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント