この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

洗面台下の収納スペースにある給水管の接続部分からの水漏れ

洗面台の下にある収納スペースにもなっている場所にある水道の給水管の接続部分から水漏れが発生してしまいました。


画像
水道の水を止めた状態ならぽたぽたと数十秒に1滴ずつという様なペースの水漏れなのですが、水道の蛇口から水を出すと、上の写真のように勢いよく水が飛び出てきます。



画像
1枚目の写真のような勢いで水漏れしていた為、緑丸から漏れた水が赤丸の部分にかかり、最初はライトなどで照らさずに薄暗い中で見ていたのであたかも緑丸と赤丸の部分から水漏れしているように見え、「すげぇ、2カ所から水漏れしてるぞ」と私は思ってしまいました。
しかし、ライトの光を当てて良く確認すると実際は緑丸の部分からのみの水漏れでした。


取りあえず水は拭き取り、上の写真に写っている洗面台下の止水栓は閉めて、バケツを置いて水を受け止めておく事にしました。
そして、管理会社に水漏れしている事を連絡し、近日中に修理して貰える事になりましたが、その時に自分で修理して良いか聞いてみた所ダメでした。。。

賃貸なのでダメで当たり前なのですが、、、修理に来られても、修理が出来ない人ばかり何時も来られるので結局、部品だけ貰って何故か私が業者さんに代わって修理してるんですよね。。。(業者さんは私の作業を見てるだけ)

それだったら、大家さんの了解を貰って自分で修理した方が、業者さんとの時間調整などしなくて良いので、個人的には自分で修理した方が楽だなと思ってしまいます。。。

こう言う作業は個人的に結構好きなので、私が業者さんに代わって作業する事自体は別に良いのですけど。




そして、修理部品がどの位しているのかと気になって、洗面台下の収納スペースに書かれている型番で検索すれば修理部品が出てくるかと思い検索しても出てこず。。。

色々とYahooで検索をかけていると 「洗面台 シャワー」 というワードを入れて検索した時に 「『洗面化粧台(シャワーホース引出し式)』をご愛用のお客さまへ (2008年3月31日)」 というINAXのページを発見しました。
使用している洗面台はINAXの物だったので早速見てみると、このページで品番の書かれている位置がわかりました。

そのINAXのページを参考にライトで照らしながら(ライトで照らさないと暗がりで見えない)型番のある位置を見てみると私の使用している物は、SF-74S-MB/N88と言う事がわかりました。

そしてSF-74S-MB/N88という型番で検索をかけてみると取替部品のリストを発見できました。


どうやら、洗面台の水漏れを直すにはこの部品の交換が必要そうです。



SK11 シールテープ 15M巻 SST-1315
SK11(エスケー11)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SK11 シールテープ 15M巻 SST-1315 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
INAXのホームページにある分解図を見てみると水漏れ防止用のパッキンも入っているようで、このようなシールテープは必要ありません。



ワイズ ゴキヨケシート流し台下用
ワイズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ワイズ ゴキヨケシート流し台下用 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
洗面台は水浸しになってバスマットにはカビが生えていましたが、、、このような銀シートを敷いた上で更にバスマットを敷いていた為か、洗面台本体は何ともありませんでした。


ちなみに、前回洗面台下の収納スペースを開けたのは5日ほど前でしたがその時は何ともありませんでした。

ただ、銀シートやバスマット、石けんも水で溶けてしまっていたので買い直しが必要な物が出てしまいました。。。
水漏れした時に困るので水に濡れるとダメになってしまう物は置いておかない方が良いのかもしれません。



関連記事
洗面台下の収納スペースにある給水管の接続部分からの水漏れ(SF-74S-MB/N88の水漏れ修理)
※この記事で書いた洗面台を修理した時の事を書いています。

カプラー式逆止弁ソケット(A-4284-10)が使える他の品番

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント

恵子
2015年12月21日 08:54
初めまして!うちの洗面所が同じところから水漏れを起こしていて 設備屋さんに電話したら マンションは勝手に手入れできない→管理人→管理委託会社 とまわされ 見にいくだけで 出張費ですが そちらミカドの洗面所なので もう部品ないので丸ごと交換になります といわれ
シャワーはINAXなのに!(SF-79S-MC)←MBと違うのですが同じですよね?) と思い調べていたら こちらにたどり着きました!写真と同じソケットのところからのにじみ漏れです。
Amazonで取り寄せました。届き次第 もう一度設備屋さんに頼んでみようとおもいます!自分で出来ればしたいのですが 怖いですよね・・・
でもでも本当に助かりました!救世主様です!(笑)ホントです!
2015年12月26日 13:54
初めまして。
返信遅くなり、すみません。
お役に立てたようで、幸いです。
自分で部品の交換が出来れば、設備屋さんとの時間を合わせるなどしなくて良いので、その点では楽なのですが、失敗して逆に悪化させると言う事もあるので、、、部品の交換に自信が無ければ、設備屋さんに頼まれるというので正解だと思います。
SF-79S-MCに付いては、検索しても出てこずで、分解図が見る事ができないので何とも言えません。。。
ハム太郎
2019年07月29日 16:31
カプラー交換記事を参考に、無事交換できました。ありがとうございました。洗面台は 三年くらいしかたっていないのに、水漏れが見つかりました。カプラーを外して中を見たら、二ミリくらいの錆のかけらが見つかりました。
これから、ほかの記事も参考にさせていただきます。
2019年07月29日 22:40
コメントありがとう御座います。

無事にカプラーの交換ができたようで何よりです。
私の所では、この記事でのカプラーの交換以降、今の所水漏れはしておりませんので、4年ほどもっております。

ただ、消耗品として捉えておいた方が良いパーツなのかな?と思う面もあり、そろそろ水漏れをまたするかな?と思ったりもしております。