この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

Windowsの機能を使ってのRAID1(ミラーリング)構築後にディスクが故障した場合の削除

古いPCをWindows10にアップグレードで書いたPCは、HDD故障でOSが立ち上がらなくなるという事を防ぐ為にWindowsの機能を使ってRAID1(ミラーリング)を構築し、OSをミラーリングしていたのですが、アップグレードで何かあると困るのでHDDを2台接続している内の1台は接続を外してアップグレードした為、RAID1(ミラーリング)を構築のやり直しになりました。


今回の場合、ディスクが故障してRAID1(ミラーリング)情報の削除をする訳では無いですが、ディスクが故障してPCでHDDなどのディスクを認識しなくなった場合の手順と同じです。



画像
Windowsの機能を使ってRAID1(ミラーリング)を構築した場合、ミラーリングをしているHDDなどが故障をしてPCで認識出来なくなったり、片方をPCから取り外ししたりすると上の画像のように 「不足」 という表示が出ます。
そう言った場合には、下の手順で不足となっているディスクの削除をしています。



画像
まず下の手順でコンピューターの管理を起動します。
コントロールパネルの表示方法がカテゴリの場合
コントロールパネルを表示し、「システムとセキュリティ」「管理ツール」「システム構成」「コンピューターの管理」
コントロールパネルの表示方法が大きいアイコンまたは小さいアイコンの場合
コントロールパネルを表示し、「管理ツール」「システム構成」「コンピューターの管理」
コントロールパネルは、 「スタートをクリック」 か 「スタートを右クリック」 で表示させる項目が出てきます。(Windows10の場合)
Windows10の場合、スタートボタンを右クリックで「コンピューターの管理」や「ディスクの管理」を開くメニューが出てきます。



画像
コンピューターの管理を起動すると上の画像が出てくるので、「ディスクの管理をクリック



画像
上の画像の場合、不足と付いている側のCドライブとEドライブを削除したいのですが、「削除したいボリュームを右クリック(不足と付いている側)」ミラーの削除をクリック」



画像
不足を選択(クリック)」ミラーの削除をクリック」



画像
はいをクリック」し、同様の手順で不足側のEドライブも削除しました。




画像
無事に削除が完了すると上の画像のようになります。



関連記事
ダイナミックディスクを元のディスクに戻す方法

PC起動時の不必要なOSの選択肢の削除

Windowsの機能を使ってRAID1(ミラーリング)を構築

マザーボードの機能を使ってのハードウェアRAID(RAID1:ミラーリング)

Western Digitalの 「レッド」 と 「ブルー」 の内蔵ハードディスクドライブの購入

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント