この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

memtest86+による、メモリのチェック方法

PCを使っていると、ブルースクリーン(青い画面)になる事があり、メモリの故障が原因でブルースクリーンになっている事があります。
私は、そう言った場合、memtest86+でメモリをチェックしています。


ダウンロード

画像
memtest86+のトップページから 「Download (Pre-built & ISOs)」 をクリックしてダウンロードページに行きます。また、料金なども必要なく無料です。



画像
CD-RやDVD-Rに焼いてメモリのテストがしたい場合は、 「Download - Pre-Compiled Bootable ISO (.zip)」 をダウンロードして下さい。(qzで圧縮されたファイルより、zipで圧縮されたファイルの方が、Windowsの機能で解凍できる為、扱いやすいと思います)
USBメモリなどに書き込んでメモリのテストをしたい場合は、 「Download - Auto-installer for USB Key (Win 9x/2k/xp/7)」 をダウンロードして下さい。
最新版だと正常に動作しない、などの理由が無ければ、最新版をダウンロードすれば良いと思います。



CD-Rなどへの書き込み

Download - Pre-Compiled Bootable ISO (.zip) をダウンロードした場合は、ダウンロードしたファイルを解凍し、解凍したISOファイルをCD-Rなどに書き込みます。
ISOファイルの書き込みは、各ライディングソフト(CD-Rなどにデータを書き込む為のソフト)のヘルプなどを見て書き込んで下さい。
私は、ライディングソフトはNero12を使っていますが、解凍したISOファイルをダブルクリックするだけで、書き込み画面が開きます。



USBメモリなどへの書き込み

Download - Auto-installer for USB Key (Win 9x/2k/xp/7) をダウンロードした場合は、まずダウンロードしたファイルを解凍します。
必要なデータが入ったものは、使わない方が無難です。
USB接続のカードリーダーを使い、SDカードに書き込みをし、そのカードリーダーとSDカードを使ってメモリのテストをしても正常にテスト出来ています。



画像
次に、解凍した 「Memtest86+ USB Installerをダブルクリック」 します。すると、OSによっては、ソフトのインストール時などに出るセキュリティの警告メッセージが出るので、許可して下さい。



画像
I Agreeをクリック」します。



画像
書き込む該当のUSBドライブを選択して、 「Createをクリック」 します。
画像ではUSBドライブ(SDカード)が、Gドライブの為、「G:\」 になっていますが、PCの環境によって変わります。
ドライブを選択する、右隣にあるチェックボックスにチェックを入れ、 Create をクリックすると選択したディスクをフォーマットした上で書き込みが行われます。(チェックを入れた場合、選択したUSBメモリなどに入っているデータが全て消えます
ただ、上手くいかない場合は、入っているデータを他に移動するなりしてから、チェックを入れて、 Create をクリックすれば上手くいく事もあります。



画像
この画面でフォーマットや書き込みをしている為、少し時間が掛かりますが、Nextがクリック出来るようになったら、 「Nextをクリック」 します。



画像
Finishをクリック」します。



memtest86+の起動

CD-Rなどから起動する場合は、ブート順がDVDドライブやBlu-rayドライブから起動するようになっていれば、 「memtest86+を書き込んだディスクをドライブに入れて」 一旦PCの電源を切り、PCの電源を再度入れれば、自動でmemtest86+が立ち上がり、自動でメモリのテストが始まります。
書き込んだディスクを入れて再起動でも良いのですが、再起動だと入っているディスクを無視して通常通りPCが立ち上がってくる機種があります。



ブート順が、HDDからなど別のドライブからの起動になっている場合は、自動でmemtest86+が起動しないので、まず、起動メニュー(ブートメニュー)を開き、その起動メニューからmemtest86+を書き込んだドライブを選択し、memtest86+を起動します。
通常はUSBメモリなどからブートするようになっていないので、USBメモリなどにmemtest86+を書き込んだ場合もこの操作が必要です。
ブート順とは、記録ディスクの読み込み順の事です。
起動メニュー(ブートメニュー)の起動方法は、メーカーによって違うので、説明書を見るか検索サイトで検索して下さい。



ちなみに、私は、下の手順で起動させています。

画像
ASUSのメーカーロゴが出たら 「F8を連打」 します。



画像
すると、この起動メニューが、立ち上がるので、↑キーや↓キーで操作して 「memtest86+」 を書き込んだディスクを選択し、 「Enter」 を押します。
UEFIと頭にある選択肢を選択すると、memtest86+が書き込まれていても、memtest86+が立ち上がりません。



画像
するとこの画面が立ち上がり、暫くすると何もしなくても、自動でメモリのテストが開始されます。



画像
メモリが正常な場合は、こうなります。
見方は、Pass:1となっていれば、メモリのテストが最後まで終わった回数が1回となります。画像では3となっているので、3回テストが終わった事を示しています。
エラーが出た場合は、Errorsが0では無く、1以上の数字が表示されます。



画像
エラーが出た場合は、こうなります。こうなった場合は、メモリなどが故障している可能性があります。

エラーが出た場合は、私の場合は高確率でメモリが壊れていたと言う事が多いですが、マザーボードややCPUが故障していても、エラーは出るはずですし、外部ノイズなどで偶発的にエラーが出る場合もあります。
コンセントからの電力供給が安定していなくても、エラーが出る場合があるそうです。

また、5Passさせて1~2ぐらいエラーが出たり、かと思えば時間を空けて再度テストすると5Passさせても全くエラーが出なかったり、というメモリの壊れ方をした事があります。
稀にブルースクリーンになっていましたし、表示されていたエラーコードを調べるとメモリが原因でブルースクリーンになっていたようだったので、永久保証品ということもあり、メーカーで調べて貰った所、故障との判定を頂いた事もあります。(交換して貰ったメモリに変えてからは、ブルースクリーンにまたならなくなった)

この経験から私は、1Passしてエラーが出なかったからと言って、故障していないと安心するのは早いと思い、3Passはさせるようにしています。


メモリのテストは、それなりにPCに負荷が掛かるので、頻繁にテストをしすぎるとPCの寿命を縮める結果にもなります。



memtest86+の終了

キーボードの左上にある 「Esc」 を押すだけです。
ですが、終了してもブート順がDVDドライブやBlu-rayドライブなどからの設定になっているPCの場合、CD-Rなどに書き込んだものからmemtest86+を起動させていた場合、memtest86+が再起動し、再びメモリのテストが始まる為、 「Esc」 押した後に入れたディスクを抜く必要があります。



関連記事
Intel Processor Diagnostic Toolを使った(インテルの)CPUのチェック

ASUSの起動メニュー(ブートメニュー)の表示方法

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント