この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

マザーボード選び

実家にある5年ほど前に購入したノートPCが、遅いと言う事で、要らないソフトの削除で改善する可能性もありますが、今は年賀状作成などしているそうで、ソフトの削除で不具合が起きると困るので、削除できません。。。

ソフトの削除でダメだった場合、自作PCを組み立てる必要がありそうなので、取りあえず少しずつ調べる事にして、マザーボードなどPCを組み立てるパーツの候補を選んでいます。

ASUSが好きと言う訳ではないのですが、いつもASUSのマザーボードを使っているので、BIOSの設定を変えようと思った時に、メーカーが変わると、設定する項目が何処にあるか分からず、BIOSの中で迷子になるので、、、マザーボードメーカーは、出来るだけASUSでいこうと思っています。
でも、安売りをしているのを発見し、突然GIGABYTEのマザーボードに路線を変更した事もあります。

そして、最近のマザーボードは、ジャンパーピン設定は必要なくなりましたし、BIOSの設定も以前は必要でしたが、最近はわざわざBIOSを設定しなくても通常のPCの使い方ならPCを組み立ててOSをインストールすれば、PCは立ち上がってきますし、自作PCの敷居はかなり下がっていると思います。
ただ、PCパーツは、PC組み立て時に、静電気対策が必要で、これを怠るとPCを折角組立しても、静電気で壊れていたなんてことも起こります。


今回、組み立てるかもしれないPCは、ゲームは特にしなく、Word、Excel、ホームページ観覧程度の軽い操作ばかりなので、必要な機能がマザーボードに搭載されていれば、安い物でも特に問題無いと考えています。
必要な機能とは、 「USB3.0が搭載されているか」、「USB端子が何個あるか」、「メモリスロットが何本あるか」、などです。
ですが、経験上これだけではダメで、売られているマザーボードの中には安定性がない物があります。
このマザーボードが安定しない物を買ってしまうと、マザーボードのドライバなどと使いたいソフトで競合を起こし、使いたいソフトが不具合を起こしたり、軽微な不具合だけなら良いですが、最悪PCが頻繁にフリーズしてしまうと言った事になる事もあります。

こう言った不安定なマザーボードは、設計や開発段階での不良やバグだと思いますが、見分け方としては、発売から半年~1年程度購入を待ち、 「口コミを見るか」 新しく発売されたマザーボードなら 「自分で買って確かめてみるか」 という手段になります。
買ったマザーボードが不安定な場合、BIOSの更新やドライバの更新で安定する場合もありますが、それでも直らない場合は、別のマザーボードへ買い変える必要があります。

なので、発売されて直ぐのマザーボードを買うと、こう言った不安定なマザーボードに当たる可能性が高まります。(口コミが良くても、自分の環境では不安定になると言う事もありますが。。。)

取りあえず、マザーボードは8000円~1万円程度の物で良いかなと考えています。(高くても1万2000円までで抑えたい)
こう言った事も踏まえつつ、マザーボード探しを、していきたいと思います。


ASUS H110M-E D3 DDR3対応 H110チップセット採用MicroATXマザーボード
パソコン工房 楽天市場店
ブランドASUS型番H110M-E D3CPUサポートIntel Socket 1151 for 6


楽天市場 by ASUS H110M-E D3 DDR3対応 H110チップセット採用MicroATXマザーボード の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
新しく発売されたマザーボードで、予算内だとこれなのですが、今の所、口コミも何も無いので不安要素があります。
CPUソケットが1151で、背面インターフェイスが、USB3.0×2個、USB2.0×4個、HDMIやLANポートも付いているので、最低限必要な端子も付いています。
ですが、メモリスロットが、マザーボードが安い為か2つしかありません。
メモリスロットが2つでも問題無いと思うのですが、2つだとメモリが足りなくなった場合に、増設する時に、現状あるメモリは外して大きい容量のメモリを挿す事になると思うのですが、4つあればメモリスロットが2つ余るようにも出来き、メモリ増設時に余ったメモリスロットに増設用に買ったメモリを挿すだけで済むので費用削減になるからそっちの方が良いそう。

例えば8GB分のメモリを搭載している状態で16GBの状態にしようとすると、メモリスロットが2つだと8GBのメモリを2枚買う必要があるけど、メモリスロットが4つだと、メモリスロットが2つ空きの状態なら4GBのメモリを2枚買うだけで済むので、容量が小さい分、費用が少なくて済むという事です。
ただ、このマザーボードは、メモリの規格がDDR3なので、そうなる頃にはDDR4が主流のメモリになり、結局買い換えという形になりそうな気がしています。

なので、このマザーボードは、もしPCを組み立てる事になっても、購入可能性としては低め。

また、最近のPCは、メモリが2枚1組で取り付けされている場合が多いです。
それは、デュアルチャネルという技術があり、デュアルチャネルは、同規格、同容量、同周波数のメモリを2枚1組として取り付けする事で、1枚で取付した時の2倍の周波数で動作させる事が出来るという技術です。
その為、最近のPCは、2枚1組としてメモリの取り付けがされています。
ちなみに、同規格、同容量、同周波数として売られているメモリを別々に買うと、微妙に周波数が違う為、デュアルチャンネルにならない場合が多いです。

以前は、トリプルチャンネルというのもありましたが、、、最近は見る事が無いのですが。。。
こちらは、3枚1組としてメモリを使う事で、3倍の周波数で動作する事が出来るという技術です。



ASUSH81M-E
ソフマップ楽天市場店
お使いのブラウザはインライン フレームをサポートしていないか、またはインライン フレームを表示しない


楽天市場 by ASUSH81M-E の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
IntelのCPUが使えるマザーボードで、ASUSのマザーボードだと、今の所一番安いのがこのマザーボードです。
CPUソケットが1150で、背面インターフェイスが、USB3.0×2個、USB2.0×4個、LANポートも付いていますが、HDMI端子が付いていません。
ですが、マザーボードが安いので、その分で安いスピーカーを買えば良いかとも思います。
そして、同じくメモリスロットが、マザーボードが安い為か2つしかありません。
Windows10にも対応しているようで、このマザーボードでも特に問題無いように思います。



ASUSB85M-G
ソフマップ楽天市場店
お使いのブラウザはインライン フレームをサポートしていないか、またはインライン フレームを表示しない


楽天市場 by ASUSB85M-G の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
言われている希望は、このマザーボードなら全て叶えられそう。
CPUソケットが1150で、背面インターフェイスが、USB3.0×2個、USB2.0×4個、HDMIやLANポートも付いています。
そして、口コミを見る限り、特に問題無さそう。
Windows10にも対応しているようだし、オーバークロックする気も無いので、このマザーボードでも良い気がします。



H97M-E【税込】 エイスース microATXマザーボード(Intel H97) [H97ME]【返品種別B】【送料無料】【RCP】
Joshin web 家電とPCの大型専門店
在庫状況:最短24時間以内出荷□「返品種別」について詳しくはこちら□2014年05月 発売【ご購入後


楽天市場 by H97M-E【税込】 エイスース microATXマザーボード(Intel H97) [H97ME]【返品種別B】【送料無料】【RCP】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
これも言われている希望は、全て叶えられそう。
CPUソケットが1150で、背面インターフェイスが、USB3.0×4個、USB2.0×2個、HDMIやLANポートも付いています。
少し高くなりますが、USB3.0の端子が増える事やWindows10にも対応しているので、このマザーボードもありかなと思っています。



関連記事
PC組立時や内蔵HDDなどの電子部品取扱時の静電気対策(簡単なまとめ)

自作PC(パソコン)は、安くなる?自作PCのメリット、デメリット

自作PCが完成しました。

CPU選び

CPUクーラー選び

メモリ選び

光学ドライブ選び

PCの電源選び

HDDやSSDなどの記憶装置選び

PCケース選び

PCのディスプレイ選び

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント