この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

もしも今日という日に点数をつけるとしたら満点なのかもしれない。(27)

今日は、また京都の山の方まで自転車で走ってきました。
そして、ついに今日、通勤用兼練習用として買ったロードバイク(今日使った自転車)が、積算距離7万㎞を突破しました。
2008年3月中旬頃に購入し、約6万6000㎞でSTIレバーが故障し、修理する気が無かったので、2年ほど使わなかった期間がありました。
なので、多く見て6年ほどで7万㎞に達した事になりますが、この自転車、購入当初は毎年1万5000㎞~2万㎞程走っていたので、この期間で7万㎞に達しました。
最近は、年間で1万㎞に届いていません。。。

7万㎞に達するまでに、消耗品の交換や修理もかなりしています。
最近の大がかりな修理は、家族がロードバイクを試してみたいと言う事で、STIレバーの交換しました。その関係で、また走れるようになったので、また使うようになりました。

その前の大がかりな修理は、リアディレイラーが故障し、フロントディレイラーのプレートもかなり摩耗していましたし、STIレバーも安全上は全く問題ないものの変速するのに支障がでる壊れ方をしていたので、フレームにヒビが入っていたロードバイクから、部品を全て移植という事もやりました。

他にもヘッドパーツのベアリングの摩耗が激しくなり、ハンドルを動かすのにかなり重たい状態になり、ヘッドパーツのベアリングのみ交換もしました。

更には、ブレーキを掛ける事で、リムのブレーキシューが当たる場所が、摩耗しハブ自体も最初から付いていた物は、質が悪く、虫食い摩耗をしていたのでホイールを新たに作り、リムが摩耗する度にリムのみ交換を続け、もう既にリムは6本履き潰しています。

ただ、現在のハブは5700系の105のハブを使い、適時メンテナンスをしているせいか4万㎞程使っていますが、一切虫食い摩耗はしていません。
ベアリングの中にある玉と玉押しが接触する部分が、うっすらと筋が出来ていますが、購入当初よりも研磨され、むしろ、回転は良くなっています。

クランクは、購入当初から付いていた物を使っていますが、元々8速用のクランクに10速用のチェーンリングを取り付けると言う事をしたので、フロントディレイラーの調整など色々と苦労させられました。
これもブログに書きたいと思っているのですが、、、書きたい事が多すぎて、、、なかなか書き切れていないのが実情です。。。

タイヤ交換やブレーキシューの交換に至っては、正直何回交換したか覚えていません。。。

ただ、元々STIレバーが壊れた時点で修理する気は無かったので、今度STIレバーなど修理費がそれなりに掛かる場所が故障したら、今度こそ廃車だと思っています。

でも、フレームの寿命もありますし、何処まで大丈夫なんだろう
一応、時々、金槌で軽くフレームなどを叩いて音と目でヒビが入っていないか確認していますが、今の所大丈夫そうです。

画像

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント