この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

複数のPCをネットに同時に接続する方法(ルーター選び)

ソフトバンク光を解約→J:COMと契約でも書きましたが、ソフトバンク光を解約し、J:COMと契約した関係で、モデムがルーター機能無しのものになり、複数台のPCで同時にインターネットに接続する場合は、ルーターの購入が必要になりました。

また、Webカメラを利用しているのですが、PCかWebカメラのどちらかにしかIPが割り振られない為、PCかWebカメラのどちらかしか利用できない状態です。。。

その為、現在、購入するルーターの候補を探しています。(J:COMは、100Mbpsでの契約です)


ただ、J:COMでいつまで契約するか分からないので、安価なルーターでも良いかなと考えています。
ですが、ルーターはPCと同じでフリーズをする事がある事や1Gbpsに対応していても機種によって回線速度が左右される事もあるので余り安すぎるものを買って後悔してもイヤなので、悩む所です。



画像
取りあえず、資料用に買っているこの本の用語解説などを見ながら、ルーターを探しています。
ただ、買ってから5年ほど経過しているので、古い情報になりつつあるので、そろそろ買い直し時期かもしれません。。。

そして、BUFFALOに不明点などを問い合わせ、その回答などを総合すると、今の所、下のような感じです。



BUFFALO 有線BBルータ ハイエンドセキュリティモデル [BBR-4HG]
バッファロー
2003-12-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BUFFALO 有線BBルータ ハイエンドセキュリティモデル [BBR-4HG] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
現時点で2336円です。
・規格上は、100Mbpsまで対応。
・縦置き、横置き両対応。
・ハブを使わない場合、接続出来るPCやWebカメラなどは4台まで。
・VPNマルチパススルー機能で暗号化される為、外出先から自宅にあるWebカメラの利用が安心して出来る。
・複数台のPCを同時にインターネット接続出来る。
・最大消費電力:3.55W
・寸法:33×124×145mm (多分スタンド含まず)

本体サイズや消費電力的には、これが魅力的ですが、将来的に接続プランなどを早いものに変えた時に買い換えの必要性が出てくる可能性があるので、迷う所です。




現時点で4554円です。
・規格上は、1Gbpsまで対応。
・縦置き、横置き両対応。
・ハブを使わない場合、接続出来るPCやWebカメラなどは4台まで。
・VPNマルチパススルー機能で暗号化される為、外出先から自宅にあるWebカメラの利用が安心して出来る。
・複数台のPCを同時にインターネット接続出来る。
・2台使う事で別拠点で、仮想専用線(仮想プライベートネットワーク)を構築する事が出来る。
・遠隔操作での(外出先から)PCの起動が可能。(ルーターにアクセスして、ルーターからPC起動用の信号を送る仕様なのだそうで、PCなどにツールなどのインストールは不要との事)
・最大消費電力:3.8W
・寸法:35×158×165mm (スタンド含まず)

サイズ的には、BBR-4HGより少し大きくなってしまいますが、将来的な事や消費電力など考えると、私の場合は、これが良いのかなと思っています。
ただ、回線速度が速い契約にもし変えたら、その時にルーターを買い換えるのもありかなと思ったりもしています。
ですが、ルーターからPC起動用の信号を送り、遠隔でPCを起動できるという機能も魅力的なので、これを買う線が濃厚です。

仮想専用線は、専用線を各拠点間で引いて貰うと、多額の費用が必要な所、一般の回線を利用し、あたかも専用線を引いたかのようにネットワークを構築することで、費用を大幅に抑える事ができます。
私のイメージ的には、仮想専用線はバスや電車などで機密文書などを運ぼうとすると色々な人とすれ違うので、機密文書を盗まれる可能性が高いけど、自家用車や社用車などで機密文書を運べばそのリスクは減るよね。と言うようなイメージです。




BUFFALO IPsec対応 VPNルーター VR-S1000
バッファロー
2013-12-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BUFFALO IPsec対応 VPNルーター VR-S1000 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
現時点で1万9089円です。
・規格上は、1Gbpsまで対応。
・縦置き、横置き両対応。
・ハブを使わない場合、接続出来るPCやWebカメラなどは4台まで。
・複数台のPCを同時にインターネット接続出来る。
・2台以上使う事で別拠点で、仮想専用線(仮想プライベートネットワーク)を構築する事が出来る。(最大10拠点みたい)
・ネットワークを介して、動画や音声ファイルをやり取りする際の優先順位を決める事が出来る。
・USBメモリからルーターの設定を、復旧する事が可能。
・最大消費電力:12.5W
・寸法:34×162×200mm (スタンド含まず)

こちらは、法人向けに作られた製品で、法人向け窓口で問い合わせて欲しいとの回答でした。
ですが、セキュリティ性能は、これが一番良いようです。
ただ、いつまでJ:COMで契約するか分からない事や消費電力など考えると、やはりBHR-4GRV2の方が良いのかなと思ったりしています。



無線化は今回は見送りました
無線対応のものは電波を飛ばす事で、他の機器の誤動作の原因になる事があるので、今回は、候補から外す事にしました。
また、無線も対応したルーターは、一応無線機能を無効にすることもできるようですが、最大消費電力も有線のみ対応のルーターから比べると高めです。

そして何より、セキュリティ性が落ちるのが、気になる所なので無線化は、見送る事にしました。また、個人的に、無線についてまだ勉強が、必要かなと感じています。


もし、スマホなどの携帯端末をネットワークに繋ぎたいなどの場合は、こう言ったものを買い、必要な時だけ電源を入れて対応しようと思っています。



関連記事
フレッツ光から光コラボへ変えたら利用料金が高くなってしまった

ソフトバンク光解約(光コラボで電話番号引継ぎが可能でしたが引継ぎしなかった)

ソフトバンク光を解約→J:COMと契約

LANケーブルの対応できる速度について

複数のPCをネットに同時に接続する方法(ルーターBHR-4GRV2を購入)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント