この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

乾電池の液漏れ対策

一時期、乾電池の液漏れが頻発し、困っていた時期があります。

調べてみると、乾電池の液漏れの原因として一番多いのが、 「電池が無くなってからも機器に取り付けしたまま放置する事で液漏れが発生する」 と言うものでした。

ですが、私の場合、交換して間もない電池が液漏れしており、使用機器も 「卓上の時計」 や 「デジタルの体重計」 でそれほど電池の消耗が激しい機器で発生している液漏れではありません。
また、乾電池に書いてある使用期限も1年以上残っていました。


更に調べていくと、 「アルカリ電池は、マンガン電池に比べて液漏れしやすい」 という情報を見つけました。
確かに、私は、乾電池を使用する機器にアルカリ電池を、使用していました。


そして、乾電池の液漏れを出来るだけ防ぐにはどうしたら良いのか調べた所、 「マンガン電池を使う」 、 「充電式電池を使う」 という対処法が出てきました。

どうやら、乾電池の液漏れは、乾電池内部でガスが発生して、その圧力に耐えきれなくなった時に液漏れするそうです。そのガスがアルカリ電池では発生しやすいと言う事なのだそうです。

マンガン電池は、乾電池内部でガスが、発生しにくいので液漏れしにくいそうです。
充電式電池は、元々ガスが発生しても、それに耐える能力が高いので、液漏れしにくいそうです。

また、乾電池に書かれている使用期限と液漏れは全く関係なく、使用期限とは、電池としての性能を保持できる期限だそうで、 「書かれている期限内に、使い始めれば、その電池の性能をフルに使える」 という事だそうなのです。
なので、使用期限が過ぎたからと言って、その電池が使えないという事ではありません。
ただ、調べてみると乾電池を構成している部品の劣化などが原因で、使用期限切れの乾電池を使用した場合は、液漏れのリスクが上がるそう。

でも、未使用の使用期限内の電池が、液漏れしていた事もありますが、その液漏れした電池は、電池としての性能は一切なくなっていました。


そして、液漏れした液の正体を調べると、 「アルカリ電池の場合は、水溶性の水酸化カリウムで強アルカリ性」 で 「マンガン電池の場合は、水溶性の塩化亜鉛で弱酸性」 との事で、特にアルカリ電池は、液漏れの液が肌に付着したり、目に入ったりすると、科学火傷や失明の恐れがあるので、付着した場合は、直ぐに大量の水で洗い落とす事が肝心になってくるそうです。

また、液漏れした液はどちらも水溶性という事なので、液漏れした場合は、綿棒の先を水で湿らせ、その綿棒の先で機器の電池の接点を掃除後、乾いた綿棒やティッシュでから拭きし、錆びている場合は、サンドペーパーで錆を落とし、USB端子の清掃(メンテナンス)で紹介した接点復活剤を付けて完了させています。



また、この記事を書くにあたり、更に調べた所、乾電池内部で発生したガスを溜めていくと乾電池が爆発する原因になるので、乾電池の爆発防止の為に、安全の為、ガスを抜く構造になっているとの事です。

そのガスが乾電池内部で発生し、外にガスを排出する過程で、ガスと一緒に液状の電解液出てくる事もあり、結果、液状の電解液が出てくると、液漏れとなるので、乾電池の使用中や使用後に乾電池内部で発生するガスが原因の液漏れは完全に防ぐのは無理なようです。



そして、災害時などある程度、電池を蓄えていないと困る事もあるので、私は、充電池では対応せず、卓上の時計やデジタルの体重計など乾電池を使うものに、古い乾電池から使っていけば、ある程度新しもので乾電池がローテーションするだろうと考え、現状売られている乾電池を調べ、下の乾電池を見つけました。

Panasonic EVOLTA 単3形アルカリ乾電池 20本パック LR6EJ/20SW
パナソニック
2008-04-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Panasonic EVOLTA 単3形アルカリ乾電池 20本パック LR6EJ/20SW の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
これは、10年間保存可能な上に、液漏れ防止製法で液漏れもし難くなっているという電池です。
ラインナップ的には、 単1、 単2、 単3、 単4 の4種類です。



これも、単1~単4のみ対象ですが、10年間保存可能な上に、液漏れ防止設計で液漏れもし難くなっているという電池です。
ラインナップ的には、 単1、 単2、 単3、 単4、 単5、 9V電池(ラジオ電池) の6種類です。
Panasonicの電池との違いは、単1~単4のみ対象ですが、使用推奨期限内に、警告、注意事項を守っていても液漏れした場合、電池交換、または機器を修理、交換して貰えるという、液漏れ保証というものが付いています。

Maxellのホームページにある保証内容を見ると、 
「お客様からお申し出のあった対象製品の液もれに起因する損害に対して、弊社で液もれした電池と液もれが生じた機器を調査した結果、除外規定に該当しないと判断した場合に限り、電池交換、または機器の修理・交換をいたします。
修理・交換できない機器の場合、機器の液もれによって故障した部分の修理代金を査定させていただき、その金額を補償いたします。」
とあります。

なので、電池を間違った方向(逆)で入れたり、水がかかった物などを使わず、普通の使い方をしていて、液漏れし、機器が故障した場合、保証が適用されるだろうと考え、電池が無くなった機器から順に、ボルテージに変えていっています。



関連記事
乾電池の液漏れ


スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント