この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

新品タイヤの取付時に、最後の最後でタイヤがまた外れて取付出来ない時の対処方法

新品タイヤをリムに、はめていき、ここがはめ終わればタイヤの取り付けが完了という所で、最後に、まだリムにはまっていないビードをはめようとすると、さっきまではまっていたビードがまた外れ、その外れた部分をもう一度はめ直し、もう一度最後の所を、はめようとすると、さっきまでリムにはまっていたビードが、また外れるの繰り返しになる事があります。


画像
私はこういった場合、この部分をリムにはめれば、タイヤの取り付けが完了というところまでいったところで、空気を少し入れます。(ビードはめ込み時にタイヤレバーでチューブを噛み込まないように、より注意が必要になる
そうする事で、リムに既にはまっているビードを押さえつけ、タイヤのビードが外れにくくなり、最後の部分のビードのはめ込み作業がし易くなります。

また、このやり方でタイヤの取り付けをする場合、タイヤのビードが外れている真ん中に、タイヤレバーを差し込んで一気にタイヤを取り付けしようとしても入らないので、この写真の赤丸がしてある所のように、タイヤが既にリムに取り付いている所と、タイヤがまだリムに取り付いていない所の境目ぐらいにタイヤレバーを差し込み、少しずつタイヤを取り付けしていく必要があります。(タイヤがリムに取り付いていない所の真ん中に、タイヤレバーを入れ、横にスライドさせる)
空気は入れすぎると逆にビードをはめ込みにくくなったり、思わぬトラブルの原因になるのでポンピング3分の1回とか5分の1回とか少しずつ空気を継ぎ足して様子見をしながらやっていきます。(気圧計の針が動く程、空気を入れる必要な無い)



関連記事
手のみで(タイヤレバー無しで)自転車のタイヤを外す方法

お勧めのロード用タイヤContinental Gatorskin

Continental ULTRA SPORTの使用感

タイヤ交換

ロードバイクやクロスバイクのタイヤについて

自転車(練習用ロードレーサー)のタイヤ破損

自転車(練習用ロードレーサー)のタイヤ破損2

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント