この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

Excel 2013のオートSUMの使い方(足し算)

MicrosoftのExcelには、「オートSUM」という、いくつかのセルの数値を自動で計算し、計算結果を出してくれる機能があります。
私が使用しているOfficeは、Office Personal 2013です。
また、 「MicrosoftのOffice」 や 「Excelのみ」 の購入が金銭的に無理な場合、 「OpenOffice」 という選択肢もあり、MicrosoftのOfficeのファイル(WordやExcelなどのファイル)を操作・編集ができます。(無料ソフト)
ただ、OpenOfficeは、MicrosoftのOfficeと完全に互換性がある訳では無いので、学校や仕事で使う場合は、OpenOfficeは、お勧めしません。



オートSUMの基本的な使い方(足し算)

画像
まず、 「計算結果を表示させたいセルをクリック」 し、 「オートSUMをクリック」 します。
オートSUMのボタンの右側に逆三角形のマークがありますが、そこをクリックした場合は、いくつかの項目が出てくるので、足し算をする場合は、合計をクリックします。



画像
すると、こんな風に、予測で合計する箇所が囲まれますので、これで良い場合は、キーボードの 「Enter」 を押します。(計算結果が表示されます)



他の箇所を選択したい場合

画像
仮にこのように選択したい場合でも、上で説明した手順のオートSUMのボタンをクリックする所までは、同じです。
その後に、A1のセルからD1のセルまでドラッグします。(D1のセルからA1のセルまでドラッグでも同じように選択出来ます)
また、A1をクリックし、キーボードの 「Shift」 を押しながら 「→キー」 を押すでも同じようにセルの選択が出来ます。

そして、最後に、キーボードの 「Enter」 を押します。(計算結果が表示されます)



画像
このように選択したい場合は、A1のセルからC7のセルまでドラッグします。(他の手順は、同じです)



複数のセルを選択したい場合

画像
仮にこのように複数のセルが選択したい場合も、上で説明した手順のオートSUMのボタンをクリックする所までは、同じです。

その後に、キーボードの 「Ctrl」 を押しながらマウスで選択したいセルを 「クリック」 します。

そして、選択し終わったら、上と同じようにキーボードの 「Enter」 を押します。(計算結果が表示されます)



計算結果を更に、足したり、引いたり、掛けたり、割ったりする場合

画像
オートSUMで出た計算結果を更に、足したり、引いたり、掛けたり、割ったりする場合は、この画像の赤丸の部分を 「クリック」 し、必要な数式の入力をします。

仮に上の画像の状態だとすると、
計算結果に+10したい場合  「=SUM(A1:A10)+10」と入力(太字になっている所を入力)

計算結果に-10したい場合  「=SUM(A1:A10)-10」と入力(太字になっている所を入力)

計算結果に×10したい場合  「=SUM(A1:A10)*10」と入力(太字になっている所を入力)

計算結果に÷10したい場合  「=SUM(A1:A10)/10」と入力(太字になっている所を入力)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント