この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

Excel 2013の(マウスのみでの入力をする為の)リストの作成

画像
Excelは、このようにマウスだけで操作し、入力できるようにリストの作成もできます。
こうする事で、キーボードでの入力に不慣れな方の補助になったり、決まった文字の入力しか、しないセルの入力間違えを未然に防いだりする事が出来ます。
私が使用しているOfficeは、Office Personal 2013です。
また、 「MicrosoftのOffice」 や 「Excelのみ」 の購入が金銭的に無理な場合、 「OpenOffice」 という選択肢もあり、MicrosoftのOfficeのファイル(WordやExcelなどのファイル)を操作・編集ができます。(無料ソフト)
ただ、OpenOfficeは、MicrosoftのOfficeと完全に互換性がある訳では無いので、学校や仕事で使う場合は、OpenOfficeは、お勧めしません。



リストの作成方法

画像
データ」 をクリックします。



画像
リストを作りたいセルをクリック」 し、 「データの入力規則(赤枠内)」 をクリックします。
データの入力規則という文字の方をクリックした場合は、いくつかの項目が出てくると思いますが、その場合は、更にデータの入力規則をクリックします。



画像
すると、このような画面が出てくるので、入力値の種類から 「リスト」 を選びます。(すべての値となっている所を、リストに変える)



画像
リスト」 を選ぶと、このような画面に切り替わります。
そして、この画面で 「元の値(赤枠内)」 に、例として 「1,2,3,4,5」 と仮に入力し、 「OK」 をクリックします。



画像
すると、このようになり、マウス操作で文字をクリックし、選ぶ事で、文字の入力が可能になります。
また、このマウスで選び、入力した文字は、通常通り、キーボードの 「Delete」 を押す事で、空白のセルに戻す事が可能です。



画像
こんな風に、漢字や平仮名を使い、リストを作る事も可能です。



リストに空白を作る

画像
この画像のように、 「 ,1,2,3,4,5」 と言う風に、全角スペースを入れると、リストに空白が表示されるようになります。(半角スペースではダメ)



画像
すると、このような表示になります。(この場合、空白を選ぶと、全角スペースが入力されます)



リストに空白を作る2

画像
,',1,2,3,4,5」 と入力しても、空白は作る事が可能ですが、この方法の場合は、リストには 「'」 が表示されます。(選択後、Excelの表示では空白になる)



画像
,',1,2,3,4,5」 と入力した場合、このような表示になります。(「'」を選択するとExcelの表示上は空白になりますが、セルには「'」が入力されます)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント