この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

Excel 2013の基本操作(規則性のある数字や文字の入力)

画像
Excelの基本的な操作になりますが、規則性のある数字や文字の入力についてです。
私が使用しているOfficeは、Office Personal 2013です。
また、 「MicrosoftのOffice」 や 「Excelのみ」 の購入が金銭的に無理な場合、 「OpenOffice」 という選択肢もあり、MicrosoftのOfficeのファイル(WordやExcelなどのファイル)を操作・編集が出来ます。(無料ソフト)
ただ、OpenOfficeは、MicrosoftのOfficeと完全に互換性がある訳では無いので、学校や仕事で使う場合は、OpenOfficeは、お勧めしません。



数字や文字の入力

画像
こんな風に入力する場合は、アクティブセルをマウスなどで移動させたりして、キーボードを使い、数字や文字を1つ1つ入力されている方も居ると思います。
規則性の無い数字や文字を各セルに入力する場合は、1つ1つ手作業で入力するしか無いと思いますが、この画像のように規則性がある場合は、わざわざ1つ1つキーボードを使って入力する必要はありません。



規則性のある数字や文字を入力する場合

画像
例えば、1~10までの数字を縦方向に各セルに入力したい場合、1と2だけ最初に入力し、画像のように、1と2を入力したセルを選びます。
次に、マウスポインターを、選んだセルの右下の角に合わせると、マウスポインターが 「+」 に変わります。
+」に変わった状態で、下にドラッグし、マウスのボタンから手を放すと、各セルに数字が入力されます。
行きすぎてしまった場合は、「+」に変わった状態で上に戻すと、戻した所まで文字が消えます。



画像
横方向に規則性のある数字や文字を入力したい場合は、横に文字を入力し、上と同じように選んだセルの右下の角にマウスポインターを合わせ、マウスポインターが 「+」 なっている時に、横にドラッグします。



この2つの例の場合は、 「1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15・・・」 とドラッグし続ければ1ずつ増えた数字が各セルに入力されますが、1つ目のセルに「1」、2つ目のセルに「4」と入力すれば、 「1,4,7,10,13,16,19,22,25,28,31・・・」 と言う風に入力されます。

また、同じ内容のものを縦一列や横一列に入力する場合は、最初のセルだけ入力し、 「+」 をドラッグすれば、同じ内容が各セルに、入力されます。



画像
他にも1つ飛ばしで入力したい場合は、1つ飛ばしで入力し、4つのセルを選択した上で、 「+」 をドラッグします。

この機能は、覚えておくと結構便利なので、覚えておくと良いかもしれません。

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント