この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

手のみで(タイヤレバー無しで)自転車のタイヤを外す方法

自転車のタイヤをホイールから外すのに、タイヤレバーを使っているという方も多いと思いますが、コツさえ分かれば、少なくともママチャリの太さぐらいのタイヤまでなら、手だけでホイールからタイヤは外せます。

MTBなどの太いタイヤは、私自身、このコツが分かる前に、MTBが乗れない状態になっており、それ以来、MTBのタイヤ交換は行っておらず、今の所、試す機会もありませんので、予想でしか無いですが、MTBのような太いタイヤでも恐らく手だけで外す事が可能です。



手のみで自転車のタイヤを外すコツ
タイヤレバーを使ってタイヤを外す場合も、最初に空気を抜いてからタイヤを外すと思いますが、手で外す場合も、最初に空気を抜く必要があります。

また、空気を抜いたつもりでも、わずかに空気が残っている場合があり、手で外す場合は、出来るだけ空気を抜いた状態にすることが大事です。(空気を完全に抜いたつもりでも、バルブを後から触ると、更に空気が出てくることがある)



画像
これは、ホイール(リム)を横から撮影した写真ですが、矢印があるのが分かると思います。
タイヤは、あるつもりで、写真の右側に人が居てタイヤを外そうとしているとします。

まず、バルブをナットで固定していたり、キャップを付けていたりする場合は、それらを取り外し、空気を抜きます。

そして、バルブがある反対側で、矢印が描いている線のように、親指で力をかけて外すのですが、言葉で説明すると、まず、親指で横にタイヤを少し押さえ、次に、上に押し上げる事で、タイヤのビード(タイヤをリムに引っかける所)が浮き上がるので、そのタイミングで自分の方へタイヤのビードをやることで、ホイール(リム)の外側へタイヤのビード部分を移動させることが出来ます。
一カ所でも外れてしまえば、後は同じ要領で次々と外れていきます。

また、タイヤが固くて外れない場合は、タイヤのビード部分をまず、リムの真ん中へやってから上で説明したとおり作業します。
何故かと言いますと、リムの真ん中は、周りより凹んでいるのが分かると思います。
凹んでいると言う事は、周りよりも直径が小さいと言う事なので、そこへビードをやることで、より外れやすくなります。

そして、固くて外れ難い場合は、手で外そうとすると、ビードがリムの上に乗るという状態になると思いますが、その場合は、外れかけたビードを片方の手の指で、外れる方向へ力がかかるように指で押さえておくと言うのも大事です。(外す側の反対側から押さえておく)



ウェアラブルカメラで撮影した為、どの辺を撮っているのかが大体しか分からず、また、頭の動きに合わせて動くので、見辛いかもしれません。。。
また、今回は、音があった方が、分かり易い気がしたので、音は残してあります。

上の事を踏まえた上で、この映像を見ると手のみでタイヤを外す方法が分かり易いのでは無いかと思います。
タイヤレバーが無くても、手のみでタイヤを外す事が可能だと言う事が、お分かり頂けると思います。
また、バルブの根元を痛める可能性がある為、この映像のように、バルブのある反対側からタイヤを外すのが、個人的にはお勧めです。

手袋を左右逆に付けていますが、イボイボがあって邪魔なので、左右逆に付けているので、余り気にしないで下さい。



関連記事
新品タイヤの取付時に、最後の最後でタイヤがまた外れて取付出来ない時の対処方法

お勧めのロード用タイヤContinental Gatorskin

ロードバイクやクロスバイクのタイヤについて

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント