この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

錆びてボロボロの出刃包丁を手に入れてしまった

錆びてボロボロの出刃包丁が、オークションで出品されていたので、包丁研ぎの技術向上や新品のように磨き上げて楽しみたいと言うのもあって、錆びてボロボロの出刃包丁を落札してしまいました。



画像
この出刃包丁をオークションで落札し、手に入れてしまいました。
手元に届いてみると、思っていたよりは錆びて居ませんでしたが、それでも結構錆びているので、錆を落とすだけでも結構な労力が必要そうです。



画像
近づけて撮影すると、錆びたことが原因で、所々刃こぼれしているのが、分かると思います。
刃の長さは、15cm程で少し短いかなと思っています。



画像
反対側も結構錆びています。



画像
背の部分も結構錆びています。



画像
錆を取るには、まず、柄を取る必要がありますが、包丁の背の部分を持って、柄を軽く引っ張ってみましたが、柄はまだしっかりしており、手では柄は取れそうにありません。
柄を手で持って、この写真の部分を、金槌などで叩く必要がありそうです。
柄が取れたら、荒研ぎ用の砥石で錆落としから始めたいと思っています。



関連記事
包丁の研ぎ方(出刃包丁)

出刃包丁の錆び取り

出刃包丁の錆び取り(その2)

出刃包丁の錆び取り(その3)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント