この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

出刃包丁の錆び取り

錆びてボロボロの出刃包丁を手に入れてしまったで書いた出刃包丁の錆び取りを途中まで今日はしました。



画像
最初は、柄を先に取ってから錆び取りした方が良いのではないかと思っていたのですが、柄を取ってしまうと、つかみ所が少なくなってしまうので、危ないのでは無いかと思い、柄がある状態で、錆び取りができる所は錆び取りをして、そこまで終わってから、柄を取らないと錆び取りが出来ない所の錆び取りをする事にしました。



[4977292185479] 家庭用刃物砥石 4977292185479【RCP】02P09Jan16
測定器・工具のイーデンキ
【用途】全鋼、ステンレス製品に。【機能・特徴】(粒度220)薄刃物の荒研ぎに使用します。(粒度120


楽天市場 by [4977292185479] 家庭用刃物砥石 4977292185479【RCP】02P09Jan16 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
どう考えても、磨き粉で取れるレベルの錆びでは無いので、この荒研ぎ用120番と220番が一緒になった砥石をメインで使い、今日は、出刃包丁の錆落としをしました。



画像
5時間ほど砥石で擦り、このようになりました。
この写真では分かりませんが、まだ取り切れていない錆びがあります。



画像
メインで使った砥石は、普段は、ほぼ使う事がないので、新品に近い状態だったのですが、ここまで減ってしまいました。

まだ錆落としが完全に終わっておらず、研ぐと言う事も考えると終わるまでにまだ結構な時間が掛かりそうです。



関連記事
錆びてボロボロの出刃包丁を手に入れてしまった

包丁の研ぎ方(出刃包丁)

出刃包丁の錆び取り(その2)

出刃包丁の錆び取り(その3)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント