この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

Excelで関数を使い、自動で祝日が入力されるようにする(勤務表の作り方、その7)

Excelで関数を使い、自動で残業時間が計算されるようにする(勤務表の作り方、その6)では、自動で残業時間が入力され、更にその月の残業時間の合計が計算されるようにまでしました。

次は、基準となる年月日を入力するだけで、備考として、祝日(春分の日、秋分の日、国民の休日以外)が、自動で入力されるようにしたいと思います。



画像
下で説明している事をすると、この画像のように、セルのA1に年月日を入力するだけで、備考の所に祝日が入力されます。



セルへの入力方法
セルのA1の年月日を基準としている為、下の入力方法の場合は、セルのA1に年月日を入力しておく必要があります。
基準となる年月日を他のセルにしたい場合は、下のA1となっている所を該当するセルの番号に変えます。


セルのH4=IF(L4=1,"元旦","")
セルのH5=IF(M5=2,"振替休日","")
セルのH6=IF(J4=5,"憲法記念日",IF(J4=11,"文化の日",""))
セルのH7=IF(J4=5,"みどりの日",IF(N6=11,"振替休日",""))
セルのH8=IF(J4=5,"こどもの日","")
セルのH9=IF(N9=5,"振替休日","")
セルのH11=IF(M11=13,"成人の日",IF(M11=22,"体育の日",""))
セルのH12=IF(M12=13,"成人の日",IF(M12=22,"体育の日",""))
セルのH13=IF(M13=13,"成人の日",IF(M13=22,"体育の日",""))
セルのH14=IF(M14=13,"成人の日",IF(J4=2,"建国記念日",IF(J4=8,"山の日",IF(M14=22,"体育の日",""))))
セルのH15=IF(M15=13,"成人の日",IF(N14=2,"振替休日",IF(O14=9,"振替休日",IF(M15=22,"体育の日",""))))
セルのH16=IF(M16=13,"成人の日",IF(M16=22,"体育の日",""))
セルのH17=IF(M17=13,"成人の日",IF(M17=22,"体育の日",""))
セルのH18=IF(M18=19,"海の日",IF(M18=21,"敬老の日",""))
セルのH19=IF(M19=19,"海の日",IF(M19=21,"敬老の日",""))
セルのH20=IF(M20=19,"海の日",IF(M20=21,"敬老の日",""))
セルのH21=IF(M21=19,"海の日",IF(M21=21,"敬老の日",""))
セルのH22=IF(M22=19,"海の日",IF(M22=21,"敬老の日",""))
セルのH23=IF(M23=19,"海の日",IF(M23=21,"敬老の日",""))
セルのH24=IF(M24=19,"海の日",IF(M24=21,"敬老の日",""))
セルのH26=IF(J4=11,"勤労感謝の日",IF(J4=12,"天皇誕生日",""))
セルのH27=IF(N26=11,"振替休日",IF(N26=12,"振替休日",""))
セルのH32=IF(J4=4,"昭和の日","")
セルのH33=IF(N32=4,"振替休日","")



セルのJ4=MONTH(A1)



セルのK4=IF(B4="日",1,0)
セルのK5=IF(B5="日",1,0)
セルのK6=IF(B6="日",1,0)
セルのK7=IF(B7="日",1,0)
セルのK8=IF(B8="日",1,0)
セルのK9=IF(B9="日",1,0)
セルのK10=IF(B10="日",1,0)
セルのK11=IF(B11="日",1,0)
セルのK12=IF(B12="日",1,0)
セルのK13=IF(B13="日",1,0)
セルのK14=IF(B14="日",1,0)
セルのK15=IF(B15="日",1,0)
セルのK16=IF(B16="日",1,0)
セルのK17=IF(B17="日",1,0)
セルのK18=IF(B18="日",1,0)
セルのK19=IF(B19="日",1,0)
セルのK20=IF(B20="日",1,0)
セルのK21=IF(B21="日",1,0)
セルのK22=IF(B22="日",1,0)
セルのK23=IF(B23="日",1,0)
セルのK24=IF(B24="日",1,0)
セルのK25=IF(B25="日",1,0)
セルのK26=IF(B26="日",1,0)
セルのK27=IF(B27="日",1,0)
セルのK28=IF(B28="日",1,0)
セルのK29=IF(B29="日",1,0)
セルのK30=IF(B30="日",1,0)
セルのK31=IF(B31="日",1,0)
セルのK32=IF(B32="日",1,0)
セルのK33=IF(B33="日",1,0)
セルのK34=IF(B34="日",1,0)



セルのL4=IF(J4=1,1,0)
セルのL11=IF(B11="月",12,0)
セルのL12=IF(B12="月",12,0)
セルのL13=IF(B13="月",12,0)
セルのL14=IF(B14="月",12,0)
セルのL15=IF(B15="月",12,0)
セルのL16=IF(B16="月",12,0)
セルのL17=IF(B17="月",12,0)
セルのL18=IF(B18="月",12,0)
セルのL19=IF(B19="月",12,0)
セルのL20=IF(B20="月",12,0)
セルのL21=IF(B21="月",12,0)
セルのL22=IF(B22="月",12,0)
セルのL23=IF(B23="月",12,0)
セルのL24=IF(B24="月",12,0)



セルのM6=J4*K6
セルのM7=J4*K7
セルのM8=J4*K8
セルのM11=SUM(J4,L11)
セルのM12=SUM(J4,L12)
セルのM13=SUM(J4,L13)
セルのM14=SUM(J4,L14)
セルのM15=SUM(J4,L15)
セルのM16=SUM(J4,L16)
セルのM17=SUM(J4,L17)
セルのM18=SUM(J4,L18)
セルのM19=SUM(J4,L19)
セルのM20=SUM(J4,L20)
セルのM21=SUM(J4,L21)
セルのM22=SUM(J4,L22)
セルのM23=SUM(J4,L23)
セルのM24=SUM(J4,L24)



セルのN6=J4*K6
セルのN9=SUM(M6:M8)
セルのN14=J4*K14
セルのN26=J4*K26
セルのN32=J4*K32



セルのO14=SUM(J4,K14)



普段は、必要なセルを隠す
祝日を自動で入力する為に数式を入力したセルは、普段は表示する必要は無いと思います。
普段は、表示する必要の無いセルがある場合は、下のようにして隠すようにしています。(入力した内容自体は残っている状態になります)



画像
この画像のように、該当する縦の列を選択します。



画像
そして、セルの幅を調整する要領で、幅を0.00にします。



画像
するとこのようになり、普段は、表示する必要の無いセルを隠すことが出来ます。
再び表示させたい時は、 「I」 と 「P」 の間が二重線になっていると思いますが、これがセルを隠している所です。
この二重線になっている所にマウスポインターを乗せ、ダブルクリックすると隠したセルが再び現れます。



関連記事
Excelで関数を使い、自動で日付を入力されるようにする(勤務表の作り方、その1)

Excelで関数を使い、自動で曜日を入力されるようにする(勤務表の作り方、その2)

Excelで関数を使い、自動で定時の出社や退社時間を入力されるようにする(勤務表の作り方、その3)

Excelで関数を使い、自動で労働時間を入力されるようにする(勤務表の作り方、その4)

Excelで関数を使い、自動で労働時間を合計されるようにする(勤務表の作り方、その5)

Excelで関数を使い、自動で残業時間が計算されるようにする(勤務表の作り方、その6)

Excelで関数を使い、祝日の出退社時間が自動で空白になるようにする(勤務表の作り方、その8)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント