この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

無線式のキーボードのメリット、デメリット

キーボードには、有線式と無線式があり、無線式のキーボードは、LogicoolのK270というキーボードを使っています。
無線式のキーボードを実際に使ってみると、メリットやデメリットも見えてくるのですが、私の場合は、下のような感じがあります。



メリット
●無線式は、有線式のようにコードが無い為、コードが邪魔になることが無い(設置時に配線の手間が掛からない)

●レシーバーから結構離れていても、PCのキーボード操作が可能な為、(LogicoolのK270で最大10m)PC本体の設置場所の自由度が高くなる

●コードが無いので、掃除の時など一時的な場所移動がし易い

●一時的に操作体勢や操作場所を変えたい時に、コードが無い為、キーボードの設置場所を変えやすい

●PCの電源を入れたままでもキーボードの掃除がし易い


私の場合、無線式のキーボードを使う時は、普段はキーボードを机の上に置き、キーボードを使っていますが、メモ書きなどをしたいなどの理由で一時的に床やヒザの上に置いてキーボードを使う事があります。
また、無線式のキーボードを使っているPCは、設置場所の都合で、PC本体は、少し離れた場所に設置しており、有線式だとコードが長くなり、コードがかなり邪魔になってしまうという状況になってしまいますが、無線式なので、そういった問題も解決出来ています。

そして、無線式のキーボードは、ON、OFFのスイッチがある為、キーボード本体のスイッチをOFF(するかPC本体に挿しているレシーバーを抜くかすれば)にしていれば、PC本体は反応しないので、PCの電源を入れたままキーボードの掃除ができます。



デメリット
●乾電池式の場合は、適時電池交換が必要

●充電式の場合は、適時充電が必要

●OSのインストール時に、PCが上手く認識しないことがある。


無線式のキーボードは、電池が無くなれば、電池交換や充電式の場合は充電が必要ですが、LogicoolのK270の場合は、それほど頻繁に電池交換は必要ありません。(電池の持ちが良いキーボードを選べば、結構電池は持ちます)
また、私は、キーボードを掃除する時以外は、キーボードのスイッチを常にONの状態(24時間ONの状態)にしていますが、私の使い方でLogicoolのK270に入れた電池は、1年以上電池切れにはなりません。

そして、Windows7のインストール時にPC本体のUSB3.0ポートにレシーバーを接続していると、PCがレシーバーを認識せず、キーボード操作ができなくなることがあります。
恐らく、Windows7にUSB3.0のドライバが標準で無いのが原因だと思いますが、USB3.0のドライバを標準で搭載しているOSをインストールする場合は、USB3.0に接続しても問題無くレシーバーを認識すると思います。(USB2.0にレシーバーを接続すると、OSのインストール時もレシーバーを問題無く認識しています)

ただ、PCがレシーバーを上手く認識しないなど何か問題が発生した時には、有線式のキーボードが1つあると便利かもしれません。



LogicoolのK270

画像画像
私の使っているLogicoolのK270というキーボードのパッケージの裏にはこのような記載があり、電池は、最大で2年持つようです。

ですが、無線式のマウスの電池が無くなった時点で、LogicoolのK270に使っている電池をマウスに使い、LogicoolのK270には新しい電池を入れるという風にしているので、1年程度で電池交換をしています。

その電池交換時に、LogicoolのK270にそれまで使っていた電池を電池チェッカーで電池をチェックしてみると、残量は新品の時とほぼ同じ状態です。(電池チェッカーは目安でしか無いので、あまり、あてにはなりませんが、おおよその目安にはなります)



画像
レシーバーは、一緒に写っている電池(単4)と比較すると大きさが分かりやすいと思います。
電池は、単4電池が2本必要ですが、無線マウスも単4電池が2本必要なマウスを選ぶようにしています。



画像
ランプは、CapsLockのランプしかなく、 NumLock と ScrollLock のランプはありません。(恐らく、電池消耗を抑えるというのと、製造コストを抑えるという目的があるのだと思います)



LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270
ロジクール
2011-04-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
安かった時は1000円でおつりがあったという記憶があるのですが、今見てみると、1000円では買えなくなっていました。

個人的には、十分使えると思えるキーボードなので、取りあえずキーボードがあれば良いかという人ならこのキーボードは、お勧めです。



関連記事
無線式のマウスのメリット、デメリット

無線マウスの動作距離が短くなってしまいました。(解決済)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント