この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ノートPC(DELL INSPIRON 1501)にDell Resource CDのインストール

画像
自作PCが完成したので不要なノートPCは、ネットオークションで売ることに。で書いた通り、要らないノートPCが増えてきたので、ネットオークションで売却して処分しようかと検討中ですが、その前にOSのインストールなどを試したので、この記事では、ノートPC(DELL INSPIRON 1501)にDell Resource CD(ドライバなどをインストールする為のソフト)をインストールした時の事について書いておきたいと思います。



■ Dell Resource CDのインストール

画像
Dell Resource CDのインストールには、 「DRIVERS AND UTILITIES」 と書かれているディスクを使い、下のような感じでインストールしました。

Dell Resource CDをインストールしなくても、ドライバなどのインストールは可能だと思いますが、インストールが必要なドライバなどがリストとして出てくるのでDell Resource CDをインストールした方が楽だと思います。



画像
DRIVERS AND UTILITIES」 と書かれているディスクを、ノートPC(DELL INSPIRON 1501)のDVDドライブに入れると、このような画面が表示されるので、 「OK」 をクリックします。



画像
次へ」 をクリックします。



画像
インストール」 をクリックします。



画像
すると、この画面に切り替わり、インストール作業が始まります。



画像
完了」 をクリックします。



画像
すると、この画面が表示されるので、 「次へ」 をクリックします。



画像
そして、次に、この画面が表示され、ノートPC(DELL INSPIRON 1501)にインストールが必要なドライバなどがリストとして出てきます。

この画面のリストをクリックする事で、「DRIVERS AND UTILITIES」 と書かれているディスクからドライバのインストールを行う事が出来るようになっています。(全自動でインストールされるのかと思ったら、手動インストールでした)


ただ、 「DRIVERS AND UTILITIES」 と書かれているディスクに、収録されているディスプレイドライバでは、エラーがでて、ディスプレイドライバがどうしてもインストール出来ず、DELLのホームページからディスプレイドライバをダウンロードし、そのダウンロードしたディスプレイドライバを使い、ディスプレイドライバのインストールをしました。

また、注意点として、このリストは、インストールしている、インストールしていないに関わらず、インストールできるものは全てリストとして出てくるようです。
そして、インストールを進めていくと、リストの並び順が急に変わるという事が発生しました。

なので、インストールしたものは、メモを取るなりして、何処までインストールしたのかを把握出来るようにしておいた方が良いと思います。(メモを取るなりしておかないと、後で何処までインストールしたか分からなくなり余計な手間が掛かることになります。。。)



■ Dell Resource CDの2回目以降の起動

画像
ドライバなどのインストールが終われば、都度、再起動を促す画面が表示され、ノートPC(DELL INSPIRON 1501)を再起動をしましたが、その際、私は、ディスクをDVDドライブに入れっぱなしで、ノートPC(DELL INSPIRON 1501)の再起動をしました。

そして、再起動後に、Dell Resource CDを立ち上げるには、 「スタートボタン」  「すべてのプログラム」  「Dell Accessories」  「Dell Resource CD」 という手順でDell Resource CDを起動しました。



関連記事
自作PCが完成したので不要なノートPCは、ネットオークションで売ることに。

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント