この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

自作PCの組み立てで、PCケースに内蔵DVDドライブの取り付け

自作PCの組み立てに使うDVDドライブ(IODATA DVR-S24ET3)を購入で、自作PCを組み立てる為に、内蔵DVDドライブを購入したことを書きましたが、DVDドライブを使用する為にDVDドライブをPCケースに取り付けする必要があります。

DVDドライブは、電子部品が金属で覆われている為、静電気で壊れるという事は無いと思いますが、ケーブルの接続作業でマザーボードなどに触れると思います。(内蔵DVDドライブを買うと、静電気対策袋に入っているのは、恐らく、ケーブルを接続する端子から静電気が侵入し、故障するのを防ぐ為だと思います)
マザーボードなどのPCパーツは、静電気で壊れる為、PCパーツを取り扱う時は、静電気対策が必要です。(下に敷いている緑色のマットは、静電気対策用のアースを取った導電マットです)



PCケース(ENERMAX ECA3252-B)にDVDドライブの取り付け

画像
PCケース(ENERMAX ECA3252-B)に、内蔵DVDドライブなどの光学ドライブを取り付けする場合は、PCケースの説明書の前面のパネルの外し方に従い、このようにPCケースの前面のパネルを外します。
(写真では、撮影の為、PCケースの背面が床に接していますが、DVDドライブの取り付け時は、PCケースに足が付いている面を机に接する状態で作業しました)
また、PCケースの左右のサイドパネルも、外しておきます。



画像画像
そして、DVDドライブ本体などのネジ穴に突起を引っかけ、DVDドライブなどを固定する物の突起が邪魔になり、DVDドライブをPCケースの設置場所に入れる事が出来ないので、写真のつまみをOPENの矢印の方向に回し、



画像画像
このように、左右とも一旦外します。(DVDドライブを取り付けようと思う所を外します)



画像画像
次に、PCケースの前面からDVDドライブを差し込みます。

また、今回は、PCケースの5インチベイが4つある内の最上段にDVDドライブを取り付けしましたが、ENERMAXのECA3252-Bには、DVDドライブなどが入る所の下に支えがある為、固定前のDVDドライブの前後の調整はできますが、DVDドライブの固定前に手を放してもDVDドライブが下に落ちると言う事はありません。



画像画像
そして、ネジ止めでの固定も出来ましたが、DVDドライブの取り付け、取り外しが簡単になるので、これを使う事にしました。

使い方は、写真のように突起があるのが分かると思いますが、この突起を(摘まみが縦の方向になった状態で)ネジ穴に入れ、最後にLOCKの方向に摘まみを回し、摘まみを横方向にしたらPCケースへのDVDドライブの取り付けは完了ですが、次は、PCケースに前面に付いていたパネルを元あったように戻す必要があります。



PCケース(ENERMAX ECA3252-B)の前面のパネルの取り付け

画像
これは、PCケース(ENERMAX ECA3252-B)の前面のパネルの裏側ですが、DVDドライブなどを取り付けする所が、左右の2つの爪で引っ掛かっており、この爪を同時に内側に指で押さえることで外す事が出来るので、DVDドライブなどを設置した所を外します。



画像
そして、PCケースの前面のパネルをDVDドライブがある所を取り外した後に、前面のパネルをPCケースに再び取り付け、DVDドライブの取り付けが完了しました。

ただ、PCケースにDVDドライブを取り付けただけでは、DVDドライブは動かないので、次は、電力供給用のケーブルとデータ用のケーブルを接続する必要があります。



ネジ止めでDVDドライブを固定しているPCケース

画像画像
左側の写真は、DVDドライブなどを取り付けする5インチベイが、ネジ止めにしか対応していないPCケースの写真です。(このPCケースは、最低でも1本目のネジを仮止めするまでは、DVDドライブを手で保持しておかないと、下にDVDドライブが落下します

右側の写真のDVDドライブの側面を見て頂けると、4カ所ネジ穴があるのが分かると思います。
このネジ穴は、DVDドライブの左右の側面に同じようにあり、合計で8カ所のネジ穴があるのですが、DVDドライブをPCケースに固定する為に、通常は、この見えている4カ所(計8カ所)全てネジ止めするのでは無く、片側で2カ所ネジ止めし、合計で4カ所ネジ止めします。

つまり、ネジ止めでDVDドライブを固定する場合、片側で2カ所固定で、DVDドライブをPCケースに1台固定するのに、4本のネジを使う事になります。(8本で締めても構いませんが、余計な手間が掛かるだけです)

上のように4カ所をネジで適切なトルクで固定していれば、PC本体を落とすなどしないと言う条件下の中では、引っ越しや宅配業者などを利用しての輸送にも十分耐えられる固定力があります。

ただ、プラスチックの固定具で固定する方法については、宅配業者を利用して輸送した所、PCが宅配業者から到着後に、PCの内部を確認してからPCの起動をさせようと思い、PCの内部を確認した所、プラスチックの固定具の突起が折れていたことがあります。

発送前に確認して折れていなかった物が折れていたので、宅配業者に電話で経緯を確認した所、輸送中に落としたとの事で、(梱包した段ボールには変形などは無かった)落としてしまった事が原因で固定具の突起が折れてしまったようです。
この事から、輸送すると言った場合には、一旦ネジ止めに変更して輸送する方が無難かもしれません。(又は、輸送する可能性がある場合は、最初からネジ止めにしておいた方が良いかもしれません)



関連記事
自作PCの組み立てに使うDVDドライブ(IODATA DVR-S24ET3)を購入

PCケースにDVDドライブを取り付け後のケーブルの接続

自作PCが完成しました。

CPU(Core i3-6300)の購入とマザーボードへの取り付け

メモリ(CFD W4U2133PS-4G)の購入とマザーボードへの取り付け

CPUクーラー(Scythe 虎徹 SCKTT-1000)の購入と取り付け

PCケース(ENERMAX ECA3252-B)を購入

14cmFAN(Ainex CFY-140SA)の購入と取り付け

3.5インチの内蔵ハードディスクの取り付け

PC本体の内部のケーブルの取り回し色々と考えた結果

PC組立時や内蔵HDDなどの電子部品取扱時の静電気対策(簡単なまとめ)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント