この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

Windows10の回復ドライブの作成方法

Windows10の回復パーティションの削除方法で書いた通りなのですが、先日、回復パーティションの削除をしました。

その関係で、回復パーティションの削除をする前に、もしもの時に備えて、回復ドライブの作成をしておく事にしました。

また、回復ドライブを作成する際には、USBメモリなどが必要ですが、回復ドライブに使う記録メディアは、回復ドライブの作成時にフォーマットされるので、入っているデータは全て消えます。
その為、必要なデータが入ったUSBメモリなどを使う場合は、回復ドライブの作成前に他へデータを移動させるなりする必要があります。

そして、複数のUSBメモリなどの記録メディアを繋いでいると、間違った記録メディアを選んでしまって必要なデータを消してしまう原因になってしまうので、回復ドライブを作成する時は、回復ドライブを作成する為の記録メディア(USBメモリやSDカードなど)のみをPCに接続するようにしておいた方が良いと思います。

また、回復ドライブの作成時には、あらかじめUSBメモリなどの回復ドライブの作成に必要な記録メディアをPCに接続しておかないと、回復ドライブの作成は出来ません。(8GB以上のUSBメモリなどの記録メディアが必要なようで、私は16GBのSDカードで回復ドライブを作成しました)



■ 回復パーティションを削除すると、回復ドライブが作成出来ない

画像
回復パーティションの削除後に、回復ドライブの作成をしようと試した所、この画像のメッセージが出て、回復ドライブの作成が出来ませんでした。
どうやら、回復パーティションを削除してしまうと、回復ドライブが作成出来ないようです。



■ Windows10の回復ドライブの作成画面の開き方(コントロールパネルの表示方法がカテゴリの場合)

画像
左下にある 「スタートボタンを右クリック」 し、 「コントロールパネル」 をクリックします。



画像
問題の発見と解決」 をクリックします。



画像
左下にある、 「回復」 をクリックします。



画像
回復ドライブの作成」 をクリックします。



画像
はい」 をクリックします。



画像
すると、回復ドライブの作成画面が開きます。



■ Windows10の回復ドライブの作成画面の開き方
               (コントロールパネルの表示方法が大きいアイコン、小さいアイコンの場合)


画像
左下にある 「スタートボタンを右クリック」 し、 「コントロールパネル」 をクリックします。



画像
回復」 をクリックします。




画像
回復ドライブの作成」 をクリックします。



画像
はい」 をクリックします。



画像
すると、回復ドライブの作成画面が開きます。



■ Windows10の回復ドライブの作成方法

画像
次へ」 をクリックします。



画像
すると、しばらく、この画面が表示され、



画像
回復ドライブに使うドライブを選択し、 「次へ」 をクリックします。



画像
作成」 をクリックします。



画像
すると、ディスクがフォーマットされ、回復ドライブの作成作業が始まります。



画像
回復ドライブの作成が完了すると、この画面に変わるので、 「完了」 をクリックします。



■ 回復ドライブの作成に失敗する

画像
使ったSDカードは、恐らく正常なのですが、このようなメッセージが出て回復ドライブの作成に何度か失敗しました。
ほぼ新品のSDカードを使いましたし、試しにデータを書き込んでみてもエラーが出たり、データが壊れるという事も無く、恐らく正常だろうという状況だったのですが、回復ドライブの作成に何度か失敗しました。

対処として、私は、デジタルカメラ(Canon EOS Kiss X4)に物理フォーマットという機能があり、恐らく、PCで言う完全フォーマットに該当するものだと思いますが、物理フォーマット後に回復ドライブの作成をした所、無事に回復ドライブの作成が出来ました。



画像
また、デジタルカメラで物理フォーマットをする前に、PCでクイックフォーマット(FAT32でフォーマット)をしましたが、効果無しでした。

どうやら、回復ドライブの作成に失敗する場合、クイックフォーマットのチェックを外した上でフォーマットし、フォーマット後に回復ドライブを作成作業をすると、上手くいく場合もあるようですが、PCで完全フォーマットをするよりも、デジタルカメラで完全フォーマットする方が、短時間でフォーマットが完了するので(10秒程度)、今回はデジタルカメラでフォーマットをしました。(所有しているデジタルカメラやテレビなどに完全フォーマットの機能が無ければ、PCで完全フォーマットする必要がありますが、時間が掛かります。。。)



関連記事
Windows10の回復パーティションの削除方法

使用していた 「外付けハードディスク」 や 「USBメモリ」 などの再フォーマット手順(Windows7)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント