この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

Windows10の高速スタートアップの無効化

先日、Windows10 Proの機能を使い、RAID1(ミラーリング)を構築した所、メインで使っているPCをWindows10にアップグレード後に毎回再同期されるで書いたように、PCの再起動やPCをシャットダウンし、PC本体の電源ボタンを押してPCを起動すると、再同期が掛かるようになってしまいました。

PCの再起動や起動の度に、再同期がかかっていた原因として、複数の原因が重なっていたようですが、その一つとして、 「Windows10の高速スタートアップ」 が有効になっていたのも原因の1つだったようです。
その為、高速スタートアップの無効化をしました。

また、高速スタートアップは、特に理由が無ければ、無効化する必要も無く、有効のままで良いと思います。



■ 高速スタートアップの無効化

画像
左下にある 「スタートボタンを右クリック」 し、 「電源オプション」 をクリックします。



画像
電源ボタンの動作の選択」 をクリックします。



画像
現在利用可能でない設定を変更します」 をクリックします。



画像
すると、グレーアウトして変更できなかった項目が変更可能になるので、 「高速スタートアップを有効にする」 のチェックを外し、 「変更の保存」 をクリックしたら、高速スタートアップの無効化の設定は完了です。



関連記事
メインで使っているPCをWindows10にアップグレード後に毎回再同期される

Windowsの機能を使ってRAID1(ミラーリング)を構築

Windows10で休止状態を使えるようにする設定方法

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント