この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

アパートの上階からゴミや通常では考えられないような物が落ちてくる

やった事を認める気も謝る気も無いようなので、注意喚起として、こちらの記事で社名などを公開させて頂きました。

どうやらアパートの管理会社(大手不動産会社)は、さじを投げたようです。で書いたように、私の借りているアパートの号室の上階(真上)の方は、法人契約をしているようで、長距離バス会社が契約し、使っているようです。(落ちてきているゴミの中に法人名の上階の宛先になった送り状も落ちてきているので間違え無いと思います)

また、名目上は事務所として借りているようですが、お酒の空き缶なども落ちてきている事などから、実際は一時休憩場所としても使っているようで、24時間出入りしているように思います。(実際に22時や23時に扉を開けて出入りしているのも見ています)





■ 長距離バス会社の回答

どうやらアパートの管理会社(大手不動産会社)は、さじを投げたようです。で書いたように、アパートの管理会社(大手不動産会社)の担当者がいつも休みなどで居なく、アパートの管理会社(大手不動産会社)の事情を全く知らない方が、上階の長距離バス会社の方に電話をして回答を聞いてくれました。

まず、前提として、アパートの管理会社(大手不動産会社)の担当者から上階を使用している長距離バス会社の本社に電話して貰った所、長距離バス会社の方が 「ゴミを置いてる事は一切無いと言ってます。そのような報告を受けております」 と言われたそうです。

その為、どうやらアパートの管理会社(大手不動産会社)は、さじを投げたようです。で書いたように、長距離バス会社のベランダにゴミが置いてあるのが写っている写真などを長距離バス会社の要望で提出する流れとなりました。

今までも夜の1時に掃除機をかけるなどあったので、アパートの管理会社(大手不動産会社)に相談していましたが、私が夜に明らかに扉を開けて出入りしているのを目撃しているにも関わらず、 「夜は誰も居ない」 といった明らかな嘘を言うといった状態だったので、まともな回答は無いと考え、これで問題が解決するとは一切思っていませんでした。


そして、長距離バス会社からの回答は矛盾する内容のものでした。

そのアパートの管理会社(大手不動産会社)の事情を全く知らない方の話によると、長距離バス会社の回答の内容は、「ゴミを捨ててた事実は無い」、「落ちてくるのであればその時に来て見て貰えれば分かる」 と言われたそうです。

今もベランダにゴミがある事をアパートの管理会社(大手不動産会社)に言うと 「そう言うことはしていませんので」、「現に置いてるんであれば見に来てくれ」、「やりもしていない事を言われるのは心外なんで実際に見てくれ、うちは対応させて貰う」、「いっぺん顔を出して欲しい」、「風で飛んだかは分かりませんけども」、「お話は会社を通してさしてもらう」、「昼間しか居ない」、「ちゃんと会社として対応させて貰う」 と言った事もアパートの管理会社(大手不動産会社)を通して電話で聞きました。

ですが、矛盾している回答だと思います。
矛盾していると思うのは、実際にゴミをベランダに置いていないのであれば、 「風で飛んだかは分かりませんけども」 なんて言葉は出てこないハズです。

また、ベランダ側でゴミが落ちてくるという話だったハズで、 「ゴミを捨ててた事実は無い」 というのは私にとってはです。
長距離バス会社の方が来てから、玄関側の共有スペースの通路にもゴミが良く落ちている状況で、恐らく犯人は、長距離バス会社の方だと思いますが、思い当たる節がありすぎて、回答が2転3転しているように思います。

現にアパートの管理会社(大手不動産会社)に、誰から苦情が来ているのか聞かれた事があるようで、そんな事は、いちいち聞かなくても少し考えれば普通はある程度分かるハズです。
ですが、思い当たる節が多ければ、どのことか分からず、誰が言っているのか分からないという状態に陥ります。

恐らく、この辺りで言い方が、2転3転しているのでは無いかと思います。

また、アパートの管理会社(大手不動産会社)の方と話を進めていくと、私に対し、 「双方言ってる事が違うから判断しようが無い」、「常時写真を確保しているのか」、「一方に肩入れする事にはいかんので」、「起こった事は起こったで事実なんで、無い事は無い事で事実なんで、それはちょっとこっちも常時見ているわけではないんで」 と言ってみたり、 「直接話には行かんのですか」 と言い、自分で直接行って欲しいアピールをしてきました。



管理会社も長距離バス会社の方がベランダに置いている物がゴミだと認めた上での写真提出だったので、その事を言うと、自分で言いに行けと言わんばかりに、この様な口調で管理会社(大手不動産会社)に言われました。

また、写真の提出をしたのは、出来るだけ丸く収める為であり、自分で苦情を直接言いに行く為ではありません。
自分で苦情を直接言いに行くのであれば、わざわざ私がアパートの管理会社(大手不動産会社)までの郵送料やCD-R代を負担し、写真を提出した意味が無いように思います。(アパートの管理会社が客観的に情報を判断出来るように提出した写真などの為)

そして、上のような回答だったので、長距離バス会社の号室に自分行ったとしても、到底ちゃんとした対応をして貰えるとは思えず、また、落ちてきたゴミを持って行ったとしても自分達のゴミと認めるとは到底思えず、その事をアパートの管理会社(大手不動産会社)に言うと、アパートの管理会社(大手不動産会社)の方は、 「やってない事を言うんでしょうね」 と言いました。

また、長距離バス会社の方の回答を考えると、私が直接行く事で、余計にもめる原因になるだけのように思います。





■ 火の付いた紙が落ちてきたようです

私が直接見たわけでは無いですが、アパートの管理会社(大手不動産会社)の話によると、同じアパートの他の住人の方から私の号室の上階(長距離バス会社が借りている号室のベランダ)から火の付いた紙が落ちてきていたという苦情があったようです。

そして、その事について管理会社から聞かれ、聞かれた時は、かなり期間が(4ヶ月以上)経過してから聞かれたので直ぐには思い出せませんでしたが、ベランダに燃え尽きた紙が落ちていた事があったので、その事はアパートの管理会社(大手不動産会社)に伝えました。

長距離バス会社の方の今までの行動や私の所のベランダに燃え尽きた紙が落ちていた状況から考えると、この情報は正確な情報だと思います。

また、水が落ちてくると言う事もあり、紙などをベランダで燃やして消火の為に水を撒き、その一部の水が上階から落ちてきているのかなと考えています。

物を燃やして消火の為に水を撒いていると言う実感があるのは、ベランダの辺りが異常に焦げ臭い時があるのです。

そして、魚や肉、野菜と言った物を、加熱しすぎて焦がした時の臭いでは無く、紙などを燃やした時の臭いです。(タバコの煙の臭いでも無い)

また、ベランダの反対側にある玄関側に出るとそういった焦げ臭い臭いが無い事が多く、そして、ベランダの向かいには民家があり、その民家を隔てて道路があるのですが、その道路まで行ってみても焦げ臭い臭いが無いという事が多いです。

勘違いだと良いのですが、 「ベランダの辺りだけが焦げ臭い」 か 「ベランダの辺りが一番焦げ臭い」 という状況です。

そして、今回、管理会社(大手不動産会社)を通して、写真を提出する際、火事になるような事をしている件についても管理会社から強く言わせて貰うとの事でしたが、実現していません。





■ 火の始末が悪いように感じる

灯油缶 (18L) ブルー ポリタンク ポリ缶 灯油用のポリタンク 信頼の国産メーカー製 【5個まで送料1個口】 【RCP】
カー用品・日用品のホームセンター
日本ポリエチレンブロー製品工業会推奨 JBA(化学物質評価研究機構)検査確認済 商品名 灯油用ポリエ
エムケー ホースポンプ HP-06WR[灯油ポンプ]
ケンコーコム
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。商品説明「エムケー ホースポンプ HP-0
上で書いた事も火の始末が悪いと感じる理由なのですが、それ以外にも火の始末が悪いと感じる事があります。

それは、上のような灯油用のポリタンクに蓋は一切取り付けせず、手動式のポンプをタンクの口に刺したままでベランダに放置という状態になっています。

また、この状態の写真もアパートの管理会社と長距離バス会社に渡していますいますが、未だに改善されない状況です。(暗がりでわかりにくいですが、【閲覧注意】 借りているアパートの上階から2016年5月に落ちてきたゴミにその写真を載せています)

そして、冬場、灯油を使おうとして、灯油をこぼしたのかベランダが灯油臭い状態になっていました。

また、アパートの管理会社(大手不動産会社)を通して、蓋を付けてちゃんと管理して欲しい事も伝えましたが、一切改善される気配がありません。(現在は灯油の臭いはしていませんが、中身があるか不明で、現在も同じ状態で放置してある状態)

そして、灯油禁止のアパートだとアパートの管理会社(大手不動産会社)から入居時に聞いていたので、灯油が使えるようになったのかをアパートの管理会社(大手不動産会社)聞いた所、やはり使用禁止との事でした。

外の見える所でこの様な状態なので、見えない建物の中ではもっと火の扱いが悪い事をやっていそうな気がしてなりません。

例えば、火を付けたまま、暖房器具に灯油を給油すると言った事をしていそうです。(火の付いている暖房器具に灯油をこぼし、一気に燃え広がるという事故も考えられます)

ちゃんと管理して灯油を使って貰えれば、灯油禁止の建物であっても、私としては、特に何も言う事も無いのですが、このような事をされると、火事になりかねないので、苦情を出さないと仕方ないと思います。

また、今までの長距離バス会社の方の行動を見ていると、通常では考えつかないような事に灯油を使っている可能性もあり、火事になりそうで怖いです。





■ 引っ越し出来ない理由がある

経済的理由云々の前に、長距離バス会社が借りている号室の隣に、お年寄りが住まれています。
また、上で書いた状況なので、火事になる可能性は高いと考えています。

そして、介護サービスの車がアパートの敷地内に停まっているのを見ており、そのお年寄りが住まれている号室に出入りしているのも見ています。

そのお年寄りとは、会えば挨拶をする程度ですが、そのお年寄りの足の状態として、階段は何とか登れるけど、早くは歩けないと言った具合のようです。

火事になる可能性が高い事や足の悪いお年寄りが居るという事を知りつつ、引っ越すと言う事は、もし火事になって、そのお年寄りが逃げられずに亡くなられるという事がもしあれば、見殺しと同じ事だと思うので、本来、問題解決を早期にしたいのなら、引っ越すのが一番早いのかもしれませんが、上のような状況なのでそうもいきません。

また、お年寄りの経済状況も分からないので、この事を言って引っ越しできるような経済状況の方なら良いのですが、引っ越すだけの経済状況で無い場合、逆に不安を煽る結果になってしまうので、言わない方が良いのでは無いかという結論に至りました。





■ IPカメラを設置しました

上で書いたような状況なので、いつ火事になっても、おかしくない状況だと思います。
また、仮に火事になったとしても、長距離バス会社の方の今までの行動を見ていると、到底、他の人を助けに行くという事をするとは思えません。

そして、個人的には、火事にした当人は、他の号室に火事になった事すら伝えずに逃げてしまうような気がしています。
その為、出来る限り、自宅には居るようにし、火事に気が付き、可能であれば、お年寄りの号室まで助けに行くつもりですが、実家に戻ったりしなければならない事もあるので、常時自宅に居ると言う事は事実上不可能です。

ですが、自宅にIPカメラを設置し、外出先でもネットに接続できる環境にさえあれば自宅の状況を確認できるのでIPカメラを2台自宅に設置しました。(火事に気が付けば、消防への通報とお年寄りが居る事とお年寄りが住まわれている号室を伝えるつもりです)





■ 家主(大家)さんに電話してみました

年明けに連絡すると言って3ヶ月以上待っても連絡がアパートの管理会社(大手不動産会社)から無いなど、アパートの管理会社(大手不動産会社)がちゃんと対応しているような気が全くしないので、家主さんとアパートの管理会社(大手不動産会社)との間で、アパートの管理会社(大手不動産会社)がどこまでの対応を家主さんから任されているのか確認する為に、家主さんに電話してみました。

そして、その対応は、聞こえているにも関わらず、 「聞こえない」 などと言い電話を切ると言った対応でした。
何故、聞こえていると思ったのかを書きますと、下の様なやりとりがあったからです。


私は、契約書に書かれている家主さんの電場番号へ電話をしました。
電話が繋がり、名乗った上で話をしようとするのですが、聞こえないと言って電話を一方的に切られてしまいました。

私としては、アパートの管理会社(大手不動産会社)がどこまでの対応を家主さんから任されているのか確認し、上で書いた様な苦情の対応も任されているのなら、家主さんからもちゃんと対応して欲しい事を言って欲しい事を伝えたくて電話しているだけで、それ以上を求める事はする気は無かったですし、再度電話しました。

再度電話すると、また 「聞こえない」 を繰り返し言うので、契約書に書かれている賃貸人なっている人の名前を言い、その人に代わって貰い、名乗った後で状況説明などをしました。

ですが、最初に電話に出た人に管理を任せている為か、良く内容が分からないようで、また元の人(最初に電話に出た人)に代わられました。
一般宅のハズですが、恐らく、こう言った電話は、この人が担当するなどがあるのだと思います。

そして、最初に電話に出た人に電話対応者が代わると、また 「聞こえない」 を繰り返します。
ですが、2番目に電話に出た人の声で 「聞こえてる!」 というツッコミが聞こえると、急に私の声の全てが電話対応者の方に聞こえるようになりました。

こう言った事から、聞こえているにも関わらず、聞こえないふりをしていると思った訳です。


そして、会話の中で 「(長距離バス会社の号室)に入ってはる方ですか」 という質問があり、私は、長距離バス会社の人では無いので、違う事を言い、話を進めていくと今度は 「(長距離バス会社の号室)か入ってませんわあそこは」 と言います。
ですが、長距離バス会社の方が入っている号室の方か聞いておいて、その号室には誰も入っていないというのは、明らかに矛盾しています。

また、その後直ぐに管理会社(大手不動産会社)にも電話で確認しましたが、家主さんに電話をした時は、私の住むアパートは、全ての号室が埋まっているという事でした。(その場逃れの嘘をついているという事だと思います)

そして、最終的に家主さんに、アパートの管理会社(大手不動産会社)にちゃんと対応して欲しい事を家主さんの方からも言って欲しい事を伝え電話を切りました。







■ 警察にも相談しました

アパートの管理会社(大手不動産会社)から積極的に警察に相談した方が良いのでは無いかというアドバイスやお年寄りが住まわれているアパートという事もあり、火事になった時に困るので、警察に相談する為に 「#9110」 に電話しました。
ですが、警察のホームページで案内の対応して貰える時間に何度電話しても誰も出る気配がありませんでした。

相談の主な目的としては、 「ゴミや怪我をするような物が落ちてくる事もあったので解決する良い手立ては無いか」 と言う事と、長距離バス会社の方が使っている号室の隣の号室がお年寄りで、もし火事になると逃げられずに火に飲み込まれて亡くなられる可能性があるので、消防に通報すると、自動で警察の方にも通報されるようになっているハズなので、火事になった時に担当されるであろう警察官の方に、この情報を頭の片隅にでも入れておいて貰い、 「火事の通報があった時に消防の方に、お年寄りが住まわれている事を伝えて欲しい」 という2つの事を電話で相談しようと考えていました。

ですが、電話が繋がらなく、メールが出来るようになっていたので、上記の相談内容をメールしておきました。

そして、火事になるかもしれない理由や、出来る限り自宅に居るようにし、火事になった時に可能であれば、該当の号室のお年寄りを助けに行こうと思っている事や、IPカメラを設置して、自宅の様子を外出先からも確認し、火事に気が付けば直ぐにでも通報する準備が出来ている事を書き添えた上で、上記で書いた内容を警察に相談としてメールしました。

すると、メールから2日後に警察の方から電話があったようで、実家の親が警察の方からの電話の対応をしてくれていました。

色々と聞かれたりもしたようですが、灯油のタンクの蓋が開いたままでポンプが灯油タンクの口に刺さった状態で放置してある事も実家の親が話したそうです。

そして、 「プラスドライバーや刃物が落ちてくるような事があれば、行きますので、管理会社相談せずに言って下さい」 と警察の相談担当の方からアドバイス頂いたようです。

また、話を聞いてくれるだけで、他は特に警察は何もしてくれないだろうなと思っていたのですが、アパートの管理会社(大手不動産会社)の話によると、上階の長距離バス会社の方が 「警察が来た」 と言っていたそうで、私が思っていた以上に警察の方は、ちゃんと動いてくれたようです。

問題の解決には、至りませんでしたが、仕事が増える事になっても、ちゃんと動いてくれた警察の方には感謝しています。

また、警察へのメールをする際に、アパートの管理会社(大手不動産会社)に写真などを提出している事も書き添えており、アパートの管理会社(大手不動産会社)の電話番号や担当者の名前、上階の号室を借りている長距離バス会社のホームページアドレスなども警察へ伝えた結果、この時、約束の回答日になっても連絡せず対応を放棄したという状況でしたが、警察からアパートの管理会社(大手不動産会社)に電話をしたようで、警察の方の話によると、警察の方が 「ちゃんと対応していますか」 と聞くと、アパートの管理会社(大手不動産会社)の担当者は、 「ちゃんと対応しているけど、なかなか回答が無い状況なんです」 と言ったそうです。





■ ベランダに洗濯物を干す事が出来ない

上でも書いたように、長距離バス会社の方が使っているベランダから洗濯物を汚すであろうゴミなどが落ちてきます。
そして、洗濯物を汚すような物がいつ落ちてくるか分からない状態なので、雨よけ洗濯物テントを以前購入しました。

ですが、水も落ちてくる事もあり、その水はどう言った水なのか分からないので、その水が洗濯物に付くと嫌です。

そして、実際に使ってみた所、雨程度ならちゃんと防げるのですが、試しに、水を上にかけてみるとかかった水が流れていき、カバーのない方に流れると洗濯物が濡れる可能性がある事が判明しました。(水の塊がかかると流石にダメなようです)
また、ソースやマヨネーズまみれのお弁当の容器が、落ちてくるタイミングで風の方向が変わり、この雨よけ洗濯物テントの上に乗り、最終的にカバーの無い方へ落ちる事で、洗濯物が汚れる心配もあります。

雨よけ洗濯物テントの開いた所をビニールシートなどで覆ってしまう事も考えましたが、それだと、風が通り抜けにくくなり、室内干しと変わらない気がします。
なので、洗濯物は、一年中、室内干しの状態です。(この事は管理会社にも伝えてあります)



画像
また、雨よけ洗濯物テントの内部は、このように区切られており、布団を干すと言う事が出来ません。(汚れるような物がいつ落ちてくるか分からない状態なので、どちらにしてもベランダに布団を干すのは無理ですが。。。)

なので、布団は干さずに我慢していたのですが、やはり敷き布団は、1年ほどでカビが生えました。(この事も管理会社に伝えてあります)

そして、布団をベランダに干すと言う事が出来ない状況なので、敷き布団の湿気対策で書いた布団用のスノコを使い、布団の湿気対策をし、布団を室内干ししています。

また、長距離バス会社の号室のベランダからズボンが1ヶ月ほど垂れ下がっているという状態だった事があるのですが、長距離バス会社のベランダにある洗濯機の排水の音がして、しばらくすると、そのズボンを伝って水が落ちてくると言う状況になった事があります。(状況説明し、引き上げて欲しい事を管理会社を通して言いましたが、引き上げて貰えたのはそれから約1ヶ月後です)
こう言った状況なので、ありとあらゆる事が起きると思ってほぼ間違え無い状況です。





■ ベランダの使い道

ゴミ箱 屋外 ピジョンペール 90型 ふた付き 日本製 丸型ポリ容器 ~R~
ねっとんや
商 品 説 明 サイズ 直径536mm×高さ709mm 材質 ポリプロピレン 容量 90リットル 商


楽天市場 by ゴミ箱 屋外 ピジョンペール 90型 ふた付き 日本製 丸型ポリ容器 ~R~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
ベランダは、上で書いたような状態なので、洗濯物を干すと言った事には使えません。
ですが、ゴミぐらいは置けるので、こう言ったポリ容器にゴミ袋をセットし、普段はゴミが風などで飛んでいかないように蓋を閉め、 「燃えるゴミ」 と 「プラスチックゴミ」 を置いています。

また、隣のお部屋との仕切りの下が40cm~50cm程空いており、上階の長距離バス会社の号室のベランダから落ちてきたゴミが隣のお部屋のベランダにまで入ると迷惑ですし、長距離バス会社の方が今以上に苦情を受ける事になる可能性が高くなるという理由から、こう言ったポリ容器を2個使い、ゴミが隣のお部屋のベランダに入らないように塞いでいます。





■ 物件探しの時

上で書いたような状態になる事もあるので、物件探しの時は、 「ベランダや紹介された建物の周りにゴミが落ちていないか」 や可能であれば 「上階のベランダの状況」 なども確認した方が良いように思います。

ただ、私の場合は、上階の長距離バス会社は、私より数年後に入居という状況なので、対処のしようがありませんでした。



関連記事
どうやらアパートの管理会社(大手不動産会社)は、さじを投げたようです。

【閲覧注意】 借りているアパートの上階から2016年5月に落ちてきたゴミ

消火器の購入を検討しています。

借りているアパートのゴミや騒音の現在の状況は、こんなです。

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント