この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

Windows10の機能を使用してディスクイメージ(ISOファイル)のディスクへの書き込み

Neroなどのライディングソフトでディスクイメージ(ISOファイル)のディスクへの書き込みができますが、ライディングソフトを別途購入しなくてもWindows10の機能でディスクイメージ(ISOファイル)のディスクへの書き込みはできます。





■ Windows10の機能でディスクイメージ(ISOファイル)の書き込み

ISOファイルは、1CD Linuxを使ってみました。でダウンロードした、 「ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso」 を使用しました。



画像
書き込みたいディスクイメージ(ISOファイル)を右クリックし、 「ディスクイメージの書き込み」 をクリックします。



画像
すると、この画面が表示されるので、 「書き込み」 をクリックします。(今回は、書き込んだディスクのチェックがしたいので、書き込み後のディスクの確認にチェックを入れ、書き込みをクリックしました)



画像
すると、光学ドライブにディスクを入れていなかったので、 「状態」 の所のメッセージの表示が変わり、光学ドライブからトレーが出てきました。(予めディスクをセットしていなかったのは、Nero Express 12でのディスクイメージ(ISOファイル)のディスクへの書き込みで書いた理由と同じです)

そして、光学ドライブにディスクをセットし、再度、 「書き込み」 をクリックします。



画像
光学ドライブにディスクをセットし、 「書き込み」 をクリックすると、ディスクイメージ(ISOファイル)のディスクへの書き込みが始まります。



画像
ディスクイメージ(ISOファイル)のディスクへの書き込みが終わると、状態の所のメッセージが 「ディスクイメージはディスクに正常に書き込まれました。」 に変わり、光学ドライブからディスクが出てきます。

そして、 「閉じる」 か 「×」 をクリックする事で終了できます。

また、複数枚同じ内容でディスクを作成したい場合は、Neroのように、作成する枚数を指定できないので、作りたい枚数分、同じ事を繰り返す必要があります。



関連記事
ディスクイメージ(ISOファイル)をWindows10の機能を使って書き込めるようにする方法

Nero Express 12でのディスクイメージ(ISOファイル)のディスクへの書き込み

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント