この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

ペンタブレットの購入を検討

手描きで下描きを作成スキャナでPCに取り込みPCで細かい所の補正や色づけと言う所まで持っていきたいと思い、現在、下描き練習をしています。

下描きがだいぶマシになってきたので、あと半月~1ヶ月程したら、スキャナでPCに取り込んだ下描きの色づけをPCでしてみようと考えています。

マウスでも線を描いたり、色づけをしたりする事は可能だと思いますが、マウスには筆圧感知が無い為、作業効率が悪いだろうと考え、安めのペンタブレットの購入を考えています。





■ ペンタブレットの購入を検討

ペンタブレットは、今まで使った事が無く、何が良いとかが余り良く分からないので、Windows10に対応している事とペン自体に電池や充電が不要なペンタブレットという条件で探しています。
また、個人的に白色が好きなので、白色のペンタブレットの購入をしようと考えています。



ペンタブレットの購入の候補の1つとして、このワコムのCTL-490/W0を検討しています。

お絵かき用のソフト(ダウンロードでの入手のようです)も付属するようなので、ワコムのCTL-490/W0さえ購入すれば、取りあえず他は買う必要が無いようです。
また、メーカーホームページで確認すると、Windows10にも対応しており、Windows10のPCで使う予定なので、このワコムのCTL-490/W0を購入しても特に問題無さそうです。

サイズ的には少し小さい気もしますが(読取可能範囲:152mm×95mm)、欲張って長い線を一気に描こうとしなければ、特に問題が無いような気もしています。(ペンタブレットを使った事が無いので予想)



そして、このワイヤレスキットを使う事で、ワコムのCTL-490/W0をワイヤレス化する事も可能なようです。

ただ、もしワコムのCTL-490/W0を買うにしても、このワイヤレスキットは、ワイヤレス化の必要性を感じてから購入しようかなと考えています。





次に、ワコムのCTL-490/W0と同じぐらいの価格帯なので、候補としてXP-PenのStar03を考えています。(黒もあるようですが、白が好きなので買うとしたら白を購入します)

Windows10にも対応しており、性能的にもワコムのCTL-490/W0よりXP-PenのStar03の方が良いようです。(ですが有線接続にしか対応していないようです)
また、ワコムのCTL-490/W0よりXP-PenのStar03の方が、読取可能範囲が大きいです。
Amazonで読取可能範囲を見てみると、10インチ×6インチになっており、1インチが25.4mmなので、読取可能範囲は、254mm×152.4mmという事になります。
そして、XP-PenのStar03には、お絵かきソフトは付属せず、 Photoshopなどの筆圧感知に対応したソフトを別に準備する必要があるようです。

ただ、現在、Windows10の環境下でAdobe Photoshop Elements 5.0を使用しています。
Adobe Photoshop Elements 5.0は、Windows10には、対応していないソフトですが、現在使用している機能は、特に問題無く使えています。
なので、Adobe Photoshop Elements 5.0でXP-PenのStar03を問題無く使えるとは思っているのですが、筆圧感知機能がWindows10の環境で正常に動作するか不明です。(一応Windows10に対応していないソフトなので)

Windows10の環境下で、Adobe Photoshop Elements 5.0の筆圧感知機能が正常に動作するようであれば、このXP-PenのStar03でほぼ購入が決定なのですが、筆圧感知機能が正常に動作するかどうかが分からない為、迷う所です。





次に、Amazonでペンタブレットを探していると、このペンタブレットを見つけ、現時点(2016年8月)で上の2つ(ワコムのCTL-490/W0やXP-PenのStar03)のペンタブレットの半値程の価格で買えるので、下描きの色づけを試しにやってみる程度なら、このXP-PenのG430でも良いかなとも思いました。

ただ、このXP-PenのG430には、ワコムのCTL-490/W0やXP-PenのStar03のようにショートカットキーが無く、作業時に不便かなといった感じがするので、XP-PenのG430は、購入するのは止めておいた方が良いかなと言った気もしています。(現時点、どこまでイラスト練習をするか分かりませんが)





■ Photoshopもそろそろ、買い換え時期かもしれません

Adobe Photoshop Elements 14
アドビシステムズ
2015-10-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Adobe Photoshop Elements 14 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
上でも書いたように、Adobe Photoshop Elements 5.0をWindows10で使用しています。

古いソフトなので、更新なども一切無い状態ですが、最新版にすれば、セキュリティの更新などもあるハズなので、そろそろ、ペンタブレットの購入を機会に買い換え時期なのかなとも思っています。

そして、上のAdobe Photoshop Elements 14以外に、Adobe Photoshop Elements 14のアップグレード版のパッケージも販売されています。
Adobeのホームページでアップグレードの対象を確認すると、 「※バージョンに制限はありません。」 とあり、Adobe Photoshop Elements 5.0もAdobe Photoshop Elements 14のアップグレード版の対象のようで、多少は安く買えるようです。

ただ、それでもペンタブレットとAdobe Photoshop Elements 14のアップグレード版を同時に購入すると、それなりに購入額が上がるので、取りあえずペンタブレットだけ買えば良いかと思ってしまいます。

まだ、色づけするまでに期間があるので、その間に上の候補以外のペンタブレットに魅力を感じて、他のペンタブレットを購入するかもしれませんが、あと半月~1ヶ月程したらペンタブレットを購入する予定です。



関連記事
ワコムのペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)を購入しました。

ペンタブレットは、マウスの代わりにもなって意外に便利かもしれない。

ワコムのペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)のペンの芯の交換

ワコムのペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)のペンの替え芯を購入しました。

ペンタブレットのペンのスクロールボタンがInternet Explorerで使えない(解決編)

ワコムのペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)のドライバが勝手に消えました。

Windows10でPhotoshop Elements 5.0の筆圧感知が正常に動作しました。

ワコムのペンタブレットに付属するソフト(ArtRage Lite)のダウンロード

ワコムのペンタブレットに付属するソフト(ArtRage Lite)のインストール

ワコムのペンタブレットに付属するソフト(ArtRage Lite)を使ってみました。(使い方その1)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント