この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

IODATAのIPカメラが外出先から接続出来なくなったり、メール送信出来なくなったりする(解決済)

アパートの上階からゴミや通常では考えられないような物が落ちてくるで書いたように、私が借りているアパートの上階を長距離バス会社が借りています。
そして、その長距離バス会社の方が火事になるような事をしている上に、その隣の号室にお年寄りが住まわれているので、外出先からも自宅の様子を確認出来るようにし、火事に気が付いた時点で直ぐに消防に火事の通報とお年寄りが住まわれている号室の事を伝える事が出来るようにIPカメラを2台設置しています。

そのIPカメラで最近、外出先から接続出来なくなったり、メール送信が出来なくなったりしました。(動体検知機能があり、動体を検知したら、その動画などを添付してメールで送信する機能があります)

販売メーカーであるIODATAに問い合わせた所、無事に解決しましたが、マニュアル共通マニュアルを見てもその解決方法が見当たらず(見落としているだけかもしれませんが)、私と同じ思い違いをして私と同じ事になっている方もいると思うので、私のやった解決方法を書いておきます。





■ IODATAのTS-WPTCAMとTS-WLC2を使用しています

私は、この2機種を1台ずつ購入し、使っています。
TS-WPTCAMの方は、首振り機能が付いているので、見る方向を変えられる為、これである程度部屋を見渡し、TS-WLC2で死角を補うという形で使っています。





■ IPカメラが外出先から接続出来なくなったり、メール送信出来なくなった原因

IODATAのIPカメラ(TS-WPTCAMとTS-WLC2)が、外出先から接続出来なくなったり、メール送信出来なくなった原因は、 「IPアドレス自動取得」 から 「IPアドレス固定設定」 に変えた事よる、私の思い込みが原因でした。

と言うのも、 「IPアドレス自動取得」 から 「IPアドレス固定設定」 に変えた時に最初からIPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、プライマリーDNS、HTTPポート番号に値が入力された状態で、私の勝手な思い込みで正しい値が入力されているだろうと思い、この辺の値は一切変えずに 「IPアドレス固定設定」 の設定に変更しました。

この値を一切変えずに 「IPアドレス固定設定」 に変更したのがダメだったようで、一部間違った値が入力されており、それが原因でIPカメラが外出先から接続出来なくなったり、メール送信が出来なくなったりしていたようです。

ただ、 「IPアドレス固定設定」 にし、ネットワークの設定が間違った状態でも、外出先から接続できる場合もありましたし、メール送信出来る場合もあったので、 「IPアドレス固定設定」 にした事で問題が発生するようになった事は分かったもののネットワークの設定が原因だと思わず、メーカー(IODATA)に問い合わせを行いました。





■ こういう状態になりました

画像
外出先でIPカメラ(TS-WPTCAMとTS-WLC2)に接続し、自宅の様子を見る時は、PCでInternet Explorerを使い、いつもIPカメラに接続していますが、ネットワークの設定が間違っているので、このように外出先から繋がらなくなりました。



画像画像
接続の問題を修正」 をクリックしても、そもそもネットワークの設定が間違っているので、修正出来ませんでした。



画像画像
また、自宅で設定画面を開き、 「テストメールを送信」 をクリックしてもテストメールの送信に失敗します。(この状態の場合、メール送信される設定にしていてもメールは送信出来ません)





■ ネットワークの設定を正しくしたら直りました

上で書いたように、外出先から接続出来なくなったり、メール送信が出来なくなったりしましたが、ネットワークの設定を正しくしたら直りました。



画像画像
左がTS-WLC2のネットワークの設定画面で、右がTS-WPTCAMのネットワークの設定画面です。
この設定の内、私の場合は、 「プライマリーDNS」 だけが間違った値でした。
また、ややこしい事はせず、IPアドレスとHTTPポート番号以外は、同じネットワーク内にあるPCなどと同じ値にすれば良いようです。

私自身も良く分かっていませんが、私の分かる範囲で説明すると下のような感じです。
IPアドレスネットワーク上の住所みたいなもので、同じネットワーク内にあるPCなどの機器と重複してはいけません。
xxx.xxx.xxx.xxx(xが数字)と言う風に.で区切って4つ値が入力されていると思いますが、一番右の値だけを変更して同じネットワーク内にあるPCなどの機器と重複しないように設定すれば良いと思います。(重複していない場合は変更不要だと思います。)

サブネットマスクIPアドレスのネットワーク部とホスト部の境界を識別する為の情報のようです。
サブネット化されていないネットワーク(ナチュラルマスク)では、255.0.0.0 、 255.255.0.0 、 255.255.255.0となっているようです。
ただ、サブネット化されていない値になっているからと言って、サブネットマスクの所に入っている値を消しても良いと言う事にはならず、サブネット化されていないと言う事を指定する為に、この値は必要なようです。

デフォルトゲートウェイ外部ネットワークに通信をする時に使う代表のIPアドレスを入力します。
通常は、ルーターに設定されているIPアドレスと同じIPアドレスのようで、ルーターと同じIPアドレスを入力しました。

DNS例えば、Yahoo!のホームページを見る場合にアドレスを打ち込んでYahoo!のホームページを見に行く場合があると思います。
ただ、IPアドレスを打ち込む事でも、Yahoo!のホームページへ行く事は可能です。
DNSは、このアドレスをIPアドレスに変換するシステムのようです。
そして、ルーターと同じIPアドレスを入力すれば良い場合が多いようです。
また、入力は、プライマリーDNSのみで、セカンダリーDNSは、入力不要でした。

HTTP今回の場合は、外出先からカメラに接続する時のデータを送受信するのに使われるようです。
HTTPポート番号は、正しい値が入力されていましたが、もし間違っていれば、IODATAのIPカメラを買った時に入っているシールにHTTPポート番号が書いてあるので、その値を入力すれば問題無いと思います。





■ PC(Windows10)のIPアドレスなどのネットワークの設定の調べ方
                                (コントロールパネルの表示方法がカテゴリの場合)


画像
左下の 「スタートボタン」 を右クリックし、 「コントロールパネル」 をクリックします。



画像
すると、この画面が開くので、 「ネットワークの状態とタスクの表示」 をクリックします。



画像
次に、この画面に変わるので、 「アダプターの設定の変更」 をクリックします。



画像
すると、この画面が開くので、 「ローカルエリア接続」 を右クリックし、 「状態」 をクリックします。



画像
すると、この画面が開くので、 「詳細」 をクリックします。



画像画像
すると、左側の画像の画面が開きます。
右側がQwatchのネットワークの設定画面ですが、この2枚の画像を参考にIODATAのIPカメラのネットワークの設定をしてみて下さい。





■ PC(Windows10)のIPアドレスなどのネットワークの設定の調べ方
                  (コントロールパネルの表示方法が大きいアイコン、小さいアイコンの場合)



画像
左下の 「スタートボタン」 を右クリックし、 「コントロールパネル」 をクリックします。



画像
すると、この画面が開くので、 「ネットワークと共有センター」 をクリックします。



画像
次に、この画面に変わるので、 「アダプターの設定の変更」 をクリックします。



画像
すると、この画面が開くので、 「ローカルエリア接続」 を右クリックし、 「状態」 をクリックします。



画像
すると、この画面が開くので、 「詳細」 をクリックします。



画像画像
すると、左側の画像の画面が開きます。
右側がQwatchのネットワークの設定画面ですが、この2枚の画像を参考にIODATAのIPカメラのネットワークの設定をしてみて下さい。





■ コマンドプロンプトでのIPの調べ方(Windows10)

この記事を作成した時は、Windowsに標準でインストールされているコマンドプロンプトでIPアドレスなどを調べる方法も書いていましたが、yamaseiさんの情報(詳しくは、下のコメント欄をご覧下さい)で 「ipconfig」 と 「ipconfig /all」 がある事がわかり、文字数制限で入りきらないので、新たに別記事として作成しました。

コマンドプロンプトを使ったPCのIPなどの調べ方は、IODATAのIPカメラのネットワーク設定の為、PCのネットワーク設定をコマンドプロンプトで調べるで書きましたので、こちらをご覧下さい。





■ 設定画面の開き方

IODATAのIPカメラの設定画面の開き方は、共通マニュアルのP93(Windows10の場合)やP97(Windows10以外の場合)やP100(Mac OSの場合)に書いてあります。

また、ネットワークの設定方法は、共通マニュアルのP49に書いてあり、メールの設定は、P64に書いてあります。



関連記事
IODATAのIPカメラのネットワーク設定の為、PCのネットワーク設定をコマンドプロンプトで調べる

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント

yamasei
2016年08月31日 19:40
ご自分のネットワーク環境を調べるには、パソコンから
ファイル名を指定して実行から cmd と入力して enter
黒いコマンドプロンプトの画面が出たら ipconfig /all と入力し enter
これで、解りますよ。
もちろん、IP はそのパソコンんの IP です。
2016年08月31日 21:02
yamaseiさん、こんばんは。
情報ありがとうございます。
今、コマンドプロンプトでipconfigではなく 「ipconfig /all」 と入力し、確認した所、DNSも確認出来ました。
yamaseiさんに指摘されて、そう言えば、以前は、ipconfig /allを使っていたなと思い出した所ですが、何年も使わない内にallの事をすっかり忘れておりお恥ずかしい話です。。。
ただ、ipconfig /allコマンドは、表示項目数が多いので、それだけを書いてしまうと、使い慣れていない方には逆に分かりにくくなるかな?と言うのもあり、注意書きとリンクだけ作り、新たにipconfig /allでのネットワーク環境の調べ方を書いた方が良いのかなという気がしている所です。