この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

ペンタブレットのペンのスクロールボタンがInternet Explorerで使えない(解決編)

ペンタブレットは、マウスの代わりにもなって意外に便利かもしれない。で、Internet Explorerにてホームページ観覧中に、タブを切り替えるタイミングでペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)のペンのスクロールボタンが使えなくなるという問題が発生している事を書きましたが、色々と試した結果、解決方法を見つけました。

同じ事になって困っている方もいらっしゃると思いますので、解決方法を書いておきます。





■ 無事に解決しました(解決方法)

ペンタブレットの設定で何とかならないかと、色々と探してみた結果、 「座標検出モード」 を 「ペン」 から 「マウス」 に変更すれば上記の問題が少なくとも私のPCの環境では発生しなくなりました。

ただ、 「座標検出モード」 を 「ペン」 から 「マウス」 変更すると、マウスポインタを行きたい場所にワープさせるという事が出来なくなるので、Internet Explorerの時のみ 「座標検出モード」 を 「ペン」 から 「マウス」 変更しました。

そして、設定の変更は下のようにしました。



画像
Internet Explorerの登録は、後々の登録作業が楽になるので、まず、Internet Explorerを起動します。(立ち上げます)
そして、Internet Explorerが起動したら、次に、 「ワコムタブレットのプロパティ」 を起動し、 「」 をクリックします。(ワコムタブレットのプロパティの起動方法は、ペンタブレットは、マウスの代わりにもなって意外に便利かもしれない。を見て下さい)



画像
すると、この画面が表示されるので、 「iexplore」 を選び(クリック)、 「OK」 をクリックします。



画像
すると、この画像のように、Internet Explorerが 「ワコムタブレットのプロパティ」 のアプリケーションの所に登録されます。

次に、Internet Explorerの 「座標検出モード」 を 「ペン」 から 「マウス」 変更するので、アプリケーションの中にある 「iexplore」 を選んだ上で 「マッピング」 をクリックします。



画像
すると、この画面が表示されるので、 「マウス」 をクリックします。



画像
すると、この画面に変わり、ここまでで 「座標検出モード」 を 「ペン」 から 「マウス」 に変更する設定は完了です。



画像
そして、 「ポインタの加速」 を 「オフ」 にした方が個人的には操作し易かったので、 「ポインタの加速」 は、 「オフ」 にしました。(「検出の高さ」や「ポインタの速度」の設定を変えてみて、操作し易いようにすれば良いと思います)





■ ワコムのサポートに更に疑問を感じるようになってしまった

ペンタブレットは、マウスの代わりにもなって意外に便利かもしれない。で、ワコムのサポートに問い合わせても、上記の 「Internet Explorerにてホームページ観覧中に、タブを切り替えるタイミングでペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)のペンのスクロールボタンが使えなくなるという問題」 が解決しなかった事を書きましたが、上記の設定をする事で問題を解決する事が出来たので、個人的には、ワコムのサポートに更に疑問を感じるようになってしまいました。

と言うのも、私と同じ問題が発生し、ワコムのサポートに私と同じ質問がこれまでも来ていたと思いますし、ユーザーの悩みに対して真剣に向き合ってこなかったから、設定変更ぐらいで回避可能な問題も、ちゃんとサポートできないのでは無いかと個人的には疑問を感じてしまいます。

ただ、ペンタブレットは、ワコムのIntuos Draw:CTL-490/W0が初めて購入したペンタブレットで、他のペンタブレットの購入経験が無く、ワコムのペンタブレットが故障したら、ペンタブレットの購入を検討で書いたXP-Penのペンタブレットを比較の為に買ってみようと考えています。(綺麗に赤枠を描くなど結構便利なので、これからもペンタブレットを使うつもりです)



関連記事
ワコムのペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)のドライバが勝手に消えました。

ペンタブレットの購入を検討

ワコムのペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)を購入しました。

ペンタブレットは、マウスの代わりにもなって意外に便利かもしれない。

ワコムのペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)のペンの芯の交換

ワコムのペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)のペンの替え芯を購入しました。

Windows10でPhotoshop Elements 5.0の筆圧感知が正常に動作しました。

ワコムのペンタブレットに付属するソフト(ArtRage Lite)のダウンロード

ワコムのペンタブレットに付属するソフト(ArtRage Lite)のインストール

ワコムのペンタブレットに付属するソフト(ArtRage Lite)を使ってみました。(使い方その1)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント