この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

東芝 dynabook T451/34DW(ノートPC)の電源が入らなくなりました。

もしも今日という日に点数をつけるとしたら満点なのかもしれない。(71)で書いた通りなのですが、Windows10にアップグレードして使っているノートPCの電源が全く入らなくなりました。



画像画像
電源が入らなくなったノートPCは、東芝のdynabook(T451/34DW)というノートPCで、ACアダプターを繋いでも充電ランプすら点灯しない状態になり、全く電源が入らない状態になりました。

また、ノートPCの電源が全く入らない状態でも、通電している可能性もあり、異常発熱した結果、発火するという可能性もあるので、ACアダプターや電池を取り外した状態にしました。





■ ACアダプターが正常か疑ってみる

ACアダプターの故障の可能性は低いですが、まず最初にACアダプターの故障を疑い、ACアダプターの電圧のチェックをするのに、このテスターを使いました。

また、安いテスターなので、精度はどうか分かりませんが、十分使えていると思います。
ただ、私は、他の事にも、このテスターを使うので、このテスターを以前から買って持っていますが、ノートPCのACアダプターのチェックの為だけに、テスターを買う価値は個人的には微妙な気がします。(私が買った時は、送料を含めて500円程でした。ただ、2016年10月現在は値上がりしているようです)



画像
ACアダプターが正常かどうかのチェックは、まず、ACアダプターの出力がどれだけあるかを調べます。(ACアダプターに書いてあります)

ノートPCが全く電源が入らなくなるという壊れ方をしたのは、今回が初めてで、今までノートPCのACアダプターの出力がどれだけあるか見た事が無かったのですが、東芝のdynabook(T451/34DW)に使われているACアダプターの出力は、19Vで3.42Aでした。(写真の赤枠の所に書かれています)

また、ACアダプターは、交流を直流に変換する装置なので、直流で電気が出力されます。



画像画像
次に、テスターの準備をしました。
準備は、テスター本体にある3つの穴の内、下の2つにケーブルを接続し、レンジを選びます。(今回の場合、ACアダプターが19Vなので、直流の20Vにレンジを合わせました)

また、テスターの準備は、レンジを合わせてから、ケーブルをテスター本体に繋ぐでも問題ありません。
ただ、レンジを間違った所に合わせると、テスターが故障する原因になります。
例えば、100Vあるものを測定するのに、20Vのレンジに合わせるなどすると、テスターが壊れます。(電圧(V)が分からない場合は、1000Vなど最大限のレンジに合わせてチェックし、その後最適なレンジにするという方法を取ります)



画像
ACアダプターのチェックは、このようにしてチェックしました。
今回のACアダプターの場合は、赤色を刺している方がプラスで、黒色を接触させている方がマイナスです。
また、プラス、マイナスを間違ってもテスターに 「」 が表示されるだけでチェックには問題ありません。

ただ、ACアダプターによっては、この写真の赤色を刺している側にピンが付いている(内蔵されている)場合があり、そのピンを曲げたり、折ってしまうと、そのACアダプターが使えなくなってしまうので、ピンがあるかどうかライトなどで照らして確認した方が良いと思います。(ピンがあった場合は、ピンを曲げたり、折ったりしないように注意が必要です)

また、19Vぐらいなら濡れた手などで触ったりしなければ、感電しないとは思いますが、テスターを使ってチェックされる場合は、感電しないように注意して下さい。(心臓が弱いなどある場合は、念の為、家族の方に頼まれるなど、した方が良いと思います。



画像
計測してみると、19.26Vの辺りで多少変化があるものの、19Vちゃんと出力されていました。

無負荷状態でのチェックなので、負荷が掛かると、ちゃんと出力されていない可能性もありますが、電池だけでもノートPCが起動するようにある程度の充電はしていたので、恐らくACアダプターは、故障していないだろうという結論になりました。



関連記事
東芝 dynabook T451/34DW(ノートPC)の電池の取り外しと取り付け

東芝 dynabook T451/34DW(ノートPC)のコイン型電池の交換

東芝 dynabook T451/34DW(ノートPC)のメモリの取り外しと取り付け

東芝 dynabook T451/34DW(ノートPC)の内蔵HDDの取り外しと取り付け

東芝 dynabook T451/34DW(ノートPC)の分解

ノートパソコン(東芝 dynabook T451/34DW)から部品取りをしました。

東芝のノートPCのOSを流用していいかMicrosoftに聞いてみました。

壊れたノートパソコン(東芝 dynabook T451/34DW)の使用時間

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント

親族のは10/15日に故障発生
2016年10月26日 21:24
T451/34DWで検索して引っかかりました。
先々週、親族から連絡がありW10が起動できないとのこと。
バッテリを外して、ACアダプタのみならば動作することが判明。
結局、バッテリが故障していて、内部保護回路が動作して電源断でした。
(職業柄、多数のPCを面倒みてきましたが、バッテリ故障で本体動作に不具合出るのは初めてですw)

参考までに。
2016年10月27日 00:28
親族のは10/15日に故障発生さん、こんばんは。
情報ありがとうございます。

頂いた情報を参考に、バッテリを取り外し、ACアダプタのみにして起動を試みてみましたが、私の所のT451/34DWは起動出来ませんでした。。。

バッテリは、一応爆発物なので、保護回路は必ず必要だとは思いますが、それが悪さをしてPCが起動しなくなる事もあるのですね。(ノートPCは、修理経験があまりないので、勉強になります)

やはり、ダメ元で一旦分解してみるしか無さそうな感じがします。(今更、メーカーに修理に出す気もないので、問題ありません)