この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ワコムのペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)のドライバが勝手に消えました。

イラストを描いたり、ブログの記事に使う写真などに赤枠を付けたりするのにワコムのペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)をWindows10のPCで使用しています。
そのワコムのペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)のドライバが勝手に消えるという問題が発生しました。





■ ワコムのペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)のドライバが勝手に消える

最近、ワコムのペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)のドライバがPCを再起動するタイミングなどで消えるという事が発生し、何度かドライバの再インストールをしました。

ペンタブレットのドライバを再インストールすると、その時はまたペンタブレットが正常に使えるようにはなるのですが、何日かすると、またPCを再起動するタイミングなどでペンタブレットのドライバが消えると言う事が発生しています。



画像
状況としては、ペンタブレット本体をペンでタッチする事でのクリックやマウスポインタの移動は正常に出来るのですが、 「ワコムタブレットのプロパティ」 で設定している内容が全て無効になっているという状況です。(ペンタブレットに付いているボタンやペンに付いているボタンの機能が完全に無効な状態になります)

そして、 「ワコムタブレットのプロパティ」 を開いて再設定しようとしても、 「タブレットドライバが見つかりません」 と出てペンタブレットのドライバが消えているという状況です。

その為、ワコムの 「よくあるご質問と回答」 で解決策が無いか探してみました。
上記問題に対する解決策を探してみると、このページが見つかり、問題が解決するか試そうとしたタイミングで、グラフィックボードのドライバのアップデートの通知が来たので、先に、グラフィックボードのドライバのアップデートをする事にしました。

そして、グラフィックボード(ASUS:GTX650-DC-1GD5)のドライバを、現時点(2016年10月25日)最新の 375.63(Windows10 64bit用)に更新し、PCを再起動した所、ペンタブレットのドライバを再インストールする事無く、ペンタブレットのドライバが復活していました。

思い返してみると、NVIDIA GeForce Experience 3.0.7.34のアップデートを適用し、その数日後ぐらいからペンタブレットのドライバが消えるようになったので、グラフィックボードのドライバとペンタブレットのドライバが競合を起こしていたのだと思います。

もし上記問題が発生した場合で、NVIDIAのチップを採用したグラフィックボードをお使いの場合は、最新のグラフィックボードのドライバに更新すると、上記問題が解決するかもしれません。

また、グラフィックボードのドライバの更新で、ペンタブレットのドライバが消える問題が解決するとは思っていなかった為、今回は、その時の画像がありません。。。



関連記事
グラフィックボードのドライバのアップデートに失敗する(解決済み)

最近、グラフィックボードのドライバのアップデートに、よく失敗する(解決済み)

ワコムのペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)を購入しました。

ワコムのペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)のペンの芯の交換

ワコムのペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)のペンの替え芯を購入しました。

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント