この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

メインで使っているパソコンがInternetExplorerを起動すると異常に重たい(解決済)

先日、メインで使っているPC(Windows10)でInternetExplorerを起動すると、異常に重たくなるという事がありました。

色々試した結果、原因を特定し、下のように解決しました。





■ InternetExplorerを起動すると異常に重たい

PCを起動して、InternetExplorerを起動していない間は、いつも通りPCの操作が出来るという状態だったのですが、InternetExplorerを起動すると、PCが異常に重たくなるという状態でした。
(1つのページを表示するだけでも5分ぐらい掛かる状態でした)

ただ、そのInternetExplorerを起動すると異常に重たくなるという症状が出る前に、ソフトのインストールやドライバーのインストールなどの変更をPCにしたという訳でも無く、原因が良く分からなかったので、タスクマネージャーから原因を探してみる事にしました。





■ タスクマネージャーから原因の特定をしようとしました

キーボードの 【Ctrl】 + 【Alt】 + 【Delete】 を押してタスクマネージャーから原因の特定をしようとしました。


タスクマネージャーを起動すると、CPUの使用率が100%かそれに近い使用率になっており、CPUの使用率が高い事が原因なのは確かでした。

なので、アプリ毎のCPUの使用率を見ていき、その中でCPUの使用率が一番高いのがInternetExplorerで、CPUの使用率が70%位の所をうろうろしている状態でした。

次にCPUの使用率が高いのが、TrendMicroという名前が付いたアプリで、CPUの使用率が30%位の所をうろうろしている状態でした。


パソコンの文字入力時に延滞したり、反映されなかったりする。で書きましたように、InternetExplorerだけでも、使い方によってはCPUの使用率が高くなる事はありますが、他のタブは開かずに1つのページだけ開いている状態でもInternetExplorerのCPUの使用率が70%位の所をうろうろしているという状態でした。
(CPUは、Intelのi3-4130です)

いつもなら、上のようなInternetExplorerの使用方法では、ならないようなCPUの使用率だったので、他の原因を疑ってみました。





■ 他の原因を探してみました

【送料無料】トレンドマイクロ ウイルスバスター クラウド 3年版 PKG ウイルスバスタ-クラ3Y2017HD [ウイルスバスタ-クラ3Y2017HD]【KK9N0D18P】
エディオン 楽天市場店
[トレンドマイクロ ウイルスバスター クラウド 3年版 PKG ウイルスバスタ-クラ3Y2017HD


楽天市場 by 【送料無料】トレンドマイクロ ウイルスバスター クラウド 3年版 PKG ウイルスバスタ-クラ3Y2017HD [ウイルスバスタ-クラ3Y2017HD]【KK9N0D18P】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
ウイルス対策ソフトとして、自宅では、このウイルスバスターを今の所、使っています。

そして、InternetExplorerの次に、CPUの使用率が高いのがTrendMicroという名前の付いたアプリだったので、使用しているウイルス対策ソフト(ウイルスバスター)を疑ってみる事にしました。
(TrendMicroの名前の付いたアプリは、ウイルスバスターに関連するアプリのハズの為)



画像画像
ウイルスバースターが原因かどうかの検証は、セキュリティー上余り良くないですが、一旦ウイルスバスターを終了させる事にしました。

まず、タスクバーに表示されているウイルスバースターのアイコンを右クリックし、 【終了】 をクリックする事でウイルスバスターを一旦終了させました。


ウイルスバスターを終了させると、いつも通り、PCが使えるようになり、どうやら今回はウイルスバスターが原因だったようです。


また、ウイルスバスターの更新による不具合かとも思ったのですが、最終更新が7時間ほど前で、更新した頃の1時間後ぐらいまでPCを使っていましたが、その時は問題無くPCが使えていたので、今回は更新による不具合では無いようです。

なので、ウイルスバスターを一旦アンインストールし、再インストールする事にしたのですが、その時のウイルスバースターの 【バージョンが10】 だったので、現時点最新の 【バージョン11】 に再インストールついでにアップグレードする事にしました。
(ウイルスバスターの有効なライセンスキーがあれば、無料でアップグレード出来ます)

そして、ウイルスバスターをバージョン11にアップグレードすると、無事にいつも通りPC(InternetExplorer)が使えるようになりました。

詳しい事はわかりませんが、ウイルスバスターのファイルが壊れたのかInternetExplorerなどのブラウザ経由でウイルスに感染したりする事からPCを守っている関係で、そのPCを守る処理が無限ループ状態になっていたのかもしれません。


他のウイルス対策ソフトでも同じ事が発生する可能性はあると思いますので、もし上のような症状が出た場合は、上で書いた事を一度お試し下さい。
(ウイルス対策ソフトが最新バージョンの場合は、ウイルス対策ソフトのアンインストール後に再インストールをお試し下さい)



関連記事
パソコンの文字入力時に延滞したり、反映されなかったりする。

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント