この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ネットワークを使い、Windowsパソコン間でデータをやり取りする方法(ホームグループの作成)

ネットワークを使い、家の中にあるWindowsのパソコン同士でデータのやり取り(共有)する方法(ホームグループの作成)です。

データのやり取り(共有)に使うパソコンは、 【Windows7 Ultimate】 と 【Windows10 Pro】 を使います。
(使用機材などは、ネットワークを組んで、家庭内のWindowsPC間でデータをやり取りする方法をご覧下さい)


また、詳しくはわかりませんが、データのやり取り(共有)をすると、コンピューターウイルスの感染リスクなどが、高まるハズなので、利便性の反面、セキュリティー面でのデメリットもあると思います。





■ ホームグループの作成

まず、基となる、ホームグループを家庭内にあるパソコンのどれかで作成する必要があります。
(Windows10のパソコンでホームグループの作成を行いました)



画像
左下の 【スタートボタンを右クリック】 し、 【コントロールパネル】 をクリックします。



画像画像
すると、パソコンの設定によって、どちらかの画面が開くと思います。

左側の画面が開いた場合は、 【ホームグループと共有に関するオプションの選択】 をクリックし、右側の画面が開いた場合は、 【ホームグループ】 をクリックします。



画像
次に、この画面に変わるので、 【ホームグループの作成】 をクリックします。



画像
すると、この画面が開くので、 【次へ】 をクリックします。



画像
次に、この画面に変わるので、共有と非共有を選び、 【次へ】 をクリックします。
(共有を選ぶと、他のパソコンからアクセスできるようになり、非共有を選ぶと、他のパソコンからアクセスできません)

また、この共有、非共有は、後で変更する事も可能です。



画像画像
次に、左側の画面に変わり、しばらくすると、右側の画面になり、パスワードが表示されるので、 【完了】 をクリックします。


そして、データを共有するには、データを共有するパソコンをホームグループに参加させる必要があります。
(ホームグループに参加する際に、このパスワードが必要になります)

また、 【このパスワードを書き留めてください】 とありますが、後でパスワードは何度でも再表示できますので、ホームグループに参加させるパソコンが別の部屋にあり、画面が見えずパスワードを確認出来ないなどの理由がなければ、書き留める意味は、余り無いと思います。

上に書いたように、パスワードは、何度でも表示できますので、携帯やスマホのカメラでパスワードを撮影して、別のパソコンの所でホームグループに参加する時に確認できるようにする程度で良いと思います。



関連記事
ネットワークを組んで、家庭内のWindowsPC間でデータをやり取りする方法

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント