この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

Panasonic Image Appの使い方(撮影モード選択)

ウェアラブルカメラ(Panasonic:HX-A1H)を使っており、HX-A1Hの設定などをしようとすると、 【Panasonic Image App】 が必要な関係で、スマートフォンを使っています。

また、他にも、Panasonic Image Appの使い方を、まとめています。





■ 私が使用しているスマートフォンやカメラ

Panasonic Image App】 を使用しているスマートフォンは、docomoの 【F-05D (Androidバージョン:4.0.3)】 を使用しています。

カメラは、Panasonicの 【HX-A1H】 というウェアラブルカメラを使用しています。

カメラの機種によって、Panasonic Image Appの出てくる項目などが違うようなので、カメラの機種などが違う場合は参考程度にして下さい。





■ Panasonic Image Appの使い方(撮影モード選択)

私が使っているHX-A1Hの場合、 【通常動画撮影モード】 、 【スローモーションモード】 、 【ループ記録モード】 という3つのモードから動画を撮影するモードを選ぶ事ができます。
(カメラの機種によって選べるモードは、違うと思います)

また、カメラが写真を撮影するモードになっている時は、下記設定ができないので、その場合は、まず、カメラを動画を撮影するモードにする必要があります。



撮影モードの選択をするには、まず、スマートフォンの 【Panasonic Image App】 を起動し、Wi-Fiでカメラと接続します。



画像
右下の 【メニュー】 をタップします。
撮影した映像などを再生する画面では、撮影設定の項目が出てこないので、必ず、この動画の撮影を開始・停止をするボタンがある画面でメニューをタップする必要があります)



画像
次に、メニューが表示されるので、 【撮影設定】 をタップします。



画像
次に、この画面が表示されるので、 【撮影モード選択】 をタップします。



画像
すると、撮影モードを選択する画面が表示されるので、 【通常動画撮影モード】 、 【スローモーションモード】 、 【ループ記録モード】 の中から設定したいモードをタップします。
(1つ前の画面に戻り、撮影モード選択の下に設定したモードが表記されます)





■ 各撮影モードについて

選択した撮影モードによって、表示される項目も下記のように変わります。



画像
通常動画撮影モード】 に設定した時の画面です。

通常の動画を撮影する時に選択します。



画像
スローモーションモード】 に設定した時の画面です。

通常動画撮影モードと比べて、マイクと風音低減の項目が無くなります。

撮影するコマ数を増やして、スローモーションの動画を撮影できるようですが、選べる 【画素数/フレームレート】 の選択肢が減ります。

実際には使った事が無いモードなので、どの程度のスローモーション動画が撮影できるのかはわかりませんが、機会があれば使ってみようと思います。



画像
ループ記録モード】 に設定した時の画面です。

通常動画撮影モードと比べて、画素数/フレームレートの項目が無くなります。

1時間以上撮影する場合に、撮影を停止するまでの約1時間前までの映像が記録されるモードです。
(1時間以上前の映像は削除し、空き領域を確保しながら新たな映像が記録されるようです)

個人的には、カメラをドライブレコーダー代わりとして使う時など撮り逃したくない場合に便利なモードだと思います。

また、このモードを使う場合、microSDカードに最低1時間撮影する空き容量が残っている必要があるようです。


ただ、映像の 【画素数/フレームレートが、1280×720/30pに固定】 され、映像が2分毎に切れます。

つまり、2分毎に新しいファイルが作成され、そこに新しく映像の記録が始まります。

その為、その新しいファイルが作成されるタイミングの映像の切れ目の所の映像が少し途切れます。
(この事があるので、ドライブレコーダー代わりとして使う場合に、ループ記録モードを使うのは不向きかもしれないと思う点もあります)



関連記事
Panasonic Image Appの使い方

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント