この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

Panasonic Image Appの使い方(逆光補正)

ウェアラブルカメラ(Panasonic:HX-A1H)を使っており、HX-A1Hの設定などをしようとすると、 【Panasonic Image App】 が必要な関係で、スマートフォンを使っています。

また、他にも、Panasonic Image Appの使い方を、まとめています。





■ 私が使用しているスマートフォンやカメラ

Panasonic Image App】 を使用しているスマートフォンは、docomoの 【F-05D (Androidバージョン:4.0.3)】 を使用しています。

カメラは、Panasonicの 【HX-A1H】 というウェアラブルカメラを使用しています。

カメラの機種によって、Panasonic Image Appの出てくる項目などが違うようなので、カメラの機種などが違う場合は参考程度にして下さい。





■ Panasonic Image Appの使い方(逆光補正)

逆光で被写体の後ろから光が当たり、暗くなるのを防ぐ機能として、逆光補正という機能があります。

この逆光補正の機能をONにすると、HX-A1H場合、個人的な感想としては、逆光の時に暗くなるのが少しマシになるかなといった具合です。

また、この逆光補正の機能をONの状態だと、日の光が当たっている所から影に入った時に、1秒~2秒程度、逆光補正の機能がOFFの状態の時よりも、暗く映っているように思います。
(完全に同じ条件下にできない為、気のせいかもしれませんが、個人的には気になるレベルではありません)

ただ、私は、自転車のドライブレコーダーの代わりとしてHX-A1Hを使っているので、逆光で事故状況がわからない状態で映ると困るので、この逆光補正の機能は、夜も含めて常にONの状態にしています。



逆光補正をONにするには、まず、スマートフォンの 【Panasonic Image App】 を起動し、Wi-Fiでカメラと接続します。



画像
右下の 【メニュー】 をタップします。
撮影した映像などを再生する画面では、撮影設定の項目が出てこないので、必ず、この動画の撮影を開始・停止をするボタンがある画面でメニューをタップする必要があります)



画像
次に、メニューが表示されるので、 【撮影設定】 をタップします。



画像
次に、この画面が表示されるので、 【逆光補正】 をタップします。



画像
すると、このように逆光補正にチェックが入り、逆光補正がONの状態になります。
(もう一度逆光補正をタップするとOFFの状態に戻ります)



画像
そして、逆光補正がONの状態で、動画の撮影を開始・停止をするボタンがある画面を表示すると、左上に太陽のマークが表示されます。



関連記事
Panasonic Image Appの使い方

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント