この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ペンタブレットのファンクションキーが反応しにくい(解決済)

ワコムのペンタブレット(Intuos Draw:CTL-490/W0)を使っていますが、ドライバのアップデート通知が来ていた為、アップデートした所、Adobe Photoshop Elements 5.0使用時にペンタブレットの一部のファンクションキーが何度か押さないと反応してくれない状態になり、以下のように解決しました。
最新ドライバに更新する事で、現在は、下記問題は発生しなくなっています




■ 問題が発生しているのはAdobe Photoshop Elements 5.0を使用する時のみです

Adobe Photoshop Elements 5.0は、正式にはWindows10に対応していないので、そのWindows10に対応していない事が原因で使っているペンタブレットの一部のファンクションキーが反応しにくいと言う状態になったのかもしれません。



画像
現時点(2017/06/07)最新の6.3.22.-6にアップデートした所、問題が発生するようになりました。



画像
問題の状況としては、Adobe Photoshop Elements 5.0で写真や絵の表示を拡大や縮小する為に割り当てられているファンクションキーを押しても、3度か4度程度押さないと反応してくれないと言った具合です。

そして、他のソフトなどでは、今まで通りファンクションキーを1回押すだけで反応してくれていたので、ドライバのアップデートかPhotoshopが原因で問題が発生している可能性が高いという状況でした。





■ この方法で解決しました

Photoshopは、キーボードの 【Ctrlキー】 を押しながらキーボードの 【+キー】 を押すと、表示している写真や絵の表示を拡大できます。

そして、キーボードの 【Ctrlキー】 を押しながらキーボードの 【-キー】 を押すと、表示している写真や絵の表示を縮小できます。

試しに、キーボードを使って、ペンタブレットの問題が起きているファンクションキーと同じ動作をする操作をすると、これまで通り、すんなり写真や絵の拡大や縮小ができたので、Photoshopで問題が起きているのでは無い事がわかりました。



画像
そして、キーボードでの操作なら問題が発生しないのなら、該当のファンクションキーの所をキーストロークにすれば、問題が回避できるのでは無いかと考え、問題が発生しているファンクションキーをキーストロークにし、ズームインとズームアウトと同じ動作をするキーを割り当てた所、問題が解決できました。





■ キーストロークの登録方法

キーストロークの登録は、以下のようにします。



画像
ワコムタブレットのプロパティを開き、アプリケーションの中からPhotoshopを選びます。

そして、登録を変更したいファンクションキー(赤枠の所)をクリックします。



画像
すると、このようにメニューが表示されるので、 【キーストローク】 をクリックします。



画像
次に、この画面が表示されるので、キーボードの 【Ctrl】 を押しながらテンキーの 【+】 を押します。
(ズームアウトの動作を登録する場合は、+では無く-を押します)



画像
すると、このように入力されるので、 【OK】 をクリックします。
(名前を変えたい場合は、名前の所に表示させたい名前を入力します)



画像
登録が終わると、このように登録されます。
(名前の所に入力しておくと、{Ctrl}{Num +}となっている所が入力した名前になります)

2017/07/12追記
現時点、最新のドライバ(6.3.23-1)を適用する事で、ファンクションキーが反応しにくくなる問題は、私のパソコンでは解消しました。
(ドライバを更新していく事で再び発生するようになるかもしれませんが。。。)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント