この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

出刃包丁の再生作業(研ぎ)

錆びた出刃包丁を入手し、再生作業をしていましたが、再生が完了しました。


出刃包丁の再生作業(キズ取り)で出刃包丁の側面や背のキズを取った事を書きましたが、そこから出刃包丁を研ぎ、出刃包丁が下記のようになりました。





■ 出刃包丁を研ぐのに使った砥石

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by KING 刃物超仕上用砥石 台付 #6000 最終超仕上用 S-3 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
キズ取りの時に研ぎ機を使い、出刃包丁の刃の形はある程度整えていたので、刃の形を整え直すという作業は必要無いという状態からの研ぎの作業でした。

まず、キズ取りの時にも使った左側の1000番の砥石を使い、出刃包丁の刃をある程度研ぎました。
(砥石本体がペラペラになっていない別の1000番の砥石を使いました)

次に、右側の6000番の砥石を使い、仕上げました。





■ ココまでで、こうなりました

画像
表側は、このようになり、柄を取り付けする近くの辺りは、少し角度を変え、他の所より厚刃にする事で、より刃こぼれしにくくしました。
(厚刃にすると、切れ味が落ちるというデメリットがあります)



画像
裏側は、このようになりました。

出刃包丁は、表側だけ研げば良いという話もありますが、裏側も少しだけ研いであげる事で、より切れ味が上がるので裏側も少し研ぎました。

研いだ回数的には、20回程度砥石で擦ったと言った具合で、裏側に関しては、6000番の砥石のみで研いでいます。

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント