この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

JustSystems ATOKの予測入力を表示しなくする設定

画像
JustSystemsのATOK2013を使っています。

検索サイトで、検索しようとして入力欄に入力すると、検索サイトの予測と入力システムの予測の両方が出て、入力システムの予測が邪魔になる事があります。
(JustSystems的には、予測入力では無く、推測変換のようです)

そう言った場合は、下記の設定をする事で、入力システムの予測が表示されないようにする事もできます。
(使用パソコンは、Windows10です)





■ JustSystems ATOKの予測入力を表示しなくする設定

画像
まず、キーボードの 【Windowsキー】 を押しながら、 【D】 のキーを押してデスクトップを表示します。
(Windowsキー + D)



画像
デスクトップを表示したら、タスクバーの 【A(×の付いている方)】 を右クリックし、出てきた選択肢の中の 【ATOKメニュー】 をクリックします。
(カタカナ入力の状態などの場合は、Aで無い場合があります)



画像
次に、このメニューが表示されるので、 【プロパティ(環境設定)】 をクリックします。



画像
次に、この画面が表示されるので、 【推測変換】 をクリックします。



画像画像
左側の画像の 【する】 という所をクリックし、出てきた選択肢の中から 【しない】 を選び、最後に 【OK】 をクリックします。

また、 【する(強)】 を選ぶと、1文字でも入力すると、予測が出るようになります。



画像
設定が完了すると、このように検索サイトの予測のみ表示されるようになります。

ただ、入力システムの予測が必要な場合もあるので、その場合は、設定し直す必要があります。


また、ATOKなど他の入力システムをインストールすると、キーボードの 【Ctrl】 を押しながらキーボードの 【Shift】 を押す事で入力システムの切り替えができます。
(Ctrl + Shift)

なので、複数の入力システムがパソコンにインストールされている場合は、片方の入力システム(MicrosoftのIMEなど)は、予測が表示されるように設定し、もう片方の入力システムは、予測が表示されないように設定する事で、目的に応じて入力システムを切り替えれば良いのではないかと思います。





■ 予測を調整する事も可能です

画像
自動表示が 【する】 の状態で 【詳細設定】 をクリックすると、予測を調整する事ができます。



画像
詳細設定をクリックすると、この画面が表示されます。

表示開始文字数は、1~5までの範囲で選択でき、自動表示する候補数は、1~9までの範囲で選択できます。

表示開始文字数】 と 【自動表示する候補数】 の選択が終わったら、最後に 【OK】 をクリックします。



画像
次に、この画面に戻るので、この画面でも 【OK】 をクリックすると、予測の調整が完了します。



関連記事
パソコンの入力システムについて

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント