この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

Data Lifeguard Diagnostic for Windowsのインストール

先日、WesternDigitalのWD30EZRZ-RT(容量:3TB、回転数:5400rpm、キャッシュ:64MB、インターフェイス:Serial ATA600)を購入し、内蔵HDDをチェックする為に、WesternDigitalが無料で配っているData Lifeguard Diagnostic for WindowsをWindows10のパソコンにインストールしました。





■ インストールファイルのダウンロード

Data Lifeguard Diagnostic for Windowsのインストールファイルのダウンロードは、こちらのページからダウンロードします。
(ダウンロードをしたパソコンは、Windows10です。他のOSだと、ダウンロードするファイルを保存する画面が違う場合があります)



画像
Data Lifeguard Diagnostic for Windowsのダウンロードは、 【Windows用Data Lifeguard Diagnostic】 をクリックします。



画像
すると、この画像ようにWindows用Data Lifeguard Diagnosticの内容が展開するので、 【ダウンロード】 をクリックします。



画像
次に、こう言った画面が開くので、 【開く】 、 【保存】 、 【名前を付けて保存】 のどれかを選び、パソコンにインストールファイルを保存します。
(開くの場合は、一時的な保存になり、後で自動的に削除されます)





■ Data Lifeguard Diagnosticのインストール

Windows10のパソコンに下記のようにData Lifeguard Diagnostic for Windowsをインストールしました。



画像
Data Lifeguard Diagnostic for Windowsのインストールファイルは、ZIP形式の圧縮フォルダになっていますが、最近のOSはダブルクリックすれば開く事ができます。
(OS古いなどの理由で開かない場合は、無料の解凍ソフトもあるので解凍ソフトを使って下さい)



画像
ダウンロードしたフォルダを開くと、3つのファイルがあるので、 【setup.exe】 をダブルクリックします。
(パソコンの設定の違いで、setupという表示になり、.exeの表示が無い場合もあります)



画像
すると、この画面が表示されるので、 【はい】 をクリックします。
(パソコンの設定によっては、この画面が出ない場合もあります)



画像
次に、この画面が表示されるので、インストール先を変える場合は、まず、 【Browse】 をクリックしてインストール先を選び、その後に、 【Next】 をクリックします。

インストール先を変える必要の無い場合は、そのまま 【Next】 をクリックします。



画像
次に、このメッセージが表示されるので、 【はい】 をクリックします。



画像
次に、この画面が表示されるので、 【Next】 をクリックします。



画像
次に、この画面が表示されるので、必要な項目にチェックを入れ、 【Next】 をクリックします。

Create a desktop shortcut】  デスクトップにData Lifeguard Diagnostic for Windowsのショートカットができます。

Create a Quick Launch shortcut】  タスクバーにData Lifeguard Diagnostic for Windowsのクイック起動用のアイコンが登録されるハズなのですが、私のパソコンの場合、上手くいきません。
(頻繁に使う事も無いので、必要無いと思いますが、クイック起動用のアイコンが必要な場合は、自分で登録した方が良さそうです)



画像
次に、この画面が表示されるので、 【Install】 をクリックします。
(Installをクリックすると、インストール作業が始まります)



画像
Data Lifeguard Diagnostic for Windowsのインストールが終わると、この画面が表示されるので、 【Finish】 をクリックします。

また、 【Launch Data Lifeguard Diagnostic for Windows】 のチェックが入ったままFinishをクリックすると、Data Lifeguard Diagnostic for Windowsが起動するので、起動したくない場合は、チェックを外してから、Finishをクリックします。
(個人的には、正常に起動するかチェックする為に、チェックは入れておいた方が良いと思います)



画像
Launch Data Lifeguard Diagnostic for Windowsにチェックを入れてFinishをクリックすると、この画面が起動してきます。



関連記事
SeagateとWesternDigitalの内蔵HDD

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント