この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

Start PXE over IPv4.などが表示されてPCがなかなか起動しない時の対処方法

BIOSのアップデートをしたりすると、新たなブートメニューが追加されて、PCの起動に時間が掛かるようになることがあります。

今回の場合、このパソコンのマザーボード(ASUS:H110M-A)のBIOSのバージョンを1801から現時点(2017年10月)最新の3402にした所、新たなブートメニューが追加され下記の対処が必要になりました。





■ パソコンがなかなか起動しなくなった時の状況

画像画像
私の場合、マザーボードのBIOSのバージョンを1801から現時点(2017年10月)最新の3402にした後にパソコンを起動しようとすると、


まず最初に、
>>Checking Media Presence......
>>Media Present......
>>Start PXE over IPv4.

と表示され、


しばらくすると、
>>Checking Media Presence......
>>Media Present......
>>Start PXE over IPv6.

と表示され、更に待つとOS(Windows10)が起動するという状態になりました。


調べてみると、PXEブートの項目がBIOSに追加されたようでした。
(詳しくはわかりませんが、PXEブートはネットワーク上からプログラムを読み込みパソコンを起動するもののようです)

そのままにしておいても、パソコンの起動に時間が掛かるだけで問題は無いのですが、パソコンの起動に時間が掛かるのが困る場合は、下記の対処が必要になります。
(BIOSの起動方法やBIOSの画面は、パソコンによって違うので、参考程度にどうぞ)





■ BIOSの設定画面の起動方法

画像
下記の設定をするには、まずBIOSの設定画面を開く必要があります。

BIOSの起動方法は、私のパソコンの場合、パソコン本体の電源ボタンを押し、メーカーロゴが表示されたら、キーボードの 【Delete】 または、キーボードの 【F2】 を連打でBIOSの設定画面が起動します。
(実際は、1回押せば起動しますが、タイミングがズレて起動しない時があるので連打しています)



画像
また、パソコンのメーカーによって、BIOSの起動する為に押すキーボードのキーが違う場合があります。

これは、DELLのパソコンの起動画面ですが、 【Press to enter Setup, to enter MultiBoot Selection Menu】 と画面の左下に書かれているのがわかると思います。

この場合、キーボードのF2を押すと、BIOSの設定画面が開き、キーボードのF12を押すと、ブートメニューが表示されますが、このように画面のどこかにBIOSの設定画面を起動する為のキーボードのキーが書かれている場合もあります。
(書かれていなければ、パソコンの説明書を確認して下さい)


また、Windows10など高速起動を採用しているOSでは、BIOSの設定画面を開くキーとして設定されているキーを押してもBIOSの設定画面が起動しないことがあります。

この高速起動を採用しているOSで、BIOSの設定画面が起動しない場合は、まず、パソコンを起動し、キーボードの 【Shiftを押しながらシャットダウンをクリック】 する方法でパソコンの電源を切ってから、再度BIOSの設定画面の起動を試みて下さい。


また、BIOSの設定を変える時の注意点として、変えなくても良いBIOSの設定を変えると、最悪OSが起動しなくなることもありますので、自己責任で行って頂くようにお願い致します。
(間違った項目の設定を変えてしまい、何処を変えたかわからなくなった場合は、設定を保存せずに、キーボードのCtrlとAltを押しながらDeleteを押して一旦パソコンを再起動させて下さい)





■ 対処方法その1(ブート順を変える)

ブート順を変えて対処する方法です。
ブート順とは、パソコンを起動する時に、光学ドライブ、HDD、SSDなど複数の読み込み可能なものがパソコンに取り付けられていた場合に、どの順序で読み込んでいくかの順序を決めたものです。

下記の説明は、BIOSの設定画面が起動しているのが前提です。
また、上記にも書きましたように、パソコンによってBIOSの設定画面は違いますので、参考程度にして下さい。
(似た様な表現の項目を探して設定するなどして下さい)



画像
今回のパソコンの場合、BIOSの設定画面を開くと、こう言った画面が開きます。

古いパソコンだとBIOS画面では、マウスが使えないという事がありますが、今回のパソコンの場合は、マウスでの操作も可能なので、マウスで操作して設定しました。


そして、設定は、上の画像を見ると、 【起動優先順位】 という所に、

SATA6G_1: Optiarc DVD RW AD-728
UEFI: IP4 Realtek PCIe GBE Family Controller
UEFI: IP6 Realtek PCIe GBE Family Controller
SATA6G_2: Maxtor 6L169M0 (15633MB)


という4つの項目があるのがわかると思います。


今回のパソコンの場合、OS(Windows10)をSATA6G_2: Maxtor 6L169M0 (15633MB)にインストールしているので、 【SATA6G_2: Maxtor 6L169M0 (15633MB)】 をドラッグして 【UEFI: IP4 Realtek PCIe GBE Family Controller】 、 【UEFI: IP6 Realtek PCIe GBE Family Controller】 よりも上に持って行きます。


起動優先順位をドラッグして変え終わったら、最後に 【保存&終了(F10)】 をクリックし、設定した内容を保存します。
(保存&終了(F10)をクリックすると、本当に保存して良いかの確認画面が出ますので、【はい】や【OK】をクリックして保存します)



画像
設定を変更し、変更した内容を保存すると、パソコンが再起動されます。

また、確認の為に、再びBIOSの設定画面を開き、設定内容が正しく保存されているか確認しています。
(今回は、画像のようにDVDドライブHDDの順で読み込むように設定しました)





■ 対処方法その2(PXEブートの項目を無効にする)

UEFI: IP4 Realtek PCIe GBE Family Controller】 と 【UEFI: IP6 Realtek PCIe GBE Family Controller】 を無効にする方法です。



画像
今回のパソコンの場合は、BIOSの設定画面を開いたら、 【Advanced Mode(F7)】 をクリックし、詳細な設定ができるモードに切り替えます。
(パソコンによって、詳細な設定ができる画面に切り替えても良いかの確認メッセージが出る場合があるので、その場合は、【はい】や【OK】などをクリックして詳細な設定ができるモードに切り替えます)



画像
詳細な設定ができるモードにBIOSの設定画面を切り替えると、こう言った画面に変わりますので、今回のパソコンの場合は、 【起動】 という所をクリックします。
(パソコンによっては、詳細な設定ができるモードしか無い場合もあります)



画像画像
起動の画面を開くとこう言った画面が開きます。

起動の画面を開いた時の画面が、左側の画像ですが、 【起動オプションの優先順位】 という所を右側の画像のように 【UEFI: IP4 Realtek PCIe GBE Family Controller】 と 【UEFI: IP6 Realtek PCIe GBE Family Controller】 を 【Disabled(無効)】 に変更します。

実際は、Maxtro 6L169M0を無効にしないいと、Maxtro 6L169M0がBoot Option #2に出てこないのでMaxtro 6L169M0を一旦無効にし、Boot Option #2でMaxtro 6L169M0を選び、Boot Option #3とBoot Option #4をDisabledにしました。
(左側の画像の場合、Boot Option #2とBoot Option #3を無効にする操作でも問題無いと思います)


設定が終わったら、 【EzMode(F7)】 をクリックし、簡易な設定ができるモードにBIOSの設定画面を切り替え、上記の対処方法その1(ブート順を変える)で説明した手順で設定内容を保存します。
(パソコンによって詳細な設定ができる画面に切り替える時と同様に、簡易の設定ができる画面に切り替えて良いかの確認のメッセージが出る場合があります)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント