この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

openCanvas 6の手振れ補正の使用感

【体験版】openCanvas 6 [ダウンロード]
ジャングル
2015-03-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【体験版】openCanvas 6 [ダウンロード] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
openCanvas 6の体験版をインストールして試しに使っています。
(機能制限など無く、製品版と同様に使えます)

人によって感じ方がそれぞれだと思いますが、私は下記のような具合でした。





■ 前提として

前提として、私は小学生の頃、習字を習っていました。
大人と小学生とだと同じ段でもレベルは違いますが、記憶が正しければ、3段までなっており、それが線を引く練習になっていたのかもしれません。


また、ペンタブレット(ワコム:CTL-490/W0)を使い始めた頃は、手ぶれ補正があるソフトを使わないとダメかなと思いましたが、今(2017年10月)は、手ぶれ補正が無くても問題無いのではないかと思い始めています。

逆に、手ぶれ補正があると、手ぶれ補正が邪魔をして描きにくい線もあるのではないかと思います。





■ 手ぶれ補正の設定について

画像
openCanvas 6の手ぶれ補正の設定は、 【ストローク設定】 という所で設定します。

具体的には、手ぶれ補正の所をクリックしたり、左右にドラッグしたり、その隣の数字を入力する窓に数値を入力する事で手ぶれ補正の設定ができます。

0が手ぶれ補正なしの状態】 で、 【24が手ぶれ補正を一番強くした状態】 になり、手ぶれ補正を強くするにつれて私のパソコンの場合、マウスポインターから遅れて描画されるので、手ぶれ補正を使う時は、描く速度を遅くすると言った対処が必要になる場合もあります。

また、アンチエイリアスにチェックが入っていると、滑らかな線が描けます。
(チェックが入っていないと、カクカクした線で描かれます)





■ openCanvas 6の手振れ補正の使用感

openCanvas 6の手ぶれ補正の具合は、下記の映像のような具合で、手ぶれ補正を強くしていくにつれて、遅れて描画されます。
(この具合は、描く速度やパソコンのスペック、レイヤー数、描く絵の大きさにもよると思います)



手ぶれ補正無しで使った時の具合です。
描く速度やパソコンのスペックにもよると思いますが、私のパソコンでは、手ぶれ補正無しの状態なら遅れて描画されるなどの問題は起きません。



手ぶれ補正 5 の状態で使った時の具合です。
描く速度やパソコンのスペックにもよると思いますが、私のパソコンでは、手ぶれ補正 5 の状態なら遅れて描画されるなどの問題は起きません。



手ぶれ補正 10 の状態で使った時の具合です。
描く速度やパソコンのスペックにもよると思いますが、私のパソコンでは、手ぶれ補正 10 の状態だと少し遅れて描画されます。
(個人的には、若干描く速度を遅くすれば、対応可能なレベルです)



手ぶれ補正 12 の状態で使った時の具合です。
描く速度やパソコンのスペックにもよると思いますが、私のパソコンでは、手ぶれ補正 12 の状態だと少し遅れて描画されます。
(個人的には、若干描く速度を遅くすれば、対応可能なレベルです)



手ぶれ補正 18 の状態で使った時の具合です。
描く速度やパソコンのスペックにもよると思いますが、私のパソコンでは、手ぶれ補正 18 の状態だと、だいぶ遅れて描画されるので個人的には描きにくいです。



手ぶれ補正 24 の状態で使った時の具合です。
描く速度やパソコンのスペックにもよると思いますが、私のパソコンでは、手ぶれ補正 24 の状態だと、だいぶ遅れて描画されるので個人的には描きにくいです。

また、手ぶれ補正 24 の状態だとかなりゆっくり描いても遅れて描画されるので、手ぶれ補正 24 の状態で使う場合は、ある程度の慣れが必要かもしれません。





■ その他

手ぶれ補正の具合は、上記の具合ですが、もし購入を検討する場合は、まず、体験版をインストールして、お使いのパソコンで正常に動作するかや使用感を実際に確認してから購入するという流れが良いと思います。


私のペンタブレットのペンコントロールは、まだまだですが、個人的には練習を重ねれば、手ぶれ補正が無くても何とかなるのでは無いかと思っています。



関連記事
openCanvas 6(ペイントソフト)の体験版

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント