この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

openCanvas 6描画色と背景色の選択方法

【体験版】openCanvas 6 [ダウンロード]
ジャングル
2015-03-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【体験版】openCanvas 6 [ダウンロード] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
openCanvas 6の体験版をインストールして試しに使っています。
(機能制限など無く、製品版と同様に使えます)

openCanvas 6の描画色の選び方は、Photoshopと違う方法なんだと思っていました。

ですが、openCanvasのHELPのページを見ていると、カラーピッカーというページを見つけ、見てみると、Photoshopと同じ方法で描画色の選択もできる事がわかりました。





■ 描画色の選択

画像
描画色の選択は、この画像の赤枠の4カ所をクリックする事で変わる4通りと色見本からしか選択できないのだと思っていたら違いました。



画像
色見本は、カラーのタブの横にある色見本のタブをクリックすると、色見本が表示されます。



画像画像
左側の画像の 【】 をクリックすると、右側の画像のように選択肢が出てくるので、出てきた選択肢をクリックする事で、描画色の選択方法を変えることができます。



画像
色々な選択方法に変えられますが、こんな風な描画色の選択方法に変えたりできます。





■ カラーピッカー

画像
カラーピッカーを表示させるには、ツールウィンドウの描画色または背景色をダブルクリックする事で表示できます。



画像画像
赤枠内をクリックすると、 【エリアとスライダ】 、 【色相環とエリア】 、 【色相環とスライダ】 の3つがあり、これを変える事で色の選び方を変えることができます。



画像画像
左側の画像が 【色相環とエリア】 を選んだ時の画像で、右側の画像が 【色相環とスライダ】  を選んだ時の画像ですが、こんな風に色の選び方を変えることができます。



画像
選択されているラジオボックス(赤枠内)を他のものにする事でも色の選び方を変える事ができます。
(選択している種類によっては、グレーアウトして選べないラジオボックスがあります)



画像
似た様なのもありますが、種類の所とラジオボックスの組み合わせで、これだけの色の選び方ができます。



関連記事
openCanvas 6(ペイントソフト)の体験版

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント