この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ペンタブレット(ワコム:CTL-490/W0)のドライバのバージョン毎に起きている問題

ワコム Intuos Draw 【旧モデル】ペン入力専用 お絵描き入門モデル Sサイズ ホワイト CTL-490/W0
ワコム Intuos Draw 【旧モデル】ペン入力専用 お絵描き入門モデル Sサイズ ホワイト CTL-490/W0

ワコムのこのIntuos Draw(CTL-490/W0)を使っています。


私と同じペンタブレットを使われていたとしても、必ず同じ現象が発生する訳では無いと思いますが、使っているペンタブレットのドライバが不安定に感じるので、私のパソコン(Windows10)で発生した不具合の履歴を残しておきたいと思います。


安定するドライバを探す時の参考にしてみて下さい。


また、他バージョンや新しいバージョンのドライバを試す毎に追記していきます。


この記事で書きましたようにワコムのサポートへの問い合わせが途中で無返答になると言う事があったので、個人的にはワコムのペンタブレットはお勧めしておりません。

ただ、今の所、ワコムのペンタブレットしか買った事が無いので、コメントから質問されましても、どのメーカーが良いかもわかりません。
(口コミを見ながら、購入するメーカーを選んだ方が良いのかなと思います)






■ バージョン:6.3.39-1(現在使用中のドライバ)

● 問題が起きれば、追記していきます。

● 一部のアプリケーションソフト(メモ帳)でスクロール操作が直ぐにできない。
このドライバのバージョン(6.3.39-1)の1つ前に使っていたバージョン(6.3.38-2)で起きていました、一部のアプリケーションソフト(メモ帳)でスクロール操作ができないは直っているものの、スクロール操作するとキーボードで入力する為のカーソルが上下に移動する事でスクロール操作が可能な状態になっていました。

結果、メモ帳の窓の一番下または窓の一番上までカーソルが移動するまでスクロールの動作が始まらず、スクロールが始まるまでに一定の時間が必要になりました。

● Internet Explorerでスクロール操作しようとすると、異常にスクロールの速度が遅い時がある。
Internet ExplorerのマッピングをマウスにしていたのがInternet Explorerでスクロール操作しようとすると、異常にスクロールの速度が遅い時がある原因だと思いますが、ドライバのバージョンアップ前は無かった症状です。
また、今までスクロール操作した分が、ある所で一気に反映されると言った具合でページの一番上から一番下まで一気にスクロールすると言った具合になります。

マッピングをペンにすると、症状は軽減しますが、同じ問題がInternet Explorerで発生します。

今の所、Internet Explorerのマッピングをペンにして、ファンクションキーに 【上へスクロール】 と 【下へスクロール】 を割り当てて対処しています。

 
● ペンタブレットでマウスポインター(入力用のカーソル)を操作すると、キーボードで入力した1文字目が入力されない、または、入力した1文字目が入力直後から確定された状態になる。
(ATOK 2013を使った時のみ発生Windows10に対応していない為に発生している問題の可能性があります)

● ペンタブレットでマウスポインター(入力用のカーソル)を操作すると、キーボードでの入力を受け付けない時がある。
(ATOK 2013を使った時のみ発生Windows10に対応していない為に発生している問題の可能性があります)

● Microsoft Excelでペンのスクロールボタン使いスクロール操作をすると、スクロールしながら(入力する為にセルを選択している)カーソルが横に移動する
カーソルが横に移動するだけで無く、Excelの窓の端にカーソルが来ると、それ以上スクロールができなくなります。
(ペンでクリックしてカーソルのある位置を変えれば、スクロールしたい位置までいけます)

ペンタブレット本体のファンクションキーに 【上へスクロール】・【下へスクロール】 のボタンを割り当てて、それを使えば上下のスクロールは問題無くなりますが、これはこれでカーソルも一緒に移動します。

また、横へのスクロールは、メモ帳と同じでスクロールしていってExcelの窓の端にカーソルが来てようやくスクロールが始まります。


ペンタブレットのバージョン6.3.38-2では起きていなかった現象なので、私のパソコンでは問題が悪化しています。。。

● ディスプレイドライバーのアップデートをした所、マッピングの設定が変なりました。
(ペンタブレットのドライバ6.3.38-2でもチップセットドライバーのアップデート時に起きた問題なのでペンタブレットのドライバで何か問題が起きているのかもしれません)

● 無線接続をしようとペンタブレットに取り付けしているワイヤレスキットの電源ボタンを押してもなかなか接続ができない時がある
(電源ボタンを押して10秒程度待っても繋がらず、再度電源ボタンを押すを何度も繰り返していると無線接続が繋がると言った状況です)

● ペンタブレット操作中に無線接続が突然切れる事がある
(ワイヤレスキットの電源ボタンを押せば再接続できます)

● 無線で接続すると、一切操作できない事がある
(ワイヤレスキットの電源ボタンを押して一旦無線接続を切ってから、無線を再接続すれば操作が正常にできるようになります)

● openCanvas7で筆圧検知が無効になる
この記事で書きました設定をするとopenCanvas7で筆圧が有効になります)

● Internet Explorerで上へスクロール、下へスクロールを設定しているペンタブレット本体のファンクションキーを押すと、拡大縮小の動作をする時がある
(別のタブをクリックして別のタブを一旦表示するなどすると、正常なスクロールの動作に戻りますCtrlキーが押されているとこうなりますが、キーボードが故障している訳でも無いみたいでペンタブレットのドライバが原因になっているかは不明です)



■ バージョン:6.3.38-2

自作PCの修理後、様子見の為、長い間ペンタブレットのドライバの更新をしていませんでした。
その為、バージョン6.3.31-4から6.3.38-2までにあったドライバのバージョンは試さずです。

また、このペンタブレットのドライバのバージョン(6.3.38-2)を使っている期間中にWindows10のバージョンを1903(May 2019 Update)から1909(November 2019 Update)にアップデートしました。

● ドライバが勝手に消える。正確にはドライバが応答しない状態になります。
(このバージョンのドライバでは、設定のリセットなどをしても直らず、パソコンの再起動で今の所直っています)

● ワイヤレスキットを使って無線で接続すると、ペンタブレット本体のパイロットランプは点灯し続けているものの操作を一切受け付けない事がある。
(ワイヤレスキットの電源ボタンを押して一旦電源を切り、再度電源を入れ直す事で正常動作します)

● 一部のアプリケーションソフト(メモ帳)でスクロール操作ができない。

● Internet Explorerでスクロール操作しようとすると、異常にスクロールの速度が遅い時がある。
Internet ExplorerのマッピングをマウスにしていたのがInternet Explorerでスクロール操作しようとすると、異常にスクロールの速度が遅い時がある原因だと思いますが、ドライバのバージョンアップ前は無かった症状です。
また、今までスクロール操作した分が、ある所で一気に反映されると言った具合でページの一番上から一番下まで一気にスクロールすると言った具合になります。

マッピングをペンにすると、症状は軽減しますが、同じ問題がInternet Explorerで発生します。

今の所、Internet Explorerのマッピングをペンにして、ファンクションキーに 【上へスクロール】 と 【下へスクロール】 を割り当てて対処しています。

● ペンタブレットでマウスポインターを操作すると、キーボードで入力した1文字目が入力されない、または、入力した1文字目が入力直後から確定された状態になる。
(ATOK 2013を使った時のみ発生Windows10に対応していない為に発生している問題の可能性があります)

● チップセットドライバーのアップデートをした所、マッピングの設定が変なりました。
(チップセットドライバーの問題や偶発的に起きた問題の可能性もあります)




■ バージョン:6.3.31-4


● ドライバが勝手に消える。正確にはドライバが応答しない状態になります。



Adobe Photoshop Elements 5.0使用時にズームイン、ズームアウトに設定しているペンタブレット本体のファンクションキーが反応しにくい。

この記事で書いた設定をすると直ります)


● ワイヤレスキットを使って無線化すると、無線接続が不安定になる。

これは、パソコンとの相性や使う所の環境の問題かもしれません起きている問題の詳しい状況は、この記事無線接続が安定しない時があると言う所をご覧下さい。

また、6.3.30-6では今の所、 【ペンタブレットの電源はONの状態なものの、ペンタブレットの操作中にペンタブレットでは一切操作不能になり、パソコンを再起動するまで復帰しない。】 と言う問題は発生していません。
(他の問題は、別のバージョンどドライバと同様に発生します)

● Internet ExplorerやPhotoshopなどの起動しているものを表示しようと、タスクバーの該当のものをクリックすると、順序が入れ替わる時がある。

(一番右にあったものが、一番左に移動したりする)


● ワコムタブレットのプロパティで設定した内容が勝手にリセットされる。

(ワコムタブレット設定ファイルユーティリティで設定ファイルを削除するのと同じ事が勝手に発生)


● Internet Explorerやファイルなどを表示するエクスプローラーなどでスクロール操作の動きが悪い。

(取りあえず、この方法で対処しています)


● Internet Explorerなど一部のアプリケーションソフトで 【スクロール/移動...】 を設定しているボタンを使っても、縦方向または横方向のどちらかにしかスクロールできない。

(今の所、ワコムタブレットのプロパティの設定の変更による、対処方法は見つけ出せていませんドライバのバージョンを変えるしか対処方法を見つけ出せていません)


● Photoshopで線を描くと、一瞬途切れる時がある

ペンの芯をペンタブレット本体から離さずずっと接触させている状態でも、途中で一瞬線が途切れる事があります。

また、ペンを変えたりしても同じなので、ペンタブレットの故障では無いと思います。




■ バージョン:6.3.30-6


バージョン:6.3.30-6のドライバの時に使用しているパソコン(Windows10)にApril 2018 Update(バージョン1803)を適用し、FallCreatorsUpdate(バージョン1709)からApril 2018 Update(バージョン1803)になりました。

この記事で書きましたとおりですが、April 2018 Updateの適用後、ペンタブレットでパソコンを操作をするのが支障を来すレベルまで無線接続が不安定になっています。

● ドライバが勝手に消える。正確にはドライバが応答しない状態になります。



Adobe Photoshop Elements 5.0使用時にズームイン、ズームアウトに設定しているペンタブレット本体のファンクションキーが反応しにくい。

この記事で書いた設定をすると直ります)


● Internet Explorerで表示されている画像などをドラッグし、斜線の入った丸にマウスポインターが変化している時に、スクロールボタンを押すと、画像などのドラッグ状態が保持されInternet Explorerの操作が不能になる。

(一旦他のアプリケーションソフトを起動させるなどすると、復帰します)

これは、不具合かどうかわかりませんが、6.3.30-6でワコムタブレットのプロパティのInternet Explorerのマッピングの設定をペンしていると、Internet Explorerで表示されている画像などをドラッグする事自体ができなくなりました。
(マッピングの設定をマウスにしていると、ドラッグできます)

● ワイヤレスキットを使って無線化すると、無線接続が不安定になる。

これは、パソコンとの相性や使う所の環境の問題かもしれません起きている問題の詳しい状況は、この記事無線接続が安定しない時があると言う所をご覧下さい。

また、6.3.30-6では今の所、 【ペンタブレットの電源はONの状態なものの、ペンタブレットの操作中にペンタブレットでは一切操作不能になり、パソコンを再起動するまで復帰しない。】 と言う問題は発生していません。
(他の問題は、別のバージョンどドライバと同様に発生します)

● Internet ExplorerやPhotoshopなどの起動しているものを表示しようと、タスクバーの該当のものをクリックすると、順序が入れ替わる時がある。

(一番右にあったものが、一番左に移動したりする)


● Internet Explorerやファイルなどを表示するエクスプローラーなどでスクロール操作の動きが悪い。

(取りあえず、この方法で対処しています)


● Internet Explorerなど一部のアプリケーションソフトで 【スクロール/移動...】 を設定しているボタンを使っても、縦方向または横方向のどちらかにしかスクロールできない。

(今の所、ワコムタブレットのプロパティの設定の変更による、対処方法は見つけ出せていませんドライバのバージョンを変えるしか対処方法を見つけ出せていません)




■ バージョン:6.3.30-2


● ドライバが勝手に消える。



Adobe Photoshop Elements 5.0使用時にズームイン、ズームアウトに設定しているペンタブレット本体のファンクションキーが反応しにくい。

この記事で書いた設定をすると直ります)


● Internet Explorerで表示されている画像などをドラッグし、斜線の入った丸にマウスポインターが変化している時に、スクロールボタンを押すと、画像などのドラッグ状態が保持されInternet Explorerの操作が不能になる。

(一旦他のアプリケーションソフトを起動させるなどすると、復帰します)


● ワイヤレスキットを使って無線化すると、無線接続が不安定になる。

これは、パソコンとの相性や使う所の環境の問題かもしれません起きている問題の詳しい状況は、この記事無線接続が安定しない時があると言う所をご覧下さい。

また、6.3.30-2では今の所、 【ペンタブレットの電源はONの状態なものの、ペンタブレットの操作中にペンタブレットでは一切操作不能になり、パソコンを再起動するまで復帰しない。】 と言う問題は発生していません。
(他の問題は、別のバージョンどドライバと同様に発生します)

● Internet ExplorerやPhotoshopなどの起動しているものを表示しようと、タスクバーの該当のものをペンタブレットのペンでクリックすると、ペンをペンタブレット本体からある程度離した状態でもドラッグしようとしている時と同じ状態になり、掴んだままの状態になる。

(新しく買い直した同じペンタブレットでも発生しているので、故障では無さそうですが、芯が押されたままになっている可能性もあります)


● Internet ExplorerやPhotoshopなどの起動しているものを表示しようと、タスクバーの該当のものをクリックすると、順序が入れ替わる時がある。

(一番右にあったものが、一番左に移動したりする)


● Internet Explorerやファイルなどを表示するエクスプローラーなどでスクロール操作の動きが悪い。

(取りあえず、この方法で対処しています)


● Internet Explorerなど一部のアプリケーションソフトで 【スクロール/移動...】 を設定しているボタンを使っても、縦方向または横方向のどちらかにしかスクロールできない。

(下記のAdobe Photoshop Elements 5.0の場合と違い、今の所、対処方法を見つけ出せていません)


Adobe Photoshop Elements 5.0で線を描こうとしてもスクロール操作になったり、縦か横のどちらかにしかスクロールできなかったりする事がある。

(対処方法は、こちらの記事をご覧下さい)




■ バージョン:6.3.29-6


● ファイル→自動開始にチェックが入っていれば、パソコンの起動時に自動で起動するハズのデスクトップセンターがパソコンの起動時に起動しない事が多い。


● ドライバが勝手に消える。



● ワコムタブレットのプロパティの設定がバックアップしたファイルから復元できない事がある。


Adobe Photoshop Elements 5.0使用時にズームイン、ズームアウトに設定しているペンタブレット本体のファンクションキーが反応しにくい。

この記事で書いた設定をすると直ります)


● ワイヤレスキットを使って無線化すると、無線接続が不安定になる。

(これは、パソコンとの相性や使う所の環境の問題かもしれません起きている問題の詳しい状況は、この記事無線接続が安定しない時があると言う所をご覧下さい)


● Internet ExplorerやPhotoshopなどの起動しているものを表示しようと、タスクバーの該当のものをペンタブレットのペンでクリックすると、ペンをペンタブレット本体からある程度離した状態でもドラッグしようとしている時と同じ状態になり、掴んだままの状態になる。

(新しく買い直した同じペンタブレットでも発生しているので、故障では無さそうです)


● Internet ExplorerやPhotoshopなどの起動しているものを表示しようと、タスクバーの該当のものをクリックすると、順序が入れ替わる時がある。

(一番右にあったものが、一番左に移動したりする)


● ワコムタブレットのプロパティで設定した内容が勝手にリセットされる。

(ワコムタブレット設定ファイルユーティリティで設定ファイルを削除するのと同じ事が勝手に発生)


これは不具合ではありませんが、ワコムタブレットのプロパティに 【スクロール...】 、 【スクロール/移動...】 、 【上へスクロール】 、 【下へスクロール】 の4つからスクロール操作を選べるようになっていました。

この記事を確認してみると、以前は、 【スクロール/移動...】 、 【上へスクロール】 、 【下へスクロール】 の3つだけなのですが 【スクロール...】 が増えています。
(気が付いていなかっただけかもしれないので、どのドライバのバージョンからスクロールが追加されていたのかはかわかりません)

後日、新たに記事を作り、違いに付いて詳しく書いておきます。



■ バージョン:6.3.29-4


● ファイル→自動開始にチェックが入っていれば、パソコンの起動時に自動で起動するハズのデスクトップセンターがパソコンの起動時に起動しない事が多い。


● ドライバが勝手に消える。



● Internet Explorerなどのブラウザでリンクなどを右クリックすると、操作不能になったり、パソコンが異常に重い状態になる。

CtrlキーとAltキーを押しながら、Deleteキーを押し、一旦タスクマネージャーを起動する画面を表示すると解消しますが、パソコンが異常に重くなるのは再起動するまで直りません。

(マッピングをペンからマウスに変えれば問題は発生しません→設定方法は、この記事をご覧下さい)


● ワイヤレスキットを使って無線化すると、無線接続が不安定になる。

(これは、パソコンとの相性や使う所の環境の問題かもしれません起きている問題の詳しい状況は、この記事無線接続が安定しない時があると言う所をご覧下さい)


● Internet ExplorerやPhotoshopなどの起動しているものを表示しようと、タスクバーの該当のものをペンタブレットのペンでクリックすると、ペンをペンタブレット本体からある程度離した状態でもドラッグしようとしている時と同じ状態になり、掴んだままの状態になる。

(新しく買い直した同じペンタブレットでも発生しているので、故障では無さそうです)


● Internet ExplorerやPhotoshopなどの起動しているものを表示しようと、タスクバーの該当のものをクリックすると、順序が入れ替わる時がある。

(一番右にあったものが、一番左に移動したりする)


Adobe Photoshop Elements 5.0使用時にズームイン、ズームアウトに設定しているペンタブレット本体のファンクションキーが反応しにくい。

この記事で書いた設定をすると直ります)


これは不具合では無いと思いますが、バージョン:6.3.29-4からInternet Explorerなどでスクロール操作をすると、スクロールボタンを押している間は、マウスポインターがスクロールを開始した位置から動かない仕様になったようです。慣れるまでに少し時間が掛かりました。

ペンタブレットでスクロール操作する場合、バージョン:6.3.29-4ではスクロール時にマウスポインターが表示されたままになる、設定にしている場合は全てこの動作になるようです。
(使用しているパソコン : Windows10 : バージョン1709)



■ バージョン:6.3.27-2


● ファイル→自動開始にチェックが入っていれば、パソコンの起動時に自動で起動するハズのデスクトップセンターがパソコンの起動時に起動しない事が多い。


● ドライバが勝手に消える。



● Internet Explorerなどのブラウザでリンクなどを右クリックすると、操作不能になったり、パソコンが異常に重い状態になる。

CtrlキーとAltキーを押しながら、Deleteキーを押し、一旦タスクマネージャーを起動する画面を表示すると解消しますが、パソコンが異常に重くなるのは再起動するまで直りません。

(マッピングをペンからマウスに変えれば問題は発生しません→設定方法は、この記事をご覧下さい)


● ワイヤレスキットを使って無線化すると、無線接続が不安定になる。

(これは、パソコンとの相性や使う所の環境の問題かもしれません起きている問題の詳しい状況は、この記事無線接続が安定しない時があると言う所をご覧下さい)


● Internet ExplorerやPhotoshopなどの起動しているものを表示しようと、タスクバーの該当のものをペンタブレットのペンでクリックすると、ペンをペンタブレット本体からある程度離した状態でもドラッグしようとしている時と同じ状態になり、掴んだままの状態になる。

(新しく買い直した同じペンタブレットでも発生しているので、故障では無さそうです)


● Internet ExplorerやPhotoshopなどの起動しているものを表示しようと、タスクバーの該当のものをクリックすると、順序が入れ替わる時がある。

(一番右にあったものが、一番左に移動したりする)


● ワコムタブレットのプロパティで設定した内容が勝手にリセットされる。

(ワコムタブレット設定ファイルユーティリティで設定ファイルを削除するのと同じ事が勝手に発生)




■ バージョン:6.3.25-5


● ファイル→自動開始にチェックが入っていれば、パソコンの起動時に自動で起動するハズのデスクトップセンターがパソコンの起動時に起動しない事が多い。


● Internet Explorerなどのブラウザで右クリックすると、操作不能になったり、パソコンが異常に重い状態になる。

CtrlキーとAltキーを押しながら、Deleteキーを押し、一旦タスクマネージャーを起動する画面を表示すると解消しますが、パソコンが異常に重くなるのは再起動するまで直りません。

(マッピングをペンからマウスに変えれば問題は発生しません→設定方法は、この記事をご覧下さい)


● Internet Explorerで表示されている画像などをドラッグし、斜線の入った丸にマウスポインターが変化している時に、スクロールボタンを押すと、画像などのドラッグ状態が保持されInternet Explorerの操作が不能になる。


● ワイヤレスキットを使って無線化すると、無線接続が不安定になる。

(これは、パソコンとの相性や使う所の環境の問題かもしれません起きている問題の詳しい状況は、この記事無線接続が安定しない時があると言う所をご覧下さい)


● Internet ExplorerやPhotoshopなどの起動しているものを表示しようと、タスクバーの該当のものをペンタブレットのペンでクリックすると、ペンをペンタブレット本体からある程度離した状態でもドラッグしようとしている時と同じ状態になり、掴んだままの状態になる。

(新しく買い直した同じペンタブレットでも発生しているので、故障では無さそうです)


● Internet ExplorerやPhotoshopなどの起動しているものを表示しようと、タスクバーの該当のものをクリックすると、順序が入れ替わる時がある。

(一番右にあったものが、一番左に移動したりする)


● ワコムタブレットのプロパティで設定した内容が勝手にリセットされる。

(ワコムタブレット設定ファイルユーティリティで設定ファイルを削除するのと同じ事が勝手に発生)


● 筆圧検知が無効状態になる。

(正確には、ペンタブレット本体に少しでもペンを触れると、常に筆圧がMAXの状態になります。→Windows10のバージョン:1607と1703で発生し、バージョンを1709にする事で解消)




■ バージョン:6.3.24-5


バージョン:6.3.24-5では、 【MicrosoftのOfficeのWordで入力を始めると、マウスポインターが消える。】 という問題が無くなりました。


正確には、Wordで入力を始めると、マウスポインターは消えますが、ペンで操作を始めると直ぐにマウスポインターが再表示されるので、特に問題にはなっていません。


それ以外は、 バージョン:6.3.21-10 と同じ問題が発生しています。




■ バージョン:6.3.21-10


● ファイル→自動開始にチェックが入っていれば、パソコンの起動時に自動で起動するハズのデスクトップセンターがパソコンの起動時に起動しない事が多い。


● ドライバが勝手に消える。



● ワコムタブレットのプロパティの設定がバックアップしたファイルから復元できない事がある。


● Internet Explorerなどのブラウザでスクロール操作ができなくなる事がある。

この記事で書きましたように、マッピングをペンからマウスに変えれば問題は解消します)


● Internet Explorerで表示されている画像などをドラッグし、斜線の入った丸にマウスポインターが変化している時に、スクロールボタンを押すと、画像などのドラッグ状態が保持されInternet Explorerの操作が不能になる。


故意に、Internet Explorerでこの操作をする事は無いと思いますが、操作のタイミングの問題で稀にこうなっていたので、どのタイミングでこうなるのか調べた所、上の操作で問題が発生する事がわかりました。


元に戻すには、タスクバー(画面下の帯状のもの)にある起動しているソフトをクリックして一旦別のものを画面に表示させる事で直ります。


また、タスクバーに他に起動しているソフトが無い場合は、キーボードのWindowsのロゴがあるキーを押し、何かソフトを起動する事で直ります。


● ワイヤレスキットを使って無線化すると、無線接続が不安定になる。

(これは、パソコンとの相性や使う所の環境の問題かもしれません起きている問題の詳しい状況は、この記事無線接続が安定しない時があると言う所をご覧下さい)


● Internet ExplorerやPhotoshopなどの起動しているものを表示しようと、タスクバーの該当のものをペンタブレットのペンでクリックすると、ペンをペンタブレット本体からある程度離した状態でもドラッグしようとしている時と同じ状態になり、掴んだままの状態になる。

(ペンタブレット本体をペンで再度クリックすれば、問題は解消します)


● Internet ExplorerやPhotoshopなどの起動しているものを表示しようと、タスクバーの該当のものをクリックすると、順序が入れ替わる時がある。

(一番右にあったものが、一番左に移動したりする)


● MicrosoftのOfficeのWordで入力を始めると、マウスポインターが消える。

(カーソルをマウスポインターと誤認識しているような感じです)


マッピングをマウスに変えるか、タイトルバーの辺りまでペンを移動させれば、マウスポインターは表示されます。




■ バージョン:6.3.15-2


● ファイル→自動開始にチェックが入っていれば、パソコンの起動時に自動で起動するハズのデスクトップセンターがパソコンの起動時に起動しない事が多い。


● Internet Explorerなどのブラウザでスクロール操作ができなくなる事がある。

この記事で書きましたように、マッピングをペンからマウスに変えれば問題は解消します)


● Internet Explorerで表示されている画像などをドラッグし、斜線の入った丸にマウスポインターが変化している時に、スクロールボタンを押すと、画像などのドラッグ状態が保持されInternet Explorerの操作が不能になる。


● ワイヤレスキットを使って無線化すると、無線接続が不安定になる。

(これは、パソコンとの相性や使う所の環境の問題かもしれません起きている問題の詳しい状況は、この記事無線接続が安定しない時があると言う所をご覧下さい)


● Internet ExplorerやPhotoshopなどの起動しているものを表示しようと、タスクバーの該当のものをペンタブレットのペンでクリックすると、ペンをペンタブレット本体からある程度離した状態でもドラッグしようとしている時と同じ状態になり、掴んだままの状態になる。

(ペンの誤動作を疑い、一旦ペンが反応しない位置までペンを移動し、戻すとその状態から解除されるので、ペンの誤動作でも無さそうです)


● Internet ExplorerやPhotoshopなどの起動しているものを表示しようと、タスクバーの該当のものをクリックすると、順序が入れ替わる時がある。

(一番右にあったものが、一番左に移動したりする)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント