この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

Windows10のスタート画面の設定方法

Windows10のFallCreatorsUpdate(バージョン1709)を適用した所、左下のスタートボタンをクリックした時に、 【よく使うアプリ】 が表示されなくなりました。

設定の所を探してみても上手く設定項目が見つけられず、その時は、仕様変更かなとも思っていたのですが、もう一台のパソコンにFallCreatorsUpdate(バージョン1709)の通知が来たので、アップデートした所、そちらでは、よく使うアプリが表示されていたので、改めて設定を探した所、設定する所がありました。

どうやら、FallCreatorsUpdate(バージョン1709)を適用する事で、設定が変わってしまっただけのようで、下記のようにすると、よく使うアプリなどを表示したり、非表示にしたりできます。





■ Windows10のスタートの設定画面の表示方法

下記内容は、Windows10のバージョン1709で行った内容です。
同じWindows10でもバージョンが違うと、設定方法などが違う可能性があります。



画像
画面の左下にあるスタートボタンをクリックし、表示されたスタート画面にある 【設定】 をクリックします。



画像
次に、この画面が起動するので、 【個人設定】 をクリックします。



画像
次に、この画面に変わるので、 【スタート】 をクリックします。



画像
スタートをクリックすると、この様なスタート画面を設定する画面になります。

また、 【適用】 などのボタンは無く、設定を変えた時点で、その設定が反映されます。





■ 各設定項目の違い

スタート画面の設定画面の画像に説明文を入れましたが、各項目を設定すると、下記のような違いがあります。



● スタートにタイルを縮小して表示

画像画像
スタートにタイルを縮小して表示がオフの状態が左側の画像で、スタートにタイルを縮小して表示がオンの状態が右側の画像です。

タイルの状態によっては大きな変化があるのかもしれませんが、私のパソコンでは、オンにしても間が開くだけで、それ以外何も変化がありません。



画像画像
スタート画面を全画面表示する設定で、スタートにタイルを縮小して表示がオフの状態が左側の画像で、スタートにタイルを縮小して表示がオンの状態が右側の画像です。

スタート画面を全画面表示する設定で、スタートにタイルを縮小して表示をオンにすると、実際にタイルの表示が少し小さくなります。

見る事が無いので標準設定のまま放置していますが、スタートにタイルを縮小して表示をオンにすると、天気などの情報がわざわざクリックしないと表示されないので、人によっては不便になる場合もあると思います。



● スタートメニューにアプリの一覧を表示する

画像
スタートメニューにアプリの一覧を表示するがオンの状態だと、スタートボタンをクリックし、スタート画面を表示すると、この画像のようにアプリの一覧も表示されます。



画像画像
スタートメニューにアプリの一覧を表示するがオフの状態だと、左側の画像のようにアプリの一覧が表示されなくなります。

左上のアプリの一覧を表示するボタン(左側の画像の赤枠)をクリックする事で、右側の画像ようにアプリの一覧が表示されます。

また、スタート画面が全画面表示される設定だと、スタートメニューにアプリの一覧を表示するがオンの状態でも、この画像と同様に、左上にあるアプリの一覧を表示するボタンをクリックするまでは、アプリの一覧が表示されません。



● 最近追加したアプリを表示する

画像画像
最近追加したアプリを表示するがオンの状態だと、この画像のように新しくアプリをインストールしてから、しばらくの間、最近追加されたものとしてスタート画面のアプリの一覧に表示されます。
(画像はFallCreatorsUpdateを適用した別のパソコンのものです)

また、4つ以上表示するアプリがあると、左側の画像のように展開というものが表示され、 【展開∨】 をクリックする事で、右側の画像のように全て表示されます。
(【折りたたむ∧】 をクリックすると、展開前の状態に戻ります)


最近追加したアプリを表示するがオフの状態だと、新しくアプリをインストールしても、最近追加されたものが表示されなくなります。



● よく使われるアプリを表示する

画像
よく使われるアプリを表示するがオンの状態だと、使用頻度の高いアプリがよく使うアプリとしてスタート画面のアプリの一覧に表示されます。


よく使われるアプリを表示するがオフの状態だと、このよく使うアプリが表示されなくなります。



● ときどきスタート画面におすすめを表示する

画像
ときどきスタート画面におすすめを表示するがオンの状態だと、常時ではありませんが、スタート画面を開くと、アプリの一覧の中に、おすすめが表示される事があります。

ときどきスタート画面におすすめを表示するがオフの状態だと、このおすすめが表示されなくなります。



● 全画面表示のスタート画面を使う

画像
全画面表示のスタート画面を使うがオンの状態だと、この画像のように、全画面表示でスタート画面が表示されます。

また、上記でも書きましたように、アプリの一覧を表示するには、アプリの一覧を表示するボタン(画像の赤枠)をクリックする必要があります。



● スタート画面またはタスクバーのジャンプリストに最近開いた項目を表示する

画像画像
スタート画面またはタスクバーのジャンプリストに最近開いた項目を表示するがオンの状態だと、スタート画面またはタスクバーにあるアプリを右クリックすると、最近使ったものとして、そのアプリで最近使ったファイルが表示されます。
(アプリによっては表示されないものもあります)

この表示されたファイルをクリックする事で、該当のファイルを開く事ができます。

また、表示されたファイルにマウスポインタを合わせるとピンが表示(左側の画像の赤枠)されます。
このピンをクリックする事で、該当のファイルが固定され、アプリを右クリックした時に常にそのファイルが表示されます。


スタート画面またはタスクバーのジャンプリストに最近開いた項目を表示するがオフの状態だと、この最近使ったものが表示されなくなります。
(ピン留めしたファイルなどは、オフの状態でも表示されます)

また、スタート画面またはタスクバーのジャンプリストに最近開いた項目を表示するがオンの状態からオフの状態にすると、最近使ったものの情報(アプリを右クリックした時のジャンプリストの情報)が全て消えます。
(ジャンプリストで何か問題が起きた時は、一旦オフにしてからオンに戻してみるのも良いかもしれません)



● スタート画面に表示するフォルダを選ぶ

画像
スタート画面に表示するフォルダを選ぶ】 をクリックすると、こう言ったスタート画面に表示するフォルダを選ぶ画面に変わります。



画像
設定は、フォルダではありませんが、設定もこの 【スタート画面に表示するフォルダを選ぶ】 の中にあり、間違ってオフにしてしまった場合は、スタート画面のアプリの一覧の中の 【】 の所にあります。



画像
スタート画面に表示するフォルダを選ぶの画面でオンにしたものは、スタート画面にこんな風に表示されます。
(画像の赤枠内)



関連記事
Windows10のFallCreatorsUpdate(バージョン1709)を適用したら起きた問題

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント