この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)を購入

このラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)を購入してみました。
(このRAIDケースの他記事は、ここにまとめてあります)


RAID1(ミラーリング)の注意点

上のRAIDケースは、いくつかのモードがありますが、RAID1で運用してバックアップ目的で運用する場合、即時反映の為、 【間違ってデータを消す】 や 【コンピューターウイルスに感染する】 と言った事も即時反映されるので、本来の意味ではバックアップにはなりません。

RAID1は、データを記録しているディスクが1つ壊れても、他のディスクに同じデータが記録されているので、ディスクの故障からデータを守る事ができると言うのが主な目的です。

もし、バックアップ目的でRAIDケースを購入される場合、この点にご注意下さい。






■ 色はホワイトシルバーとブラックがあります。

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラトックシステム USB3.1/Gen.2 RAIDケース (HDD2台用・10Gbps対応) RS-EC32-U31R の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
色は、ホワイトシルバーの2色になっているものと、ブラックがあります。

ブラックは、少しでもホコリが付くと目立つ事や部屋が暗い感じになってイヤなので、年月が経つと黄ばんでくるかもしれませんが、ホワイトのラインナップがあったので、ホワイトシルバーを購入しました。





■ ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)を購入

画像画像
画像画像
パッケージの4つの面は同じ事が書いてあり、8TBの3.5インチ内蔵HDD2台で16TBにできる事などが書かれています。



画像画像
残り2つの面には、パッケージの内容や各動作モードの説明が書かれています。



画像
パッケージを開けてみると、輸送中に少々落としたとしても大丈夫なように、しっかりとした緩衝材で保護されていました。



画像
中身をだしてみると、RAIDケース本体の他にACアダプターやUSBケーブル、3.5インチ内蔵HDDを固定するネジ2本、説明書、保証書が入っていました。



画像
RAIDケース本体の裏側にはゴム足が付いています。
ただ、横側にはゴム足は無いので、横置きで使う事は想定されていないようです。



画像画像
背面は、このようになっており、電源スイッチなどが付いています。

また、今回購入したものは、右側の写真のようにJBODのランプが少しズレていました。
ただ、使用する分には、問題が無いので、このまま使っています。



iBUFFALO ピンシリンダー錠ワイヤーロック(統一キー対応) BSL05S01
バッファロー
2016-01-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by iBUFFALO ピンシリンダー錠ワイヤーロック(統一キー対応) BSL05S01 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
また、鍵マークのある穴は、こう言ったノートパソコンなどに使う盗難防止用のワイヤーロックが使えるようになっているようですが、今の所こう言った物は使っていません。
(画像のワイヤーロックで、対応スロットサイズが幅:7~7.26mm、高さ:3~3.26mmのようですが、奥行き的に対応できない場合もあるようなので、購入される場合は、適合するか確認の上購入して下さい)



画像画像
蓋を外すと、こんな風になります。

蓋の裏側に棒状の部品が付いていますが、ランプの光りが当たらない所以外は、銀メッキがされており、これでランプの光りを外側へ誘導しているようです。

ケース側には、HDD1とHDD2とでHDDの取り付け方向が違う事や、どちらにHDDを取り付けしたらHDD1かHDD2になるのかなどが書いてあります。


HDD2にセットした内蔵HDDのシリアルナンバーが表示されます。

Data Lifeguard Diagnostic for WindowsでHDDのシリアルナンバーを確認すると、RAIDケースをSINGLEで動作させていても2台とも同じシリアルナンバーになっており、どうやらHDD2にセットしたHDDのシリアルナンバーがパソコンで確認すると、表示されるようです。

最初、同じシリアルナンバーが表示されたので、RAIDケースをもう一度開けてHDDのシリアルナンバーを確認しましたが、違うシリアルナンバーで、HDD1とHDD2を入れ替えてみると、HDD2にセットしたHDDのシリアルナンバーがパソコンで表示されました。




画像
RAIDケースの大きさ的には、同時に買ったWestern Digitalの3.5インチのレッドの内蔵HDDの箱2つ分より、少し小さいぐらいです。

写真を撮る角度的に、RAIDケースの背面と箱がズレているように見えますが、RAIDケースの背面と箱は同じ位置に置いて写真を撮ってます。

なので、RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)は、内蔵HDDの箱2つ分と比べると、横幅や奥行きは、ほぼ同じで、高さだけ少し高いと言った具合です。



関連記事
ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント