この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)のDIPスイッチの設定

このラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)を購入してみました。
(このRAIDケースの他記事は、ここにまとめてあります)

RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)への内蔵HDDの取り付けが完了した次は、説明書の説明ではDIPスイッチの設定をする事になっていますが、下記のような理由で購入時に設定されていた状態のままにしました。





■ DIPスイッチの設定

画像
RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)の背面にあるDIPスイッチ(写真の赤枠)は、下記のような理由で変更せずに購入時に設定されていた状態のままにしました。
(1:ブザーがON、2:電源連動がOFFの状態のままにしました)

1:ブザー

写真の状態がONの状態ですが、 【1:ブザー】 をONにすると、RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)に取り付けしたHDDまたはRAIDケース自体が異常の時にブザーが鳴るようです。

また、説明書には、 【無効にするとHDD破損/RAIDシステム異常時でもブザーは鳴りません。】 という注意書きもあるので、何かの理由でRAID構成が崩れた時にもブザーが鳴るのかもしれません。

今回は、RAID1(ミラーリング)で運用するので、取り付けした2台の内蔵HDDが全て壊れてから気が付いていたのでは遅いので、この機能はONにしました。

2:電源連動

写真の状態がOFFの状態ですが、ONにすると、パソコンの電源を切ったり、スリープや休止にしたりした時にHDDの電源も切る機能のようです。

ただ、説明書の注意書きに 【本機能が無効の場合もHDDのスピンダウンはおこなわれます。】 とあります。

そして、外付けHDDのACアダプターはON、OFFのスイッチが付いたOAタップに接続し、必要な時のみOAタップのスイッチをONにして外付けHDDを使い、必要の無い時は、安全な取り外しをして、OAタップのスイッチをOFFにするという使い方をしているので、この機能はOFFにしました。


次は、説明書通りにすると、動作モードの選択(RAIDの作成)ですが、RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)の背面にあるボタンは使わず、RATOC RAID監視マネージャーをパソコンにインストールし、パソコンでRATOC RAID監視マネージャーを操作する事で動作モードの選択をしました。



関連記事
ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント