この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

RATOC RAID監視マネージャーのインストール

このラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)を購入してみました。
(このRAIDケースの他記事は、ここにまとめてあります)


説明書では、DIPスイッチの設定の次は、RAIDケースの電源を入れてRAIDの作成をする事になっています。

RAID作成の方法として、説明書には2通り書かれていますが、方法1のRAIDケースの背面にあるボタンを使ってRAIDを作成する方法では無く、方法2のRATOC RAID監視マネージャーでRAIDを作成する方法でRAIDを作成しました。

その為、まず、RATOC RAID監視マネージャーをダウンロードし、下記のようにインストールしました。





■ RATOC RAID監視マネージャーのダウンロード

RATOC RAID監視マネージャーのダウンロードは、Windows10(バージョン:1709)のパソコンのInternet Explorer11を使ってダウンロードしました。

画像
RATOC RAID監視マネージャーのダウンロードは、このページの左側にある 【ダウンロード】 をクリックします。



画像
ダウンロードをクリックすると、このページに移動し、このページにRATOC RAID監視マネージャーのインストールファイルのダウンロードページのリンクやマニュアルのリンクがあります。

今回は、RATOC RAID監視マネージャーをインストールするパソコンのOSがWindows10だったので、 【RATOC RAID監視マネージャー(Windows)】 をクリックしてダウンロードページに進みました。



画像
次に、このページに移動し、 【ダウンロード】 をクリックすると、ライセンスの許諾のページに移動します。

Windows 8、Vista、Server 2008 R2にインストールする場合は、 【Ver 1.1.30】 の文字をクリックすると、Windows 8、Vista、Server 2008 R2に対応したバージョンがダウンロードできるページに移動します。

また、Windows 8、Vista、Server 2008 R2に対応したバージョンがダウンロードできるページの、この画像と同じような位置にWindows XPに対応したバージョンをダウンロードできるページへのリンクがあります。




画像
次に、このページに移動するので、ライセンスの許諾を読んで内容に同意すると、RATOC RAID監視マネージャーのインストールファイルがダウンロードできます。
(同意をクリックすると、ダウンロードできます)



画像
上記でも書きましたように、私はInternet Explorer11でダウンロードしましたが、同意をクリックすると、Internet Explorerの画面の最下部にこう言ったメッセージが表示されます。

実行でも問題無くインストールできるなら実行でも良いと思います。
(実行でも一時的にパソコンにインストールファイルは保存されます)

ただ、新しいバージョンが出た時にそれをインストールして何か問題が発生し、古いバージョンが欲しくなった時に、古いバージョンがダウンロードできなくなっている場合やソフトのサポートが終了でソフト自体がダウンロードできなくなっていると言う事もあるので、いつも保存するようにしています。
(他のソフトでの事ですが、こう言った事になった事があります)

また、古いバージョンがダウンロードできなくなっているだけなら、必ず対応して貰えるとは限りませんが、メーカーに事情を説明すると、古いバージョンを提供して貰える場合もあります。

上記のように、後で面倒な事になる場合もあるので、個人的には、どこかに保存しておいた方が良いと思います。





■ RATOC RAID監視マネージャーのインストール

RATOC RAID監視マネージャー(Ver.2.00.09)のインストールは、Windows10(バージョン:1709)のパソコンにインストールしました。

他のOSや同じWindows10でもバージョンが違うと、多少画面が違ったりする可能性があります。
また、RATOC RAID監視マネージャーのバージョンが違うと、インストール画面が違う可能性があります。

RATOCのホームページにある 【RATOC RAID監視マネージャー(Windows)マニュアル】 でインストールできると思いますが、下記のようにインストールしました。



画像
ダウンロードした 【RATOC-EC3xRaidUtility-020009-Setup.exe】 ダブルクリックします。
(バージョンが違うと、ファイル名が違ったり、パソコンの設定によってRATOC-EC3xRaidUtility-020009-Setupまでで.exeは表示されない場合があります)



画像
次に、ユーザーアカウント制御の画面が表示されるので、 【はい】 をクリックします。
(パソコンの設定によって、この画面が表示されない場合もあります)



画像
はいをクリックすると、RATOC RAID監視マネージャーのインストールの準備が始まります。



画像
インストールの準備が終わると、次に、この画面が表示されるので、 【次へ】 をクリックします。



画像
次に、この画面が表示されます。
指紋センサーも無く、暗号化する予定も無かったので、この画面にある 【指紋センサーSREX-FSU2用ライブラリ】 にはチェックを入れずに 【次へ】 をクリックしました。

ラトックシステム USB指紋認証システムセット スワイプ式 SREX-FSU2
ラトックシステム
2008-11-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラトックシステム USB指紋認証システムセット スワイプ式 SREX-FSU2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
画像
今の所、暗号化する予定がないので買っていませんが、指紋センサーを使う場合は、このSREX-FSU2が必要なようです。
(指紋センサーが無くても暗号化や暗号化の解除はできます)

インストール手順のページ3の3に 【弊社の指紋センサー製品を使用してディスクの暗号化をおこなう場合は、オプションにチェックを入れてください。】 とあり、ラトックシステムの他の指紋センサーも使えるのかもとも思える表現になっていたので、気になって問い合わせてみましたが、右側の画像(クリックで原寸大で画像を見る事ができます)の回答で、現時点(2018年2月)販売しているSREX-FSU3、SREX-FSU4、SREX-FSU4Hは使えないようです。

RATOC RAID監視マネージャーのアップデートで他の指紋センサーを今後使えるようになる可能性はあると思いますが、指紋センサーを使う場合は、現時点SREX-FSU2を買うしかないようです。


また、指紋を使う事でパスワードの入力の手間は省けると思います。
ただ、指紋センサーが壊れる頃になると、パスワードを忘れているという事態になりかねないので、仮にキーボードでのパスワード入力でも暗号化を解除できる救済策があったとしても、パスワードを忘れていると、指紋センサーを買い直すまで暗号化を解除できないという事になる可能性もある気がします。

指紋センサーの機能は使っていないので、実際にできるかわかりませんが、時々指紋センサーは使わずに、パスワードをキーボードで入力してパスワードを忘れないようにするなどの対策が必要だと思います。

また、指紋を複製して指紋センサーを突破するという事もできるようなので、仮に暗号化する事になっても私は指紋センサーは使わないかなと思います。




画像
次に、この画面が表示されます。

インストール先を変更する場合は、右上にある 【変更】 をクリックしてインストール先を変更してから 【次へ】 をクリックします。

インストール先を変更しない場合は、そのまま 【次へ】 をクリックします。



画像
次に、この画面が表示され、 【インストール】 をクリックすると、インストールが始まります。



画像
RATOC RAID監視マネージャーのインストールが終わると、この画面が表示されるので、 【完了】 をクリックします。

直ぐにRATOC RAID監視マネージャーを起動する場合は、RAID監視マネージャーを起動するにチェックを入れてから完了をクリックします。


また、パソコンの性能によって違うと思いますが、今回RATOC RAID監視マネージャーをインストールしたパソコンでは、インストールをクリックしてから1秒程度でインストールの完了の画面が表示されました。

RATOC RAID監視マネージャーは、インストールにそれ程時間が掛かるソフトでは無いようです。



画像
パソコンにRAIDケースを未接続の状態でRATOC RAID監視マネージャーをインストールしましたが、RAIDケースが未接続の状態だと、この画像のように何も表示されませんでした。

RAIDケースが未接続の状態でもRATOC RAID監視マネージャーのインストールは可能でしたが、表示できるのはRATOCのRAIDケースやRATOCのRAIDケースに取り付けした内蔵HDDのみで、OSをインストールしたディスクなどは表示できないようです。

なので、上記の購入したRAIDケースを接続するまでは、RAIDケースや取り付けした内蔵HDDが表示できる画面でもディスクなどは何も表示されませんでした。
(画像の状態だと、RAID未作成の状態ではそもそも何も表示されないようです)



関連記事
ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント