この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)少し使ってみた感想

このラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)を購入してみました。
(このRAIDケースの他記事は、ここにまとめてあります)


少しRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)を使ってみてメリット、デメリットは下記のように感じました。
(文字制限がある為、いくつかの記事に分けて書いています)





■ RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)のメリット、デメリット

個人的な意見になってしまうかもしれませんが、個人的にはRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)を使ってみて下記のようなメリット、デメリットを感じました。


RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)のメリット
(メリットの詳細は、こちらの記事をご覧下さい)

● RAID1(ミラーリング)、RAID0(ストライピング)、JBOD(スパンニング)、SINGLE(HDD個別使用)の4つのモードの中から動作モードを選ぶ事ができる。

● 取り付けした2台のHDDの電源を同時に入れる事ができる。

● 冷却ファンが付いている。

● RATOC RAID監視マネージャーでRAIDの管理や冷却ファンの制御ができる。
(メーカーホームページから無料でダウンロードできます)

● 問題が起きた時に音でお知らせする機能がある。

● USB端子やコンセントが1つで2つ必要無い。

● HDDケース2台を並べるよりも場所を取らない(と思う)

● 内蔵HDDの取り付けが比較的簡単(だと思う)

RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)のデメリット
(デメリットの詳細は、こちらの記事をご覧下さい)

● 2台HDDを取り付けした場合、常に2台のHDDの電源が入る為、その分消費電力が上がる。

● USB3.0(USB3.1 Gen1)なので、USB3.1(USB3.1 Gen2)のモデルと比べると、読み書きの速度が遅くなる場合がある。

● HDDを2台取り付けできるので、2台取り付けした場合、1台しか取り付けできないHDDケースと比べると、重量が重くなる。

● ACアダプターなので、コンセント接続時に横幅を取る。

● 内蔵HDDがオプションなので、自分で内蔵HDDを取り付けする必要がある。

● ネジ締めなどの作業が不安な方の場合、内蔵HDDの取り付け時にネジ締め作業があるので、そう言った方には不向き。

● 内蔵HDDを自分で取り付けする必要があるので、内蔵HDDの取り付け時に静電気対策が必要。

● 安いRAIDケースから比べると価格が高い。






■ RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)を使ってみて

今の所、特に問題無く、正常にRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)を使えています。

個人的には、RAIDの管理や冷却ファンの制御ができるRATOC RAID監視マネージャーは、メーカーのマニュアルを見ながらの操作になりましたが、わかりにくいという事も無く、問題無く使う事ができました。

また、安いRAIDケースの場合、RAIDの管理ソフトが付属しない場合もあるようなので、この点では画面の文字を見ながら設定できるのは便利かなと思います。
(RAIDの管理ソフトが付属しないRAIDケースの場合、背面の設定ボタンなどだけでRAIDの設定をするようです)

デメリット部分もありますが、取りあえず目的だった事(RAID1)はできています。



画像
デメリットかもしれませんが、気が付いた事として一番右側のON、OFFの表記がある黒色のスイッチを操作すると、RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)の電源を入れたり切ったりできます。

私の所では、動物も飼っていませんし、小さな子の手が届かない所にRAIDケースを設置しているので、実際に起きるかどうかわかりませんが、犬やネコと言った動物や小さな子に電源ボタンを操作されて使用中に電源が切れると言った事も起きる可能性があるかなと思います。
(どちらにしても、コード類を引っぱって抜かれたりなどの可能性もあるような気もしますが。。。)

ペットボトルなどを切ったりして加工し、電源ボタンを操作できなくすると言った事でも対処可能かもしれませんが、こう言った可能性がある環境で使用される場合、このRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)の購入はやめて、他の電源ボタンを操作されにくそうな作りになっているRAIDケースを探してみた方が良いかもしれません。
(もし、ペットボトルなどを切ったりして対応される場合、冷却ファンがある所を塞がないようにご注意下さい)

また、電源ボタンなどに当たってしまうような設置の仕方をすると、書き込み中などに不意に電源を切ってしまう原因になってしまうと思います。


デメリットの詳細に書いた方が良さそうですが、実際に起きるかどうかわからないので、こちらに書いておきます。。。





■ RAIDの注意点

RAID1については他の記事でも書きましたが、RAIDの注意点についてです。

RAID1(ミラーリング)の注意点

今回購入したRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)は、いくつかのモードがありますが、RAID1で運用してバックアップ目的で運用する場合、即時反映の為、 【間違ってデータを消す】 や 【コンピューターウイルスに感染する】 と言った事も即時反映されるので、本来の意味ではバックアップにはなりません。

RAID1は、データを記録しているディスクが1つ壊れても、他のディスクに同じデータが記録されているので、ディスクの故障からデータを守る事ができると言うのが主な目的です。

もし、バックアップ目的でRAIDケースを購入される場合、この点にご注意下さい。

RAID0(ストライピング)の注意点

今回のRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)の場合、RAID0に設定すると、1つのデータを2つのディスクに分割して読み書きする事で通常より早い速度を出す事ができるようになっています。

その為、2台の内、片方のディスクだけが故障してもデータが破損してしまいます。
(データの読み込みが不能な状態になります)

単純には2台の内、片方のディスクが故障してもダメになるので、速い速度で読み書きができる反面、故障率は上がりますので、RAID0で使う場合は、この点に注意が必要です。

RAID1、RAID0の注意点を書きましたが、どちらにしても、いつかは故障するので、バックアップを取っておかないとデータが消えるという事態に陥る可能性は常にあります。

また、落雷でコンセントに繋いでいる機器が全滅という事もあるので、RAID1(ミラーリング)をしているからと言って安心という訳でも無く、全く意味が無かったという場合もあります。
(絶対に守りたいデータがある場合、落雷、震災、水害、火災などの事も考えていく必要があります)

ただ、あまり考えすぎると、費用が掛かりすぎるので、できる範囲の中でデータを守る対策をしていくのが良いと思います。



関連記事
ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)

ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)のメリットの詳細

ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)のデメリットの詳細

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント