この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)のメリットの詳細

ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)少し使ってみた感想のメリットの詳細です。
(デメリットの詳細は、こちらの記事をご覧下さい)





RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)のメリット

● RAID1(ミラーリング)、RAID0(ストライピング)、JBOD(スパンニング)、SINGLE(HDD個別使用)の4つのモードの中から動作モードを選ぶ事ができる。
各モードの詳細は、メーカーのこのページに書かれていますが、使用目的に応じて4つのモードから選ぶ事ができます。


● 取り付けした2台のHDDの電源を同時に入れる事ができる。
内蔵HDDを2台取り付けしている場合は、当たり前ですが、RAIDケースの電源を入れると、2台とも同時に電源が入ります。
なので、1台しか取り付けできないHDDケースのように1台ずつ電源を入れる必要がありません。

逆に2台取り付けしている内の片方だけの電源を入れるという事はできません。



また、HDDケースの電源スイッチは常にオンの状態にしておき、こう言った一括で電源のオン、オフができるスイッチ付きのOAタップに繋いで、電源を一括で管理するという事もできるので、一度に2台のHDDの電源を入れたり切ったりしたいのだけを目的にRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)を購入するのはあまり意味が無い気がしたりもします。
(配線はOAタップを使わない方がスッキリするかもしれませんが。。。)


● 冷却ファンが付いている。
ファンレスのHDDケースを夏場に使っても問題無く長時間の読み書きができる場合もありますが、冷却ファンがあれば、熱暴走の可能性を下げる事ができます。

また、適切に冷却する事でHDDに使われているチップなどの部品の寿命が長くなると思います。

ただ、HDDは駆動部分に潤滑剤が使われていると思うので、冬場に外気温と同じぐらいまで冷やすなどすると、その潤滑剤に悪影響を与えそうな気が個人的にはします。


また、冷却ファンの音ですが、周りの音の状態や耳の聞こえ方に個人差があるので何とも言えませんが、1m程度離れた所に設置し、その状態で私は冷却ファンの音は聞こえずです。
(RAIDケースを手で持って耳の側に冷却ファンがある状態にすると流石に音が聞こえます)


● RATOC RAID監視マネージャーでRAIDの管理や冷却ファンの制御ができる。
この記事で書きましたように、メーカーホームページからダウンロードが必要ですが、RATOC RAID監視マネージャーと言うRAIDの管理や冷却ファンの制御ができるソフトを無料で使う事ができます。


● 問題が起きた時に音でお知らせする機能がある。
現時点(2018年3月)、ブザーが鳴るような事にはなっていないので、どんな音が鳴るのかがわからなかったり、ブザーの鳴るタイミングを勘違いしているかもしれませんが、この記事で書きましたように取り付けしたHDDまたはRAIDケース自体が異常の時にブザーが鳴るようです。

RAIDケースの背面にあるDIPスイッチの設定を変える事でブザーが鳴らないようにする事もできますが、ブザーが鳴るように設定しておけば、HDDの異常に早く気が付けるので便利かなと思います。


● USB端子やコンセントが1つで2つ必要無い。
RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)に取り付けできる内蔵HDDは、2つですが、RAIDケースに接続するUSBケーブルや電源供給の為のACアダプターは1つずつです。

なので、内蔵HDDが1台しか取り付けできないHDDケースでHDDを2台準備するよりも、使うUSB端子や電源供給の為のACアダプターの数を減らす事ができ、使うUSB端子やコンセントの数を減らしたり、配線もその分スッキリしたりします。


● HDDケース2台を並べるよりも場所を取らない
冷却ファンが無いモデルの外付けHDDやHDDケースの場合は、2つ並べても同じぐらいの場所の取り方の場合もあるかもしれませんが、冷却ファンが付いたモデルのHDDケースなどは比較的場所を取るものが多いので、場合によっては省スペースで済む場合があります。

また、省スペースにするのがが目的で購入される場合は、メーカーの仕様のページなどで寸法を比較されるのが良いと思います。
(メーカーによっては、パッケージの寸法も書かれている場合もあるので、間違え無いように注意が必要です)


● 内蔵HDDの取り付けが比較的簡単
RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)への内蔵HDDの取り付けは、この記事で書いた通りなのですが、個人的には比較的簡単に内蔵HDDの取り付けができるようになっていると思います。

ただ、私は電子部品の組み立ての仕事(光ファイバーの融着、ハンダ付けなど)をしていた事もあるので、そう感じているだけかもしれません。

もし、組み立てに不安があるという場合は、組み立て時の事を写真を交えてこの記事に書いていますので、組み立てが大丈夫そうか確認してから購入されるのが良いと思います。



関連記事
ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント